がーーーん。右にも?!

病院に行く前にお葬式。治療とか病院に対してものすごくいろんな感情を抱いていることが判明。全部燃やす。

乳腺外科へ行った。Dr.斉藤と初対面。

「なんて言われちゃった?」

ちょっと軽いノリの先生。感じは悪くない。そして進行がとても遅いガンであることや、悪性度は低いことなんかを説明してくれた。

それからエコー。日々おっぱいマッサージをしているせいか、最初のエコーより抵抗がなかった。

なななんと、左だけではなく、右にも2つ小さい腫瘍ができてた。

がーーーーーん。(ガンだけに)

私も本人だから動揺したけど、ドクターも動揺したらしく、矢継ぎ早にいろんな検査を勧めてきた。

仕方ないけど。つきあいますけど。

右は間違いなく転移ではないだろう。だってリンパにも転移してないのに!

母も最初に左に出来て、7年後に転移ではなく右にも出来たので、私にも両方ガンの種があってそれが大きくなってきたというだけなんだと思う。

きっとエコーにも映らないくらいの種だったのが、足もみで刺激したら大きくなったんでしょう。足もみすると腫瘍は大きくなるっていうからね。

結局1日と9日に検査を入れた。でもビタミンCもあるし、状況は変わり続けるだろう。

これはダミーだ。あまり気にしないこと。

かなり歓迎しない展開であることは間違いないけど、ココロは案外静かだ。

私は治る。

ただ今までよりもっとしっかりとしたcommitment、関わりが必要だということだと思う。

私は私のやり方で向き合う。

湯治をしたい、と突然思い立った。行こう。こんなときしか行けないもの。

いろんな不安を足もみやマットふみにぶつける。

疲れてるが元気。これも不思議。

しつこいようだが、私は治る。