モーツァルトは喜びと遊びのカタマリ

 

今、

 

めっちゃモーツァルトにはまってます。

 

 

今までは音大でやりすぎたせいか、「勉強」「研究対象」みたいな感覚が抜けなくて、音楽そのものをなかなか楽しめない自分がいたんだけど、

 

病気になって、

 

「喜び足りてない」

 

ことに気づいて。

 

「ええ、まぁ世の中だいたいそんなもんですよね」↓みたいな低いテンションが当たり前になってた。

 

はしゃぐ大人って日本にはあんまりいないし・・・(笑)

 

でも足もみで老廃物を流したせいなのか、喜びが戻ってきた感じ。

 

そんな状態でモーツァルトを聴いたら、もう喜びのカタマリ!

 

勉強とか研究、とかから自由になって向き合うとね、モーツァルトってめっちゃ遊び。

 

ふざけてるし、はしゃいでるし、遊んでるし。

 

しかも私、聴くだけじゃなくて、演奏まで出来るだなんて・・・感動(笑)すごくない?(笑)

 

今までちょっと忘れてたの、それ(笑)

 

研究とか勉強はマジメな方々におまかせして、私はめちゃめちゃ楽しいモーツァルトを満喫しようと思います。

 

なんで今まで「モーツァルトはむつかしい」で終わりにしてたんだろうなーもったいないもったいない。

 

だって、すべては開かれていて、自由なの。

 

モーツァルトの専門家ではないけれど、私はモーツァルトのことをとってもよく知っているのです。

 

近いうちに動画か音声あげるねー。一緒に喜びましょ♡

 

 

桃サクラ
桃サクラ

作曲家、フルート奏者。射手座B型。 9歳からピアノ、作曲、10歳からフルートを始め、埼玉県蕨市立北小学校、蕨市立東中学校、川口北高校を経て、東京音楽大学器楽科フルート科卒業。その後15年間オーストラリアパースで演奏活動、フルート非常勤講師をつとめ、2009年帰国。創作・演奏活動の日々。