テレビを見なくなって1ヶ月

経ちました!12月11日に始めたので今日で丸一ヶ月。

 

暮れに実家に帰って紅白とお正月の格付けだけ見たけど(あれ面白い)あとはほとんど見ていません。

 

変化としては、

 

まず、体調が良くなった いろんなニュース(ストーリー)に接しなくてよくなったから

 

霊媒体質なものでいろんな情報が勝手に入ってきてしまうのよー。

 

そして、CMを見なくなって、自分の価値がちゃんと感じられるようになった。

 

CMっていうのは

 

「私たちには欠けているものがある!」

 

ということを前提にして、

 

「これを買えばそれが解消!」

 

とオファーして刷り込む仕組み。

 

このヨーグルトを食べれば、あなたは健康に!

 

このファンデーションを買えば、あなたは美しく!

 

 

ってわけ。

 

ううん、実はヨーグルトやファンデーションがなくても、あなたは今のままで十分なんです。

 

なにかを買うことで、手に入れることで、人が変わることなんてあるわけがない。誰がなんと言おうと、だまされてはいけない。

 

それはキツネかタヌキです(笑)

 

1ヶ月テレビを見ないだけで、

 

「I am enough」度が格段に上がったのがすごい。

 

自分を下に下げるような言葉が出てこなくなった。まぁ日本の社会はそういう社会だけど。

 

それで、たまたまお店の電話を取ったりして、お客さんの対応をしたりすると、

 

キレられる(笑)

 

そして自分がお客さん側だと、いろんなお店の人の対応が「クレームが来ないように」ということを一番にしているせいか、実はかなり卑屈なのだということに気づく。

 

そんなに謝る必要が?!と首をかしげること多し。

 

CMも実はかなり卑屈なの!相当屈折してるの!

 

卑屈に考えてしまう自分をどうにかしたくて、いろいろ試してきたけど、テレビCM抜きが一番効きました。

 

私もやめるまでは時間が掛かったの。オーストラリアで鬱になったとき、日本のテレビ録画をずっと見ていたっていう歴史があって、最初はすごく怖かったもん。

 

最初はちょっと寂しいけど、あとは自由しかない。

 

ま、地面を這っていたい人は、見といた方がいろいろためになります。これは皮肉じゃなくて。

 

桃サクラ
桃サクラ

48歳の射手座B型。作曲家、フルート奏者、スピリチュアル/ノンデュアリティスピーカー、デザイナー、通訳者、がんサバイバー。 2015年7月にいわゆる一瞥体験をする。すべての底が抜けて天地がひっくりかえるような、それでいてなにも変わらないような体験だった。 そして2016年9月にステージ1乳がんの診断を受ける。さまざまな自然療法、食事療法にトライし、セルフケアにひたすら励み、以前より健康になる。世界を舞台に様々な活動を展開中!