足もみ11ヶ月

昨日で足もみ11ヶ月経過しましたー。

 

よくやるよなーと自分でも思う。

 

 

もはや私の中では瞑想みたいな役割を果たしていて、

 

雑に、ばらばらになりがちな日常をしっかりと留めてくれるクリップみたいな役割。

 

毎日朝晩せっせと流してるのに、老廃物がたまるんです。足もんでるとそれがものすごく実感としてあります。

 

生きている、っていうのはそういうことなんだね。

 

老廃物がたまらないように生きることはできない。

 

いらぬことを考えないようにしても考えてしまうようにね。

 

でもたまったものをどんどん捨てていくっていうのは可能なこと。

 

いらぬことを考えても忘れちゃえばいいのです。

 

この11ヶ月で、「カラダと一緒に取り組む」ってことがほんとうによくわかった。

 

人間は賢いつもりで、アタマの中だけで、机の上だけで、なにかを解決しようとばかりしているけど。

 

カラダが力強くなるといろんなことが勝手によくなる。

 

コレホント。

 

さぁてと、今日ももみますかー。

 

桃サクラ
桃サクラ

48歳の射手座B型。作曲家、フルート奏者、スピリチュアル/ノンデュアリティスピーカー、デザイナー、通訳者、がんサバイバー。 2015年7月にいわゆる一瞥体験をする。すべての底が抜けて天地がひっくりかえるような、それでいてなにも変わらないような体験だった。 そして2016年9月にステージ1乳がんの診断を受ける。さまざまな自然療法、食事療法にトライし、セルフケアにひたすら励み、以前より健康になる。世界を舞台に様々な活動を展開中!