質問:自分の演奏に満足したらおしまいなのか?

私が音大にいた四年間で学んだことはたくさんあって、その中で今でもものすごく自分に影響していること、それは、

 

「自分の演奏に満足したらおしまいだ」

 

という空気。

 

日々鍛錬。精進。練習。どんなときも向上心でもっともっと上を上を目指し続けること。演奏したら「悪いところを」即反省。

 

それを私、ずーっとマジメに自分に言い聞かせてきたみたい!

 

でも、もーやーめた!っていうか、もうできない!!

 

だって、私のフルート、すごく良いから。

 

この前録音した自分のフォーレのシシリエンヌ聴いて「おおこれが、私がずっと聴きたいと思っていたフルートだ」と思っちゃったんだもん。

 

思っちゃったものは仕方ないっす。

 

中学生から吹いているこの大好きな曲をほんとうに自分好みに吹いてくれるフルーティストにようやく出会えたってわけ。

 

音だってすごく好みだし、フレーズもいいし、なんてったってすべてが自分の趣味なんだよねー(←ま、当たり前か・笑)

 

もー、精進も鍛錬もいらない。

 

したいときにするだけ。

 

私は、自分の演奏が最高だと思っている演奏家で、自分の演奏と、自分の音楽をとことん愛していて、それが人にバレても全然恥ずかしくないし、なんだったら「うふふ、実はね」と触れ回りたいくらい自分を愛しちゃってる。

 

そうなって気づくのは、人のことなんてまーるで気にならないってこと。

 

人の存在なんて(自分も含め)全部消えちゃうってこと。

 

そう、そこには誰もいないのだ。

 

さてクエスチョン。

 

自分の演奏に満足したらおしまいなのか?

 

いえいえ、それが始まりなのであーる。

 

さぁ始まるよ。

 

 

 

1日1クリックよろしくね。