自分を好きになる、なりたい自分になるということ

自分を好きになる、なりたい自分になる、っていうと努力して自分という人間のレベルを上げることみたいに聞こえるけど、

 

こんなにずるっとすることだとは!

 

最近の私、ほんとうに「素」で、

 

それはつまり、

 

☆いろんなことを「ものすごく」忘れる たくさんのことを覚えていられない

 

☆モノを壊したり、割ったり、落としたりする

 

☆なにも考えていないので失礼なことをしゃらっとフツーに言うとか、失言多発

 

つまりは、失敗の連続!!まるでこども!!(おかーさんに怒られる・笑)

 

以前はね、(最近ではない。相当前かも・笑)

 

しっかりしなくちゃ。

 

きちんとやらなくちゃ。

 

いつでもものすごく緊張していたんだと思う。

 

その緊張が取れて初めて「緊張していた」ってことが分かったんだけど。

 

今の毎日は失敗しすぎだし、人に迷惑を掛けているはずだし、実はちゃんとやれていないのかもしれない。

 

でも前のあのピリピリした感じには戻りたくない。

 

しょーがないんですよねー、だってこうだもん、あはは、って感じ。

 

それに結局のところ、なんともならないことなんてなにもない。

 

もう二度と、自分に鞭打つようなマネはしたくないのよねー。がんは二度とゴメン。

 

 

 

いろんなことを忘れまくっても、ものを壊しても、失言の連続でも、失敗だらけでも、

 

いいじゃん、それで、って心底言えることはとっても素敵なことだよ。

 

自分を好きになる、なりたい自分になる、って理想を高く掲げて、目標に向かって走る、ってことだけじゃない。

 

素の、実はどうしようもなかったりする自分とつきあう、っていう「ずるっと」した感覚の中から生まれる。

 

私はそう思う。

 

だから今日も許してね。大ボケが止まらないけど(笑)