I love TOKYO♡

今日は気分転換!な一日。もうずーーーっと閉じこもりだったからね。

 

宝塚のショーにご招待していただきました!

 

久しぶりにお芝居を観たので面白かった。やっぱり生はいいね。

 

ご縁で時々観させていただいている宝塚、いろんな意味で独特だけど、やっぱり美しいものは美しいと思う。

 

それから少し遅いランチ。サバティーニという看板を見つけて「お!聞いたことある!」ということで入ってみた。初。

前菜。オリーブオイルの香りがすばらしい。

ピザ食べたの、1年半ぶりくらい。久々の解禁にふさわしい、美味しいピザでした。薄いクラストが好み。

 

良いお店ってカトラリーが重いよね。また行きたい。

 

それから表参道へ。北風はつめたいけど、ウィンドウを見るのが大好きなのです。インスピレーション満載だし、テンション上がるし。

Givencyすてきーーーー!

Chloeはもう春だった。素敵なラインナップ。

 

それからラフォーレで着物やさん特集を今日までやっているというのをツイッターで見かけたことを思い出して行ってみた!

これ、かなり好みなんですけどー!!

 

すごくたくさん人がいて、キッチュな感じの着物もたくさんあって、なかなか楽しかったです。新しい派手な着物、ものすごく欲しくなった。

 

やっぱりI love TOKYO♡だわ。今月末の締め切りが終わったらもっともっと出かけて、もっともっと刺激を受けよう。そう決めた。

小泉八雲、ふたたび!

今とある団体の国際音楽祭の公募に申請しようとしていて、その締め切り(今月末!)に追われています。

 

テーマはふたたび、「小泉八雲」!

 

パースにいるときやったコンサートはもう10年前、2007年!!

 

 

この前の年に松江の旧小泉八雲邸に旅行で行って、ものすごーーーい感動して、ビリビリきて、すぐに「Kwaidan」を買って読んで、その美しい文章に心底惚れて、「Snow womanやりたーい!」って思ってたところにちょうどチャンスがやってきたのです。

 

 

そして10年経って、今度は日本で!!

 

申請が通るかどうかはわかりませんが、 通っても通らなくても、今年中には都内のどこかで上演します。

 

チラシも作ってみた。すばらしいメンバーです!

 

新作は、「常識」。この話、ほんとサイコーです。しびれます。

 

たくさんの人とシェアしたい。シェアできますように。

リアルな現状

FLUTE OBOEで、動画プロジェクトをずーっとやってるの。

 

試行錯誤、試行錯誤、試行錯誤。

 

オリジナルだし、自分たちでやっているので、手探りしかしてない。一歩進んで二歩下がる感覚。

 

演奏だけじゃなく、プレゼンテーションが大切。魅力をふりまく筋肉。深刻に仏頂面で吹いてても面白くも何ともない。

 

そして試行錯誤して、画質も良くなればなるほど、自分たちの「リアルな現状」が浮き彫りに(笑)

 

着物のシワ、着付け、顔のしわ、シミ、肌の荒れ・・・前回の動画で突然「このままではいかーん!」と二人で気づき、

 

私は伊勢丹のMACへ走って行き、ストロボクリームをゲット。

 

 

これはほんのりピンクなので、下地に使うと血色が良く見える。

 

チークも使うけど、やっぱり自然な感じが好き。

 

昔美輪明宏さんが、

 

「泥だらけの大根をばーんと出して、私を食べて!って言ったってだめ。ちゃんと洗って、ちゃんと刻んで調理して、食べられるようにしてお出ししないと」

 

って言ってて、「ほんとだよ、ほんとだよ」と思った。

 

年を取れば取るほど、そのまま出せなくなる(笑)

 

ケアが必要になってくる。

 

それをわずらわしいと感じるか、楽しいと感じるかはその人次第。

 

私なんて若い頃よりずーっとおしゃれが楽しくなってる。

 

髪の毛を明るくするのも大好き♡

 

デパートの化粧品売り場もマメに顔を出すことにしよう。なにかが刺激されて良い感じ。きっと免疫もあがってる。

 

さて、動画はいつアップできるでしょうか。

ケールチップス最高!

