自分と人を比べてはいけません

今朝衝撃を受けたビル・ゲイツの言葉。

この世界の誰とも自分を比較しちゃいけない。

 

比較するってことは、自分自身を侮辱している、ってことだ。

 

 

衝撃の後で怒濤の納得。

 

これほどまでに自分を、それはつまり神や宇宙を愛している人だからこそ、

 

あんな巨大なビジネスを運営することができる。

 

 

愛だよね。

 

誰かとか、世界とか、いろいろあるけど、まずは目の前にいる自分をそのままで、ありのままで、すべてを好きになるということ。

 

 

この言葉、少し前に聞いたら「そうそう」ってほぼ素通りだったと思う。

 

自分が自分をどんなふうに扱っているか、ってなかなか気づけないことだから。

 

今、今日から始められるよ。

 

さて、今日は大好きな私のツキイチのコンサートの日です。蕨ミヤコレコード京浜東北線蕨駅西口徒歩1分にて15時から。ワクワク。

 

 

インパクトの強い夢

昨日の朝方、号泣しながら目が覚めた。

 

なぜならば、飼っているコザクラインコのサクラが死んでしまう夢を見ていたから。

 

とっても悲しかったけど、なにかが、誰かが「死ぬ」夢っていうのは、良い夢。

 

なぜなら死と再生はいつだってワンセットだから。

 

死ぬということは、新しいものが生まれたということだから。

 

 

夢の中で、

 

「1年半の命だったね」

 

と何度も何度も言っていたの。

 

でもサクラの本当の年は3才。4月になったら4才。違うんだよね。

 

朝起きて、泣きながら「ん?なぜに1年半?」と考えてみた。

 

 

そしたら、がんだと言われてから来月3月で1年半なの。

 

うわ、それだわ!とピンと来たのでした。

 

1年半前に生まれたものがもう死んだんだよ、と夢は予告している。

 

さては・・がんかしら?

 

でもがんはもっと前からあったはずだしなー。

 

1年半前のあの日からすべてがひっくりかえったよ。

 

あの日以前の私がもうあまりよく思い出せないほど。

 

 

 

 

ちなみにこれがインコのサクラです。今日もとっても元気です。サクラだけど男の子。うちにやってきたときにはもう「サクラ」っていう名前がついていたの。

 

一緒にいられるときに、精一杯楽しく、優しく、笑顔で接すること。

 

サクラだけじゃなく、すべての人にそんなふうに接する。

 

だって今日が、これが、最後になることはじゅうぶんにあり得ることだから。

 

私たちには今しかないんだから。またこんど、なんてまぼろし。

My gift is… 才能とは。

Youtubeで動画観てたらえらいもんを見つけてしまった。

英語で字幕なしなのですが・・・

 

 

ここでOprahが言っているのは、

 

My gift is the ability to surrender to a will which is greater than myself.

 

(私の才能は、私を超えた大いなる力に委ねられるってことなのよ)

 

がつーーーーん。

 

今日羽生くんと宇野くんのスケート観てても、そう思いました。

 

才能というのは、つまりそういうもの。

 

自分を超えた大いなる力にすべてを明け渡せるということ。

 

そこに「私」はいない。

自分のケアをするということ

生ウコンを入れたシークレットデトックスドリンクを飲み始めて今日で80日!毎日毎日朝作って飲んでいます!

それ以前からパウダーターメリックでは飲み始めてたからそれ以来では93日。これです。

ターメリック入りシークレットデトックスドリンク

 

病気が分かって以来「えー私忙しいし」とか言ってられなくなったせいで、自分のケアに真剣に取り組めるようになった。

 

毎日、毎日、時間を取って、自分のケアをする。

 

ということは、自分にものすごく大切なものを「与える」ということ。

 

毎日早起きして、自分の身体のケアを徹底的にしてきた。誓って手抜きなし。

 

乳がんになったということは、私の中の女王様(女性性)が傷ついていたのだと思う。

 

受け取るばかりで、与えないということ。

 

または与えるばかりで、受け取っていないということ。

 

どちらにしても循環していない。バランスが悪い。

 

自分のケアをするということは、優しい王様のように、とにかく女王様を大切にするということ。

 

そして同時に女王様である自分自身が、それを身体で受け取るということ。

 

自分をたからもののように、扱うこと。

 

そしたらほんとうに体調が良くなって、王様も女王様も癒されてきて、ハッピーになってた。

 

がんにならなかったら、こんなに真剣に自分のケアをしたりしなかったな。

 

不調は当たり前じゃない。

 

「年だから」ってぼやく前に自分のために時間を作ること。

 

直感で、いちばん気持ちよさそうで、いちばん癒されそうなこと。

 

そうすれば王様も女王様もハッピーになって、あなたという王国が繁栄するのです。

 

だってあなたはこの世界のたからもの、だから。

 

私も、あなたも。

知らないって楽

都会に行ったら、バレンタインデー!とか言って人々が行列を作ってチョコレートを買いまくっていた。

 

すごい。従順!

