つきつめてもなにもない

私はなにかをとことん考えたり、とことんやったりしてつきつめるのが大好きでした。

 

その先にあるものが見たかった。

 

でもどんなにつきつめたところで、そこにはなにもない。(国会の議論とか見てるとよく分かるよねー)

 

今でもなにかが起こったりすると、この「つきつめ」グセが顔を出したりする。

 

でもその瞬間消えてなくなってしまう。

 

かつてあったあの熱意(のようなもの・シュウチャク?)は現れてこない。

 

だからそのまんま手放し。放置。

 

なにもつかんだりしないし、つかまったりもしない。なにも残らない。

 

それが今。

 

 

桃サクラ
桃サクラ

48歳の射手座B型。作曲家、フルート奏者、スピリチュアル/ノンデュアリティスピーカー、デザイナー、通訳者、がんサバイバー。 2015年7月にいわゆる一瞥体験をする。すべての底が抜けて天地がひっくりかえるような、それでいてなにも変わらないような体験だった。 そして2016年9月にステージ1乳がんの診断を受ける。さまざまな自然療法、食事療法にトライし、セルフケアにひたすら励み、以前より健康になる。世界を舞台に様々な活動を展開中!