道の駅でカーリーケールが手に入ったので、作りました。ケールチップス。

 

 

ケールにオリーブオイルをよくまぶして、塩こしょうで180度のオーブンで20分くらい。

 

パリパリ感が美味しい〜♡

 

ケールって熱しても栄養分がなくならないそうなので、ビューティーなおやつですよー。

 

ケールがいつも欲しい。ケールLOVE♡

 

今日電車に乗ってたらもう広告がうるさくてうるさくてたまらん。

 

以前はそう思わなかった。テレビですでに毒されてたから気がつかなかったんだよねー。

 

家でも外でも「おまえは十分ではないのだぞ」っていうメッセージだらけなんだもんな。

 

そりゃ自尊心なんて育つわけがないのであーる。

 

テレビデトックスして5週間経過。なんだか日々のびのびと楽しくて、自分の中でいろんなものが育って行ってる感じ。どんな小さな芽も摘み取られない、この感じ。

脇の下は怖れが溜まる場所

今日も昨日書いたFacial Fitnessをやった。ヨガってたいてい直後はほぐれて良い感じになっても、数時間後にはまた固くなってたりするけれど、これは違う!夜にストレッチしたらまだ柔らかかった!!

足もみに行ったときに「上半身がすごく力んでる」と言われた。乳がんも結局なにかの流れが滞ってるから出来たんだもんね。

 

特に脇の下。ここってリンパが通ってるけど、私たちはずーっと手を下ろして生活してるから滞りがち。胸にいちばん近いところだからいつも手をあげるストレッチをしてる。

 

そしてこのポーズはすごいよー!

たぶん私は肩と肩甲骨がすごく固い。だからこうやって身体をねじって手を伸ばすと痛い。でもチョー気持ちいい。

このままで数分間。これがすごい効き目!!

 

脇の下から体側って「怖れ」が溜まる場所。

 

「怖れを流そう」と思っても意志ではなかなかできないから。

 

これで流しておきましょ。羽が生えたように軽くなるよ。だって「怖れ」が流れるんだもん。どこだって飛んで行けそう。

 

滞りは、なしなし。

希望やアイディアや喜びが滞る場所

FMTVっていうサイトで配信している動画を見ながら毎日ヨガをやっているんだけど、Fascial fitnessっていう新しいヨガが登場!

Fascialってなに?と思ったら筋膜のこと。日本でもあるよね、筋膜リリースとかって。

 

これが・・・ものすごくすばらしい。

 

ちょっと陰ヨガみたいな感じでずっと同じポーズを取ったり、ゆっくり骨を動かす動作をしたりする。

 

今朝やったんだけど、今でも肩と背中がめちゃめちゃ軽い!!!!

 

実は今、いろーんなプロジェクトを抱えていて進まない!っていう状況でした。ここ数日間。

 

で、これをやってみたら、今までどうしても進まなかったのが嘘のようにするする出来るっ!

 

それで思った。

 

様々なアイディアや希望や喜びは、身体のこってるところに滞ってるね。間違いなく。

 

血流を良くすれば、コリをほぐせば、本当にいろんなことがどんどん流れ出す。

 

こってる場合じゃないねー。どんどんほぐしてどんどん柔らかくなりたい!身体の固さは思考の固さです。

許すということ

誰かを、自分を、許すということは、立派な人になるということとは違う。

 

誰かを、自分を、許すということは、すべてを理解するということではない。

 

ただ、ありのまま、目の前の、

 

みっともなかったり、

 

だらしなかったり、

 

失敗だらけだったり、

 

とほほほ、な自分を

 

「ま、しょうがないよね」「いいよ仕方ないよ」

 

とずるっと、ゆる〜くそのまま放置すること。

 

反省しないこと、責めないこと。

 

許そう!と決めて、きれいに処理してさっぱりすることじゃない。

 

逆。そのまま切りっぱなしにして、放置して、未処理にすること。

 

だらしない?うはー上等。

 

だらしなくても、反省しなくても、だらっとしてても、

 

私はサイコーなの。

 

これからより素敵になっていこうとしてるから、サイコーなわけじゃない。

 

より素敵になってもならなくても、また失敗するかもしれなくても、ぐじゃぐじゃしてても、どんなふうでも、とにかく、私はサイコー!なのだっ!

 

さて、あなたは?

 

条件づけは、しんどいよ。

 

しんどいことは、やめて逃げましょ(笑)

 

明るいほうへ。

悲しくてせつない話だと思っていた映画が・・・

実は2015年に自分の底が抜けてから、それ以前は毎週のように見ていた大好きな映画が全然見られなくなった。

 

でも最近なぜかまた戻ってきて、いろいろ見られるように。もっぱらテレビの代わりに映画を見てる。

 

それで数年ぶりにマット・デイモン主演の「ヒアアフター」を見たのね。

 

 

これ、もうなんていうか、わかりすぎるというか、サイキック描写がすごく的確で、「知ってしまうこと」「見えてしまうこと」の大変さがとてもよく描かれていて。

 

自分の記憶の中では「すごく名作だけどせつなく悲しい話」として刻まれていた。

 

で、久しぶりに見てびーーーっくり!!!