 

私なんて甘いものから足を洗ってるわ、テレビも観ないわで、以前からそういったことには相当疎かったけどもはや知らんがなーの世界。

 

12月11日から観なくなって早2ヶ月。

 

オリンピックもやってるのね?

 

でも観れば観るほど迷うのがテレビ。(私の場合消耗すらしてたな)

 

ああ、知らない、ってほんと気楽。

 

その分いろんなことがくっきり見えるよ。

 

ただ、「知りません」って言えるってだけで、相当楽。

 

久々に聴いたカーディガンズ。この歌大好き。なつかしー。これ、ブリスベンにフルートコンベンションに行ったときにエンドレスで聴いてたからクイーンズランドの景色が見える。

 

自分を知っていけば、何が似合うかも分かってくる。

今日久しぶりに洋服の買い物に出かけたんだけど、

 

自分が欲しいものが変わっててびっくり。

 

私の場合、体型が完全に外人方面なので(分厚い)日本人の繊細なきゃしゃなお洋服はもともとお呼びで無いのですが、

 

やっぱりブランドもダンゼン海外だなーと今日改めて思った。

 

今日はベネトンで綺麗な黄色のニットを買って、

 

ビルケンシュトックでかっこいいサンダルを買い、

 

最後はZARAで、半袖を2枚。

 

そしてビンテージっぽい色合いが好きだ!ってこと、今まで気づかなかった。

 

アマゾンで「マーベラス ミセス メイゼル」っていうアメリカのドラマがあって。

 

 

 

このセッティングがほんとうに素敵なの!(ドラマも面白い)40’sか50’sの昔のアメリカのファッションがたくさん出てきて、みんなとっても美しい。

 

上品でシンプル、でもちょっとだけアートっぽいかっこいい服が好きなんだなぁ、と初めて知った。

 

自分を知っていけば、何が似合うかも分かってくる。

 

数年前にカラー診断してもらったのが大きな分岐点。ゆーっくりだけど少しずつ少しずつ分かっていく。素敵。

背中の痛みが意味するもの

今日は休日だし!ちょっと風邪気味?と思うところもあったので、「たくさん寝よう!」と決めてお布団に入った昨晩。

 

今朝8時まで寝てました!いつもは5時から5時半には起きてるし、8時まで寝ることはまずない。

 

とーってもすがすがしい目覚めでした!なぜなら・・・

 

背中がぜんぜん痛くない。

 

30代くらい頃からかな、たくさん寝ると背中が痛くて寝ていられなくなった。

 

 

「たくさん寝る」っていうのも相当体力を使うことなんだな、と悟りました。10代とか20代の頃は休みの日になるとたくさん寝てたのを思い出す。

 

でも今日久々に10時間以上とか寝て起きて、10代の頃みたいなすがすがしさだったのでなんだか自分でもビックリしたの!

 

体力というよりは、なんか身体自体が再生してきてる感じ。

 

背中、というのは、ルイーズ・ヘイの「Heal your body」によると、

 

「自分の人生に対するサポート」

 

を意味する。

 

背中の下のほうは「お金に関する怖れ」「経済的なサポート」

 

真ん中は「罪悪感」

 

上の方は「愛されていないと感じている」「精神的なサポート」

 

なんだそう。

 

こういう感情は背中にたまっていき、それが痛みとなる。

 

ええ、上も真ん中も下もぜーんぶ背負ってましたとも。

 

私がやったのは、気持ちを手放すこと。そして身体からへのアプローチ。

 

背中の痛みがない人生はもう長いこと生きてこなかったから「こんな楽でいいの?」という今日この頃。羽が生えたみたい。なにかをしようとするときに、軽やかに次の行動に移れる感覚。

 

背中にどっさり痛みを背負っている人、自分がピンと来たアプローチ、やってみる価値アリアリです。きっと今の時点で見たり聞いたり気になったりしてるはず。

 

