アラジンの魔法のランプがあったら欲しいもの

アラジンの魔法のランプが目の前にあったら、なにをお願いする?

 

私の答えは決まっている。

 

Clarity。

 

明晰さ、透明さ、明澄さという意味。くっきり冴えている、という状態。

 

なにかを必死に保っているんじゃなくて、すっくと美しく立っている、というイメージ。

 

迷いがない波動。

 

クラリティがあれば、なにもいらない。そこには全部があるもの。

 

chrisbeatcancer.comというサイトがあって、様々な人々のがん克服ストーリーが載っているんだけど、このサイトの運営をしているクリス・ワーク自身も、26歳のときに結腸がんになって、手術はしたものの、抗がん剤治療を拒否して、自然療法で治しちゃった人。

 

今、Square oneというがんを治す、というテーマのオンラインセミナーシリーズをやっていて、私は毎日彼の動画を見ているんだけど、とってもくっきりはっきりきっぱりしている。素晴らしいClarityの人。

 

これじゃがんは追いつけないねー。

 

澄みきっていたい。

 

なにが欲しいのか(あるいはなにが欲しくないのか)くっきりはっきりわかっていたい。

 

やることはやる。やらないことはやらない。

 

今まで散々迷いに迷ってぐちゃぐちゃうじゃうじゃしてきたけど、今、はっきりとそう思う。

敏感で疲れてしまう人へ

いろんなことに気づいてしまう、いろんなことを感じてしまう、っていうのはすごーく疲れること。

 

入ってくる情報量がとにかく多いということは、休まる暇がないということ。

 

そうやってくたくたになっている人、多いんじゃないかな。

 

私もそんな一人でした。

 

別にそうなりたい!と希望したわけでもないのに、そういう性分。誰に文句を言うわけにもいかない。なかなかその疲労感を分かってもらえない。

 

でもね、そんなふうにいろんなことに気づくことができる、ということはすごく素敵なこと。

 

何も知らない、気がつかないよりずっといい、と私は思う。

 

でも、なにに気づいたとしても、なにを感じ取ったとしても、胸にしまってはいけないよ。

 

 

手放す。

 

 

持ち帰らない。

 

 

それには、気づいたこと、感じ取ったことを分析しないこと。

 

 

それがなんであるか、知ろうとしないこと。

 

 

受け取ったら、そのまんま、ありのまんまで、放置。

 

 

自分のものにしないこと。

 

 

どんなことも自分のものになんてできないのだから、あきらめてね。

 

 

だからどんなことに気づいても、どんなことを感じてもいい。

 

 

どんなことに気づいても、どんなことを感じても安全。

 

 

なにも抱えずに、気楽にそこにいよう。

 

 

責任を手放せば、気づいたことはあなたのパワーになる。気づいたことがあなたをサポートしてくれる。ひとりじゃなくなる。

 

 

ひとりじゃない、と気づいたあなたは「敏感だってことは、強くなれるってことなんだ!」と知る。

 

 

そう、気づいて、感じてきたからこそ、強くなれる。

 

 

コレホント。

目ヂカラアップを狙います。

今日は新宿に出たので、ランチはシンガポール料理屋でラクサにしてみた。どうしてもAsian系になるのよー。どれだけ好きなのでしょう。

 

ミロードの7階にあるところだけど、なかなかちゃんとしてて美味しかったよー。また行ってもいい。

 

それから小田急へ。

 

アイライナーを探していて、いろんなカウンターを見て回る。それにしても化粧品買うの、どれだけ久しぶりなんだ。ようやく化粧にアテンションが向いてきた自分に嬉しくなる。

 

今って自由にサンプルを試せるようになっていて、試しているとちょっとほおっておいてくれる。そのちょっとマニュアル入ってる距離感がビミョー。

 

結局マックに決定。

「結構バッチリめに入るアイライナーはどれですか?」

 

と聞く強気ぶり。

 

目ヂカラアップを狙います。一昨日新しいコンタクトも作ったぜ!!

 

ご無沙汰してたけど、化粧品やっぱり楽しいー!これを機会にいろいろ楽しもうっと!!

 

厚化粧になってても驚かないでね(笑)

りんごは丸ごと!

このところ毎日りんごを1つずつおやつに食べています。パースに住んでいた頃のよう。

 

日本製のも良いけど、ニュージーランドからちっちゃめのりんごが入ってきていて、それがお気に入り。

 

 

もちろん皮ごといきます。

 

りんごを一日一個皮ごと食べると、りんごを食べるのが一日一個未満の人にくらべて、乳がんのリスクが24%も下がるんだそう。その他卵巣がん、咽頭がん、大腸がんのリスクも低減する。

 

りんごの皮には抗酸化物質が含まれていて、活性酸素やフリーラジカルによるDNAへの攻撃に対する防御効果がある。

 

ジュースにするときも、もちろん皮ごと。

 

そして種も食べてます。

 

種にはアミグダリンというビタミンB17が含まれる物質があって、アプリコットの種や枇杷の種にも含まれる成分。腫瘍を小さくする素晴らしい効果があるというわけ。

 

がんやその種はきっと誰の中にもあるものだから、こういう自然なものを美味しく食べて治療できるなんてサイコー♥

 

りんご、美味しくって、3時になるとりんごが食べたくて仕方なくなる。外に持っても行けるし便利。

1年目のごほうび

先週の土曜日、9月9日で、足もみ開始から丸1年経過しましたー。

 

来る日も来る日も、アホみたいに(いやーほんとに、アホか私しかできないんじゃ・・・笑)朝と夜、1日も欠かさずもんできました。

 

当たり前だけど、眠くて死にそうだったり、忙しくて目が回りそうなときもあったけど、やり抜いたのさ!

