あなたは怖れを抱えていますか?

昨日の夜、寝しなに、また「いつもの悪夢」を見た。

 

いつもの悪夢というのは、なにか、邪悪な存在がいて、それにつかまりそうになっていて、気づかれないように必死に息を殺している状況。

 

で、昨日もそうなっていて息を殺していたのだけど、それにつかまりそうになったところで、また私がうわぁああ!!ってひっくり返して、文字通り、その存在が全部べろんと裏返しになって、私はその正体をかいまみた感じになったのだった。

 

言葉になかなかできない感覚だったのだけど、そういうことだったみたい。

 

たぶん私はこの種の悪夢をもう長い長い間見続けてきた末に、ようやく最近になって「これはいつも悪夢」だと認識できるようになって、その上で、「私はいつも同じリアクションをとり続けているんだ!」と認識できるようになった。

 

怖れ、というのはそういうもの。

 

夢の中だろうが、現実だろうが、まったく同じ。

 

怖れを抱えている、と認識できてれば安心。

 

あなたは怖れを抱えていますか?

 

それがわからないとしたら、あなたは怖れに振り回されて生きている。

 

だって、怖れを抱えていない人なんていない。

 

私たちは怖れだし、怖れは私たち。私たちの存在は怖れそのものと言ってもいい。

 

だから怖れに乗っ取られてはいけない。怖れはすべてを決めてしまう。

 

昨日の夢の中でその正体の裏側をめくって見たけど・・・

 

なーんにもなかった。空だったよ。

 

 

そう、怖れとはそんなもの。

 

 

やつらはただ怖く見えるだけ。

 

あなたはただ、怖いと思いこんでいるだけ。

 

 

 

1日1クリックよろしくね。