フルートコンチェルト 桜

明日はツキイチの認知症予防コンサート。15時から蕨駅西口ミヤコレコードにて。

 

今回どうしても「フルートコンチェルト 桜」をやりたいと思った。

 

この曲は2016年の夏にずっと書いていて、書き上げたとき、

 

「これは・・・ヤバイ。なんかあるぞ絶対あるぞ」

 

と感じて、完成した2日後に検診に行ったら、やっぱり乳がんが見つかったという曲。

 

 

久しぶりに吹いてみたら、

 

むつかしくて吹けない。唖然。

 

曲に「なめんなよ」と言われたような感じ。

 

私の曲だからといって、私のものではないのだ。

 

そうだよなーあれからこの夏で2年経つんだし。

 

「ヤバイ」と感じたそのワケはこれから明らかになっていくだろう。

 

今の私は私で全力で向き合わなくちゃ。

 

自分で書いた曲だけど、自分で書いた曲だから、そのすごさは一番よく知っている。

 

説得しようとも、分かってもらおうとも思わない。

 

ただ、特別な曲なのです。

 

 

この曲に向き合える自分でいたい。

 

ちょっとサムライっぽいぞ。

 

桃サクラ
桃サクラ

作曲家、フルート奏者。射手座B型。 9歳からピアノ、作曲、10歳からフルートを始め、埼玉県蕨市立北小学校、蕨市立東中学校、川口北高校を経て、東京音楽大学器楽科フルート科卒業。その後15年間オーストラリアパースで演奏活動、フルート非常勤講師をつとめ、2009年帰国。創作・演奏活動の日々。