今年の冬は新しい。

そう、すべてが新しい。

 

去年までの冬のつもりで「厚着」「重装備」すると、

 

汗が流れる。暑い。びっくり。

 

昔良く聴いていたなつかしい曲を「なつかしむ」ために聴いても、

 

そのときに過去の状況とかがどこからも出てこない。ただただ新しく聞こえる。びっくり。

 

「食べないと栄養が摂れない」と思い込んで食べると、

 

食べ過ぎる。苦しい。

 

過去に買った地味めな服をまた着ようとしても、

 

着られない。そして新しく欲しいのは原色ばかり。

 

薄着で、新曲で、小食で、派手な冬。

 

うーん、「私」はどこにいったのでしょう。

 

どこにもミツカラナイ。

 

それにしても、

 

「私」がどこにもいない、ってほんとに軽くて、自由で、楽しい!

 

毎日がただただ、新しい。

桃サクラ
桃サクラ

48歳の射手座B型。作曲家、フルート奏者、スピリチュアル/ノンデュアリティスピーカー、デザイナー、通訳者、がんサバイバー。 2015年7月にいわゆる一瞥体験をする。すべての底が抜けて天地がひっくりかえるような、それでいてなにも変わらないような体験だった。 そして2016年9月にステージ1乳がんの診断を受ける。さまざまな自然療法、食事療法にトライし、セルフケアにひたすら励み、以前より健康になる。世界を舞台に様々な活動を展開中!