 

ものすごく希望にあふれた話じゃないかっ!!

 

もちろん、数年前の私が共感したであろうサイキック描写も良かったけど、なにしろサイキック名主人公が自分の能力を認め、受け入れる過程がとても素晴らしかったし、なんと最後がすてきなすてきなハッピーエンド!!

 

どこが悲しい話なのだ?!

 

首をひねりました。

 

実はこの映画だけじゃないの。昔見た映画、全部が別物みたい。

 

いやいや別物になったのは私だってば。

 

結局のところ人は見たいものを見るし、見たいものしか見えない。

 

そしてそれが現実になっている。

 

って、それだけ。

テレビを見なくなって1ヶ月

経ちました!12月11日に始めたので今日で丸一ヶ月。

 

暮れに実家に帰って紅白とお正月の格付けだけ見たけど(あれ面白い)あとはほとんど見ていません。

 

変化としては、

 

まず、体調が良くなった いろんなニュース(ストーリー)に接しなくてよくなったから

 

霊媒体質なものでいろんな情報が勝手に入ってきてしまうのよー。

 

そして、CMを見なくなって、自分の価値がちゃんと感じられるようになった。

 

CMっていうのは

 

「私たちには欠けているものがある!」

 

ということを前提にして、

 

「これを買えばそれが解消!」

 

とオファーして刷り込む仕組み。

 

このヨーグルトを食べれば、あなたは健康に!

 

このファンデーションを買えば、あなたは美しく!

 

 

ってわけ。

 

ううん、実はヨーグルトやファンデーションがなくても、あなたは今のままで十分なんです。

 

なにかを買うことで、手に入れることで、人が変わることなんてあるわけがない。誰がなんと言おうと、だまされてはいけない。

 

それはキツネかタヌキです(笑)

 

1ヶ月テレビを見ないだけで、

 

「I am enough」度が格段に上がったのがすごい。

 

自分を下に下げるような言葉が出てこなくなった。まぁ日本の社会はそういう社会だけど。

 

それで、たまたまお店の電話を取ったりして、お客さんの対応をしたりすると、

 

キレられる(笑)

 

そして自分がお客さん側だと、いろんなお店の人の対応が「クレームが来ないように」ということを一番にしているせいか、実はかなり卑屈なのだということに気づく。

 

そんなに謝る必要が?!と首をかしげること多し。

 

CMも実はかなり卑屈なの!相当屈折してるの!

 

卑屈に考えてしまう自分をどうにかしたくて、いろいろ試してきたけど、テレビCM抜きが一番効きました。

 

私もやめるまでは時間が掛かったの。オーストラリアで鬱になったとき、日本のテレビ録画をずっと見ていたっていう歴史があって、最初はすごく怖かったもん。

 

最初はちょっと寂しいけど、あとは自由しかない。

 

ま、地面を這っていたい人は、見といた方がいろいろためになります。これは皮肉じゃなくて。

 

足もみ生活16ヶ月

朝と晩にせっせともみつづけて16ヶ月。

たしかに日々足もみをするためにかなりな時間と労力を費やしていて、忙しいときなんか「はあ、どうしてこんなことを」と思わないでもないんだけど、

 

忙しいからこそこんなふうに「自分に」費やせる自分がすごいなぁと嬉しいのです。

 

最近瞑想三昧なんだけど、瞑想にすんなり入れたのもこれやってたからだと思う。(だって瞑想ってただ座ってるだけだからすごーく楽♡痛くないし・笑)

 

今は寒いから、特に効果をはっきりと感じられるしねー。全然寒くない。朝晩2回毎日もんでても、老廃物がたまってるのがわかる!足なんてめったに触らない、っていう(フツーの)人の足にどれだけの老廃物がたまっていて、それがどれだけの不調の原因になってるかと思うと、コワイ・・・。

 

でも16ヶ月前に私だって「がんです」って言われてなかったら100%やってないと思う。

 

自分を毎日毎日大切にする(具体的には自分に時間を使う)って言うのはカンタンだけど全然カンタンじゃない、ってこと。

 

でもそれを動かしているのが「意志」じゃないところがミソ。私の「意志」なんて3日も続かない。

 

やっぱりそれが「愛」だから続いていくんだよ−。

 

だからこそやりだすと、ゆっくりだけどカクジツにすべてが変わります。一番身近で一番見落とされがちだけど、一番パワーがある。それがセルフケアです♡