あなたを引き止めているものを下ろそう。

 

ほんと、楽しいよー。

コリにはいろいろ入ってる

私はもともとヒジョーに身体が固いヒトだったのですが、

 

ヨガとか、ストレッチとかをちょくちょくやるようになって、

 

病気が分かる少し前から「胸を開こうキャンペーン」とか「前屈キャンペーン」とかそのときのマイブームがあって、

 

それは今も毎日起こっている。

 

最近も「筋膜フィットネス」なるものが私の中で流行っていて、びっくりするくらい背中が楽になった。

 

楽器をやっているせいもあるんだけど、この背中のコリは長年ほんとうにひどすぎて、肩甲骨なんてばっきばきだった。

 

で、それをほんとうに少しずつ、ちょっとずつちょっとずつ話しかけるようにほぐしていくと、

 

いろいろ出てくるの。

 

きっとコリって筋肉の張りとか筋膜が固まってるとかだけじゃなくて、

 

精神的なトラウマとか、いろんな記憶も、たっぷり入ってる。詰まってる。

 

それがほぐれるってことは、解凍されてくるのよねー。

 

今までのつらい記憶。自分という人間の定義、設定。

 

そしたら、いろんなことがほんとうに明らかになってきて、面白いほど。

 

そして新たに思う。

 

コリはつらい、痛い、と言いながら、ヒトはそれを手放したくない。

 

だから場当たり的にマッサージとか行ったりはするけれど、根本的なアプローチ(つまり毎日自分でコツコツほぐすとか)はなかなか出来ないし、しようとはしない。

 

これが自分なんだから、手放せるはずもない。

 

つらいけど、所詮つらいもんだよ、私の人生は、みたいな悟り(笑)

 

悟りでもなんでもないんだけど、それ(笑)

 

文字通り何十年も背負ってきたコリが取れて分かったこと。

 

コリのない、痛みのない人生は、びっくりするくらい楽で、楽しいってこと。

 

楽でいいんだ、楽しくていいんだ、ってこと。

モーツァルトは喜びと遊びのカタマリ

 

今、

 

めっちゃモーツァルトにはまってます。

 

 

今までは音大でやりすぎたせいか、「勉強」「研究対象」みたいな感覚が抜けなくて、音楽そのものをなかなか楽しめない自分がいたんだけど、

 

病気になって、

 

「喜び足りてない」

 

ことに気づいて。

 

「ええ、まぁ世の中だいたいそんなもんですよね」↓みたいな低いテンションが当たり前になってた。

 

はしゃぐ大人って日本にはあんまりいないし・・・(笑)

 

でも足もみで老廃物を流したせいなのか、喜びが戻ってきた感じ。

 

そんな状態でモーツァルトを聴いたら、もう喜びのカタマリ!

 

勉強とか研究、とかから自由になって向き合うとね、モーツァルトってめっちゃ遊び。

 

ふざけてるし、はしゃいでるし、遊んでるし。

 

しかも私、聴くだけじゃなくて、演奏まで出来るだなんて・・・感動(笑)すごくない?(笑)

 

今までちょっと忘れてたの、それ(笑)

 

研究とか勉強はマジメな方々におまかせして、私はめちゃめちゃ楽しいモーツァルトを満喫しようと思います。

 

なんで今まで「モーツァルトはむつかしい」で終わりにしてたんだろうなーもったいないもったいない。

 

だって、すべては開かれていて、自由なの。

 

モーツァルトの専門家ではないけれど、私はモーツァルトのことをとってもよく知っているのです。

 

近いうちに動画か音声あげるねー。一緒に喜びましょ♡

 

 

Treasure yourself.

自分を大切にする、ってなかなか出来ないことなんだね。

 

と、今日、煙草を吸っている人を見ながら思いました。

 

私は病気が分かってから、自分を大切する、ってことが毎日の一番の優先順位になった。

 

何を食べて、

 

何を食べないと、自分を大切にできるのか。

 

何をして、

 

何をしないと、自分に無理がかからないのか。

 

なかなか分からなかった。自分のことなのに。

 

少しずつ、ほんとうに少しずつ。毎日毎日毎日毎日。

 

そしてようやく少しだけ分かってきたよ。

 

自分を傷つけない方法もようやく分かってきたよ。

 

誰も私を傷つけられない。

 

自分が傷つけない限りはね。

 

自分を大切にしてね。Because you are my treasure.

 

Love from 桃サクラ