ただそこにいるだけで

昨日仕事で柏原芳恵さんに会った。

そう、あの!柏原芳恵さんです。

私の世代のど真ん中アイドルだった芳恵さん。今もほんとうにかわいくてちっちゃくて妖精みたいでした。

ステージを拝見したのですが、「春なのに」とっても素敵だったな〜。あれを唄っていた芳恵さんは17歳とかだったと思うけど、30年以上経った今も変わらない!作詞作曲の中島みゆきもすごいが、芳恵さんもすごい。

そして「ハローグッバイ」!あのかわいらしい振り付けもそのままやってくれていた!胸きゅん♡

彼女は間違いなく「自分はただそこにいるだけで十分だと知っている人」だった。ステージを見ていたらほんとうにそれがよく分かった。

アピールしようとしない。

懸命じゃない。

点を稼ごうとしてない。

ただ自分がそこにいるだけで、人は喜ぶ、人は満足する、ということをよく知っている人だ、と思ったの。

実際ものすごくみんな喜んでいたし。(私もそのひとり♡)

スターだから当たり前?そんなことはないはず。

知らない人までみんな自分を知っていて、わけの分からない期待や失望を勝手にどんどんしてくる。

それは大変な役割だ。

それにしても、「そこにいることだけ」をしていて、それ以上なにも追加しないでいられる人を見ていると、ほんとうに癒される。

他になにもくっつける必要がなくて、稼ぐ必要もない。だからくつろげる。

動物なんてそうだよね。ただそこにいるだけで完璧。

彼女は自分がスターであることをちゃんと知っていて、それでいてその役割に徹していて、すごいな!と思った。

最後楽屋で「ありがとうございました」と遠くからご挨拶したら、ふわふわっと駆け寄ってきてくださって、ちゃんとみんなと握手をしてくれた。

とってもキュートでかわいらしい仕草。

彼女はそれが人を幸せにすることをちゃんと分かっていて、それをただ自然にしていた。

自分がスターであることをただ受け入れてる。自分がアイドルだった10代の頃から長い時間が経った今も変わらない。

すごいものを見させてもらった。妖精だったなぁ。

誰だってそんなふうになれる。スターにならなくてもなれる。

ただただそこにいて、キラキラしている人。ああもっと出会いたい!

 

桃サクラ
桃サクラ

48歳の射手座B型。作曲家、フルート奏者、スピリチュアル/ノンデュアリティスピーカー、デザイナー、通訳者、がんサバイバー。 2015年7月にいわゆる一瞥体験をする。すべての底が抜けて天地がひっくりかえるような、それでいてなにも変わらないような体験だった。 そして2016年9月にステージ1乳がんの診断を受ける。さまざまな自然療法、食事療法にトライし、セルフケアにひたすら励み、以前より健康になる。世界を舞台に様々な活動を展開中!