パワフルな前屈

もともと疲れるとすぐ首と背中が痛くなる私。

 

首は「人の思いを汲むところ」なので、敏感で感じやすい人は首痛い人、多い。

 

しかも気圧の変化にも弱く、台風とか来てると体調にダイレクトに影響。頭痛になったり、重ーくなったり。今とかまさにそう。

 

もうこれが人生だ・・・くらいに思って、カイロ、水泳、ヨガ、ピップエレキバン、湿布・・・とかいろいろ試してたんですが。

 

実はわたくし、最近ほんとうに楽になりましたのよ、おほほほ。

 

それは・・・・意外にも・・・

 

ちょこちょこやる前屈!! だったのです!!

 

ただ、まっすぐ立って、息を吸って、そして大きく吐きながらカラダを前に倒します。

 

最初は膝を曲げて、お腹と太ももがくっつくようにして数秒。

 

それから息を吐きながら足を伸ばして手をぶーらぶらゆする。上半身のチカラを抜く。息を大きく吸って、大きく吐く。繰り返す。

 

私は1分半くらいやります。

 

これがねーすごいのよ。

 

アタマを逆さにするってすごいことなのー。まず、頸椎が重力から解放される。

 

そしてドレッシングの瓶を逆さにする感覚。「分離してた内容物」が混ざる感覚(笑)

 

今まで一方向だったものが、違う方向にめぐる快感!

 

起き上がるときはちょっとくらっとするかもしれないから、ゆーっくり最初はなにかにつかまりながら起きてください。

 

これを一日5回くらいやる。気がついたときに1分半くらい。それだけ。

 

これ、椅子に座っててもできるので最初はそれからやるといいかも!ただアタマを下げてしばらくうずくまる(笑)

 

これ、アタマをリフレッシュさせるだけでなく、胸郭も開いてきます。

 

テレビでボイストレーニングの先生が「胸郭を開くストレッチ」ってこれやってた。

 

胸が詰まってる人、多いから。

 

声が出てなくて、言いたいことが言えない人に多いんだけど、カラダをほぐしてゆるませると、言いたいことも言えるようになります。コレホント。

 

とにかくいつも同じ方向にしか行かないものを違う方向にめぐらせる、って良いことしかないからね。まずはカラダから。

桃サクラ
桃サクラ

48歳の射手座B型。作曲家、フルート奏者、スピリチュアル/ノンデュアリティスピーカー、デザイナー、通訳者、がんサバイバー。 2015年7月にいわゆる一瞥体験をする。すべての底が抜けて天地がひっくりかえるような、それでいてなにも変わらないような体験だった。 そして2016年9月にステージ1乳がんの診断を受ける。さまざまな自然療法、食事療法にトライし、セルフケアにひたすら励み、以前より健康になる。世界を舞台に様々な活動を展開中!