背中の痛みが意味するもの

今日は休日だし!ちょっと風邪気味?と思うところもあったので、「たくさん寝よう!」と決めてお布団に入った昨晩。

 

今朝8時まで寝てました!いつもは5時から5時半には起きてるし、8時まで寝ることはまずない。

 

とーってもすがすがしい目覚めでした!なぜなら・・・

 

背中がぜんぜん痛くない。

 

30代くらい頃からかな、たくさん寝ると背中が痛くて寝ていられなくなった。

 

 

「たくさん寝る」っていうのも相当体力を使うことなんだな、と悟りました。10代とか20代の頃は休みの日になるとたくさん寝てたのを思い出す。

 

でも今日久々に10時間以上とか寝て起きて、10代の頃みたいなすがすがしさだったのでなんだか自分でもビックリしたの!

 

体力というよりは、なんか身体自体が再生してきてる感じ。

 

背中、というのは、ルイーズ・ヘイの「Heal your body」によると、

 

「自分の人生に対するサポート」

 

を意味する。

 

背中の下のほうは「お金に関する怖れ」「経済的なサポート」

 

真ん中は「罪悪感」

 

上の方は「愛されていないと感じている」「精神的なサポート」

 

なんだそう。

 

こういう感情は背中にたまっていき、それが痛みとなる。

 

ええ、上も真ん中も下もぜーんぶ背負ってましたとも。

 

私がやったのは、気持ちを手放すこと。そして身体からへのアプローチ。

 

背中の痛みがない人生はもう長いこと生きてこなかったから「こんな楽でいいの?」という今日この頃。羽が生えたみたい。なにかをしようとするときに、軽やかに次の行動に移れる感覚。

 

背中にどっさり痛みを背負っている人、自分がピンと来たアプローチ、やってみる価値アリアリです。きっと今の時点で見たり聞いたり気になったりしてるはず。

 

あなたを引き止めているものを下ろそう。

 

ほんと、楽しいよー。

桃サクラ
桃サクラ

48歳の射手座B型。作曲家、フルート奏者、スピリチュアル/ノンデュアリティスピーカー、デザイナー、通訳者、がんサバイバー。 2015年7月にいわゆる一瞥体験をする。すべての底が抜けて天地がひっくりかえるような、それでいてなにも変わらないような体験だった。 そして2016年9月にステージ1乳がんの診断を受ける。さまざまな自然療法、食事療法にトライし、セルフケアにひたすら励み、以前より健康になる。世界を舞台に様々な活動を展開中!