 

私って・・・・すごくない?(笑)

 

私はすごいと思うのよ!

 

どれだけ治りたいんだ、オマエは?とも思うし、これだけ自分のために時間とエネルギーを割けるかなり自分を誇らしくも思うのです。

 

それで、少し前から決めていたごほうびを買いに、表参道へ!うきうき♥

 

 

そ・れ・は、Pandoraです!!!

 

自分だけのチャームブレスレットを作れるデンマーク本社のお店なんだけど、左の3つは前から持っていて(フィリピン、オーストラリア、オーストラリア)今回ゴージャスな赤い石のチャームを選びました!!

 

くっきりきっぱりしたのが欲しかったんです。それでいてゴージャスなのがよかった。

 

今までの私じゃなくて(左3つ。そういえば地味目・・・)今日からの私に似合うものを選びたくて、大満足♥

 

とってもかわいいおねえさんが接客してくれて、幸せだったわ〜♥

 

あれこれも欲しくなったけど、「1回にひとつ」を選ぶところがいいのです!!(マイルール)

 

そしてその足で表参道の大好きなカフェ、「フランツアンドエヴァンス」へ。

 

 

ものすごい久しぶり。三種のサラダ。チキンカツとアーティチョーク、ズッキーニとトマト、サーモンと茄子。どれもほんとうに美味しい。

 

原宿って昔から大好き。村っぽいところが。路地裏におしゃれな雑貨屋さんとかあって、ぶらぶら見て回ったりするの楽しい。

 

外国人が多いせいか、すごく自由な感じがして、クリエイティブで、ちょっと外国にいるみたいな感覚。私にはすごくリラックス出来る場所。

プロテインパンケーキとココナッツキヌアカレー

なにかをちゃんと作って食べる、って余裕がないとなかなかできない。

 

にちようびのパンケーキとか。

 

最近グルテンフリーレシピを確立!

 

バナナ半分+卵2個(烏骨鶏なので2個、普通だったら1個でいいと思う)+高野豆腐粉3分の1カップ+ベイキングパウダーちょっと

 

で美味しく焼けます。

 

生ブルーベリートッピングが好き。

 

ちょっと前に買ったスロークッカーは大活躍!

 

昨日は海外のレシピで、ココナッツキヌアカレーを作ってみた。https://www.simplyquinoa.com/slow-cooker-coconut-quinoa-curry/

 

ただ材料を入れるだけ!

 

数時間後には勝手にこんな感じ。

調味料が味噌とたまり醤油ってところも面白い。

 

ベジタリアンメニューだったけど、鶏肉を足したり、しめじ入れたり。アレンジは自由!

 

ほっといて出来る、っていうのがポイントだー。楽しい。

楽しく演奏するってむつかしい

以前パースで演奏会があって、終わった後に、聴衆の中の見知らぬ女性に、

 

「I like your personality!」(あなたの人柄が気に入ったわ)

 

って言われたことがあって、ああ、人は音楽だけを聴いているんじゃないんだなー、と思った。

 

なんだってそうだよね。

 

書だって、絵画だって、そのムコウにある「なにか」を見ているんだと思う。

 

 

楽しく演奏する。

 

っていうのは、実はとってもむつかしい。

 

プロになればなるほどむつかしい気がする。みんなとっても深刻そうに「いやいやこれは私の問題ですから」的な顔をして演奏している人が多いような。

 

閉じたくない、開きたい。

 

 

音楽はとっても楽しい。

 

だからこそやってこられたのだから。

 

この1分動画、ここまで来るのに、ああでもない、こうでもない、って数ヶ月かかってます。

 

でも気づき満載の素敵な数ヶ月だったわー。

 

続編も追加予定です。

 

Facebookページも。https://www.facebook.com/FLUTE-OBOE-737526226435788/

 

 

 

 

乳がん検査だけが大事なんじゃない

今からちょうど1年前の2016年、9月8日、私は突然思い立って乳がん検査を受けた。

 

エコー検査からのマンモグラフィー、その日のうちに細胞診(しこりに針を刺す)までされて、MRIの予約も取らされた。

 

ほとんど有罪確定、だな、と思いながらどーしよーと途方に暮れていた。

 

そしてきっかり1年後、こんなに健康になった私がいる。しゃきーん!!!

