モーツァルトは喜び。

今日はツキイチのコンサートでした。楽しかった。

やっぱりそこがどこであっても「演奏する」のは尊い時間だし、喜びだと思う。

 

今日のプログラムは、

 

昔話(桃サクラ)

 

Always 三丁目の夕日のテーマ

 

孤独な鳥はくちばしを空に向ける(桃サクラ)

 

冬メドレー 冬景色〜雪の降る町を〜たき火〜冬の星座

 

モーツァルト ディヴェルティメント10番 第一楽章

 

 

最後のモーツァルトは先週編曲したての新しいレパートリー。

 

最近朝一番は必ずモーツァルトを聴いているの。もう一ヶ月くらいかな。

 

すんごくいいんだよねー。自由なの。遊んでるの。楽しいの。

 

そんなふうに聴けるようになったのはごく最近のこと。

 

それ以前は遊びとか楽しみとか喜びとか、感じる余裕も、気持ちもなかったから。

 

最近はもっぱらそれメイン(笑)

 

モーツァルトをシャワーのように浴びれば、そしてそれをちゃんと受け取れれば、きっと健康でいられる。音楽にはそんな力があると思う。

 

次回は2月20日です。またモーツァルトやります!!!

 

桃サクラ
桃サクラ

48歳の射手座B型。作曲家、フルート奏者、スピリチュアル/ノンデュアリティスピーカー、デザイナー、通訳者、がんサバイバー。 2015年7月にいわゆる一瞥体験をする。すべての底が抜けて天地がひっくりかえるような、それでいてなにも変わらないような体験だった。 そして2016年9月にステージ1乳がんの診断を受ける。さまざまな自然療法、食事療法にトライし、セルフケアにひたすら励み、以前より健康になる。世界を舞台に様々な活動を展開中!