ガン小さくなってました!

エコー検査のために病院行ってきました!

 

やっぱり小っちゃくなってましたよ!

 

やったねの顔。

 

 

ドクターのさがなのか、「ガンが小さくなっていると言えないことはない」とか慎重な発言をしてたけど、なんかちょっと嬉しそうな感じだった先生。バレるわね(笑)

 

そしてやっぱり彼は外科医なので、

 

「いや僕は切った方がいいと思うけどね」

 

と言っていた。なので即、

 

「いやいや私はとことん粘ります」

 

と即答しておきました。あったりまえー。(先生の言うことを聞かない患者とは私のことです)

 

私の感覚はやっぱり正しかった。腫瘍全体の大きさは変わってないんだけど、内部が水と腫瘍に分かれるみたいになっていて、前回よりあきらかに水が増えて腫瘍が小さくなってました。だから触ったときの感覚が変わってたんだね。

 

水があっても特に悪いことはない、と言っていたのでよかった。

 

以前ムラキテルミさんの本を読んだときに、彼女の肝臓ガンが消えるときにやっぱりそんなふうになったと書いてあったので、治癒のプロセスなのかもしれない。

 

次回のスキャンは8月30日。ガン発覚から約1年だから、きっちりその頃には消えているでしょう!

 

先生や薬剤師さんは「薬が効いたんでしょう」と言うけれど、それならそれで良し!

 

だってもはや何が効いたのか本人が一番分からない(笑)

 

ランチはフルーツサラダ。

 

これ、去年9月に「あなたのは悪性です。ガンです」って告知された後に食べたのと同じフルーツサラダなのです。(最初に検査に行ったクリニックと今行っている大病院が同じ駅!)

 

あのときは「ガンだったらもうその瞬間から21日のフルーツ断食突入だ」と思っていたので、「やっぱりか・・・」ってかなりショックを受けながら食べたなぁ。

 

あれから8ヶ月。今、こんな気持ちで、あの頃よりずっと健康なココロとカラダでもう一回これを食べてる私。

 

幸せだ・・・・。

 

というわけで私のヘルシーライフは続く、続くのだ!

桃サクラ
桃サクラ

48歳の射手座B型。作曲家、フルート奏者、スピリチュアル/ノンデュアリティスピーカー、デザイナー、通訳者、がんサバイバー。 2015年7月にいわゆる一瞥体験をする。すべての底が抜けて天地がひっくりかえるような、それでいてなにも変わらないような体験だった。 そして2016年9月にステージ1乳がんの診断を受ける。さまざまな自然療法、食事療法にトライし、セルフケアにひたすら励み、以前より健康になる。世界を舞台に様々な活動を展開中!