シミもキズもありながら、それと仲良く暮らす。

日曜日のコンサートで、

 

「私も精密検査で引っかかって」

 

とか

 

「半年に一度はチェックをしている」

 

という女性達にお会いしました。

 

乳がんは女性なら誰でも(実は男性もまれにあるらしい)かかる可能性のある病気なんですよねー。

 

私はかかりません!っていう人はいない。

 

乳がんに限らず、みんななにかしら、病気だったり、病気の種を抱えているよねー。

 

生まれつきの体質とか、遺伝とかもある。

 

きれいさっぱりフリーです!っていう人はいない。

 

でもいろいろ持っていたとしても、

 

発病しなければいい。

 

たとえ細胞が変異して、腫瘍や血栓なんか出来ていたとしても、

 

それがちゃんと大人しくして、成長しなければ大丈夫。

 

元気に見えるあの人もあの人も、きっと、なにかしら抱えてる。

 

生きているっていうのはそういうことだ。真っ白じゃない。

 

シミもキズもありながら、それと仲良く暮らす。

 

シミもキズも仲間にして、身内にして、大切な毎日を大切に過ごす。

 

いろいろあっても、いろいろ持ってても、それでいい。You are perfect。

桃サクラ
桃サクラ

作曲家、フルート奏者。射手座B型。 9歳からピアノ、作曲、10歳からフルートを始め、埼玉県蕨市立北小学校、蕨市立東中学校、川口北高校を経て、東京音楽大学器楽科フルート科卒業。その後15年間オーストラリアパースで演奏活動、フルート非常勤講師をつとめ、2009年帰国。創作・演奏活動の日々。