You are the Universe.

今朝方、男の人とか女の人とか知らないたくさんの人々に囲まれて、そこに身を任せる、みたいな夢を見た。すごく怖いのだけど、そこで馴染んで、信頼して、同化する、ひとつになる、ということなんだ、ということが分かった。そうか!っていう感覚があった。

 

今日から11月。奇跡の11月。

 

今日もヨガに行けたので「昨日の今日だし、さすがに今日はないかな」と思っていたら、最後の安らぎのポーズのとき、

 

You are the Universe.

 

っていうのが出てきた。

 

そうか、私はUniverseで、Universeは私なんだ。

何もかも決めているし、決められるんだ。無力だなんてとんでもない。計り知れぬパワーを持っている。

 

どこかの本に書いてありそうなことがリクツではなく分かった瞬間だった。

 

実は今日ずーっとこれからの治療のこととかをこうなって欲しいとか、これはイヤだとかずーっと思い巡らしていた。

 

でもその葛藤は「自分では決められない」という思い込みから来ているんだよね。だからとても傷つきやすくなってしまう。

でも本当は違う。私はUniverseなんだから。ひとつになればいいんだから。

っていうか、ひとつなんだから。

 

自分の外のものをコントロールするわけじゃない。

 

その中も中にいて、どっぷりどっぷりその一部であるのと同時にその全体だ。

 

すべてを決めているのは私だ。オマカセしているのと同時に、決めているのは私。

 

ここまで来れたなー。これが知りたかった。

 

I am powerful. I can create what is happening.

 

すごいことだ。

 

今朝のお葬式は、「奇跡が起こる。Miracle, Miracle, Miracle!」っていうのだった。

 

早速起きたというわけ。この気づきがまぎれもないMiracleだ。

 

What do you want now?

 

その後病院に行って、また針を刺す細胞診。なんとか無事終わった。痛みとかは足もみに比べたらどってことないけど、会計が23000円なのにはびっくりした。今まで節約してきたのはなんだったんだろう・・・とボーゼンとした。

 

これからはひとかけらの罪悪感もなく、金を稼ぎ使う!と誓う(笑)

 

検査受けてるときに、「くっ!こんなことで負けてたまるか!」っていう気持ちがぐわーーーっと来た。

 

I can create my own Universe. だったら極上のUniverseを。

 

さぁ私はなにが欲しいんだろう。

 

健康な身体。仕事の成功。幸せな生活。

 

こんなふうにならなければ求められなかった私。欲しいと言えなかった私。

 

昨日村上春樹がアンデルセン賞のスピーチで、

「私たちは影と共に生きることを学ばなければならない」

と言っていた。

 

すごくわかる。

 

「影を排除してしまえば、うすっぺらな幻想しか残りません。影を作らない光は本物の光ではありません」

 

すごいスピーチだ。

 

今まさに自らの影と対峙している私にとって。すごいことが起こってるんだなー。

 

今まで懸命に迷惑を掛けないように生きてきたのに、まさかのこんな事態になって降参させられる。

 

両親に話を聞いてもらったらとても落ち着いた。

 

何も考えずに眠ろう。

桃サクラ
桃サクラ

48歳の射手座B型。作曲家、フルート奏者、スピリチュアル/ノンデュアリティスピーカー、デザイナー、通訳者、がんサバイバー。 2015年7月にいわゆる一瞥体験をする。すべての底が抜けて天地がひっくりかえるような、それでいてなにも変わらないような体験だった。 そして2016年9月にステージ1乳がんの診断を受ける。さまざまな自然療法、食事療法にトライし、セルフケアにひたすら励み、以前より健康になる。世界を舞台に様々な活動を展開中!