奇跡だよね

先週検査を受けて結果が出てからというもの、なーんにも手に着かない。

 

結果が出たらあれもして、これもして、これも終わらせて、とか予定だけはてんこ盛りだったのに、

 

なにも手に着かない。

 

ちょっとぐったりしてるの。

 

それだけ大きいことだったのだな、と改めて自分をいたわってあげたい気持ちになったりしている。

 

「あなたはガンです」

 

っていう告知は、私の人生を変えた。

 

どうしていいか分からなくなって、とにかく治さなくては、治るのだろうか、私はどうなるの?とパニックになった。

 

どんなおそろしい治療が待っているのか怖くて仕方なかった。

 

「手術をしたくない」というのは私の直感だった。

 

告知を受けた直後、最初に思わずした質問が「切らないで治せないんですか?」だったのだ。

 

若い女性のドクターの答えは「それはムリでしょうね」だった。

 

でも私はちゃんと治っている。

 

これって奇跡だよね?

 

私は毎日、奇跡を目の当たりにして、圧倒されている。

 

奇跡は、すごい。すべてを吹っ飛ばすエネルギーがそこにはある。

 

目の当たりにすると、言葉なんてなーんにも出てきやしない。

 

ただただそこにいるしかできない。

桃サクラ
桃サクラ

作曲家、フルート奏者。射手座B型。 9歳からピアノ、作曲、10歳からフルートを始め、埼玉県蕨市立北小学校、蕨市立東中学校、川口北高校を経て、東京音楽大学器楽科フルート科卒業。その後15年間オーストラリアパースで演奏活動、フルート非常勤講師をつとめ、2009年帰国。創作・演奏活動の日々。