不安なときは検索しないこと

乳がんが発覚した直後、私は死ぬほど検索をしていた。

 

キーワードはもちろん、「乳がん」「治療」「ステージ」などなど。

 

不安がつのって、しないではいられなかったんだよね。

 

でもあるとき、狂ったように検索してて、ふと気づいたらものすごーく身体が冷えていたのに気づいた。

 

9月だったのに。暑い日だったのに。

 

それではっと気づいた。

 

「これは・・・良くない。免疫が下がってる。病気が悪くなる」

 

その瞬間からもう、検索は一切やめたのでした。

 

入ってくる情報だけ信頼して受け取る。自分から探しに行かない。

 

そしたらびっくりするくらい平和になって、身体も冷たくならないし、体温も上がるし。

 

検索って、誰かがしていることを調べることで、

 

それは自分が正しいかどうかを確かめたいのだし、つまりは人と自分を比べる、ってこと。

 

誰とも比べなくていい。

 

結局は私しかいない。

 

乳がんも他の病気も、罹った人の数だけあって、ひとつも同じではない。

 

オリジナルで唯一無二なもの。

 

今日の午後、今始めようとしているプロジェクトに似たものを検索してたら、どん底級に憂うつになって、ふと気づいたの。

 

うっ、検索してるじゃないか!不安なのね、私?

 

即刻ストップした。もうしません。

 

大切なのは身体の免疫が高いこと。

 

準備が出来ているということ。

 

そうすればたいていどんなことだって出来ます。

 

検索は電車の時間くらいにしておこうね。必要最低限のことだけ知っとけば良い。

 

不安になったら、検索より、深呼吸。免疫上がるよ。

 

明日は三ヶ月に一度の検査だ。良くなってるってわかってるけど、ちょっとナーバス。

 

桃サクラ
桃サクラ

48歳の射手座B型。作曲家、フルート奏者、スピリチュアル/ノンデュアリティスピーカー、デザイナー、通訳者、がんサバイバー。 2015年7月にいわゆる一瞥体験をする。すべての底が抜けて天地がひっくりかえるような、それでいてなにも変わらないような体験だった。 そして2016年9月にステージ1乳がんの診断を受ける。さまざまな自然療法、食事療法にトライし、セルフケアにひたすら励み、以前より健康になる。世界を舞台に様々な活動を展開中!