 

がんはまだ私から完全に消えていないけれど、もはやがんは私につかまっていられなくなってきているのを感じる。

 

でね、私が1周年に思うのは、

 

乳がん検査だけが大事なんじゃない

 

ってこと。

 

乳がんを経験した人はみな口をそろえて「早く検診に行って」とか言うけれど。私は人に「私もしたから、あなたも我慢しようよ」と言いたくないタイプ。

 

だって、どう考えても、あれって最悪の時間だし、マンモグラフィーとMRIに関しては二度と受けたくないし、受けるつもりもない。

 

しかも結果を待ってる時間がとにかく地獄。なにも手に着かなくて、検索しまくっては最悪の事態を想像し、カラダがどんどん冷えていって、免疫は急降下。

 

良いコトなんてひとつもないぜよベイビー。

 

乳がんが見つかる2016年の9月8日以前の私は「健康」だということになっていたけれど、実際はそうじゃなかった。

 

ばっちり悪性腫瘍を抱えておそらく10年以上暮らしていた。

 

でも(なぜか)2013年頃からものすごく熱心にコールドプレスジュースを飲んだり、ホットヨガを始めたりして、

 

少なくともその三年間、私はずっと(知らないうちに)治療をしてきたのだと思う。

 

もしも「がん」がカラダの中にあったとしても、それを増やしたりしなければ、元気で、健康でいられる。Look at me!

 

みんなひとつやふたつ、きっと抱えてるよねー?

 

そして、食生活や生活習慣を改めるのは、がんが見つかってからじゃなくても良くない?

 

今すぐ健康になっちゃえば良くない?

 

検診でがんを見つけられるんじゃないか、ってひやひやするんじゃなくて、

 

あっても大丈夫なんで!なんとかできるんで!くらいの自信があれば、怖いものなんてない。

 

その自信は毎日の食生活が支えてくれる。(私の場合足もみとヨガも!)

 

がんを見つける乳がん検査も大事かもしれないけど、

 

あったら一環のおしまいなんかじゃない。

 

たとえあったとしても、増えなければ大丈夫。

 

どんながんも最初はひとつの細胞分裂から始まる。

 

健康になってがんを追い越せば、消えちゃうよ?私みたいに。

 

怖い思いはなるべくしたくない。する必要ない。怖いのやだ。

 

それに、食事や生活習慣に気を付けるっていうことは、自分をケアする、自分を好きになるということ。

 

それもがんが教えてくれた大切なこと。検査だけがすべてじゃない。

肋骨のつぼ

一昨日の朝、いつもの朝ヨガをやっているときに、

 

ぐきっ!!

 

っと左の肋骨あたりに激痛が走った。

 

痛い。痛い痛い痛い。

 

かがむと一番痛いのでそーっと生活してた。楽器はなんとか吹いてたけど。

 

そしてその夜。

 

いつもの足もみタイムに、足ツボチャートを開いて見ると・・・・

 

肋骨のツボがあったのーーー!!!↓61番!

 

 

それでちょっと押してみたら・・・きーんと痛い。

 

両足をしっかり押して足もみ終了。でも寝る前もまだまだ痛みは残っていたのです。

 

が!!!!

 

昨日起きてみたらもうどっこも痛くないの!!!ひゃーーー!!!

 

そして丸一日まったく痛くなかったの!!!すごくない?!

 

恐るべし足もみ。

 

どうやって治ったのかまったく説明がつかないけど・・・

 

とにかくツボをあなどるなかれ。

壁なんてない。という曲を書きました。

先週末から新曲を書いていました。

 

もちろん、9月24日のコンサートのため。

 

曲を書くのは1年ぶり。いやーこの1年曲どころじゃなかったっすよ。

 

「No limits, No borders」っていう英語のタイトルは最初から決まっていた。こーゆーイメージ。

 

でもこのタイトルは「You are stronger than you think」というドキュメンタリーを見たときに、

 

Your limitation will become  your life.(あなたの制限はあなたの人生になる)

 

っていうセンテンスが出てきて「うむ、ほんとうだ」と思ったのがキッカケ。

 

制限があるとしたら、それは自分が感じているというだけ。

 

そんなもんとっぱらって生きたい!自由になりたい!過去にしばられたくない!

 

最近、毎日思っていた。

 

曲書いてみて、さらにはっきりした。

 

私は自分のことを、自分で閉じ込めている。

 

そんなもんだとたかをくくっている。

 

私の曲は、私、そのものだ。

 

最初のフレーズが出てきたから書き始めたけど、どうやって曲を終えたらいいかまったくわからなかった。

 

 

で、勢い余って肋骨を痛めたりしながらも(笑)ようやく昨日夕方完成。

 

今日初めての音出しをしてきました!

 

熱い!!!

 

こんな明るくて、前向きで、全開だぜ!って曲、ここにしかない!

 

もちろん2人の素晴らしい共演者がいてくれるから!ほんとすごいのーーー。ビューティフルなのーーー。

 

24日に、世界初演!きっと聴きに来てください。壁なんてない、ってことがアタマじゃなくて感じられるから。

 

9月24日、新宿にて!