朝から血管も元気!!

さぁ今日からケトルベルファイナルエピソード6!ケトルベルスナッチ!

 

スナッチ!で上でホールドするのはなかなかにキツイ!

 

しかもケトルベルを持ったままスクワットしたり、ツイストしたりする。それもキツイ!

 

また一週間楽しみたいと思います!うおーついにここまで来たぜ!!

 

でねでねでね!!!直後の血管!!!自分史上最高に見えたので思わず撮った・笑

 

 

これ、本当にミラクルレベルなんです!!今までずーっと「え?血管どこ?」っていう状態だったので。

 

献血したい。

 

身体の中の変化は目で確認できないけど、こうやって表面上が変わっていくって中ではより劇的な変化が起こってるんじゃないかしらん?!

 

うわー私、昨日注射打ったし、消耗したと思ったけど、朝から元気だわー!!!

 

なんだったらいつもより元気だわ!!!笑

 

この勢いでこれから通信講座の説明動画撮影します!近々公開しますねー!!

それが副作用であれ、体質改善であれ、

今日はホルモン療法の注射リュープリン2回目を打ちに病院に行って来ました。

 

満員の待合室で2時間待たされかなり消耗・・・

 

したと思ったけど、帰ってきてバナナ食べたら治った。腹減ってただけ?(笑)

 

最近自分の単純さが愉快すぎて笑う(笑)

 

副作用らしい副作用はないのだけど、汗をかくのも副作用だと言われた。

 

んーでもそれ、どっちでもよくね?(笑)

 

ただ私は万年冷え性だったので、こんなに汗をかくのは小学生以来なので、新鮮でちょっと嬉しい。

 

それが副作用であろうと、体質改善であろうと、

 

自分が「よし」と思えて、ほんとうに健康だと感じるのなら、どっちでもいい。

 

自分の体調のエクスパートは私だ。先生じゃない。

 

先生は「変わってないよね」と何度も言うけど、実はそれは「良いこと」として言っているらしい、というのを今日感じた。

 

私は「治ってない」って感じで受け取っちゃうんだけど、違うよね。悪くなってない、ってだけでサイコーなんだよね!ガンなんだし!

 

でもそろそろ病気やめたい!卒業したい!と今日本気で思った。

 

よし、やめるぞ。

今日は肉の日だったのね

コンサートの日のランチはいつも向かいのモスバーガーと決めている。

 

グルテンフリーのレタスバーガーを頼むのだけど、今日は29(肉)の日だったので、にくにくにくバーガーがあったのです!

 

 

これ、ほんとうに肉ばっかり!レタス以外は肉!

 

ボリュームばっちりで、食べ応えがありました。私はハラペーニョ入りスパイシー!

 

コンサートは楽しく終了。店内改装してちょっとスペースが広くなったので、響きがちょっと変わってて吹きやすかったです。

 

今日のプログラム。

 

モーツァルト ディベルティメントK137

 

夏メドレー 浜千鳥 庭の千草 ふじの山

 

ま、いっか

 

私のために扉は開く

 

サウンドオブミュージックメドレー

 

サウンドオブミュージックのときに、音楽の中に入り込みすぎたのか、一瞬聴く人になってて、自分のパートを吹き忘れるという前代未聞の事態に!(笑)

 

自分でアレンジして楽譜も書いたのに!

 

これには、自分でもびっくりしました。

 

最近自分にびっくりすること多し。

 

私はまだまだおもしろい。

 

計りたくないし、計られたくない

「だって、普通はそうじゃない?」

 

と、今日ある人との会話の中で同意を求められたんだけど、

 

「いや、それはあなたの普通ですよね?」

 

と思った。

 

人は誰でも自分の尺度というものを持っている。

 

その「ものさし」をことあるごとに持ち出してきて、うん、これはいける!とかこれはだめだよ!とか、普通だよね、とか異常だよ!とか言って闘ったり逃げたりする。

 

私の学校生活の大部分がこれだった気がする。

 

もうちょっといわゆる「普通」だったらよかったんだろうけど、いろいろ独特すぎて(笑)

 

自分にとって大切だと思っているものを「普通じゃない」って否定されて傷ついたりとか。

 

テレビ番組でも「うん、これは普通」「これはおかしいでしょ」とかをずーっと計りまくってて大変そうなのが多い(笑)

 

でも人間がいればその数だけものさしはあって、誰かと全く同じものさしは誰も持っていないから、求めても求めても違いばかり目につく。

 

それにだんだん息苦しくなった私は、少しでも長い「ものさし」を持ってきて、大きなものでも対応できるようになりたい、と思ってがんばってみた。

 

でもそれがどんなに長くても結局は計ってるわけで、そして計っているということは、計られているということ。

 

そのうち

 

「もう計りたくないし、計られたくないよなー」

 

と思うようになった。

 

 

今はもう「ものさし」どこに行ったかわからない。

 

普通なんて、どーでもいい。

コンブチャでさらに快腸生活

寒い間はお休みしていたコンブチャを再開しました。

 

 

濃く煮出した紅茶にお砂糖をたくさん入れたものを数日放置する。

 

砂糖を入れすぎるとアルコールが発生して酔うので(笑)ちょっと控えめに。

 

もっとシュワシュワさせたいんだけど、コツとかあるのかな。

 

新しいスコビー(紅茶キノコ)を手に入れて新しい菌にしたい気もする。

 

最近そういう心境なのです。いつものやり方じゃなくて、新しい方へ、今まで試したことない方向に行きたい。

 

コンブチャなしでも快腸だけど、さらに行くわよー!

 

発酵食品は毎日必ず、がお約束です。

次回の認知症予防コンサートは5月29日

ツキイチ開催の認知症予防コンサート!

 

毎回美しい映像と、フルートとオーボエの美しい音色と、ためになる栄養の話で構成しています!

 

5月は29日!

 

曲は・・・今張り切って準備中!ここでしか聴けない名曲たちです。

 

生演奏に触れる生活って本当に贅沢だと思います。是非いらしてくださいね!

楽しいTシャツ作り

自分でTシャツをデザインするのが好きなのです!数年前はたくさん作って銀座で販売していたこともあるのです。

 

私のは、アファメーションTシャツ。好きな文章を入れる。

 

今回は2枚。Life loves meバージョン!

そしてうすピンクで、LOVE。

Tシャツがもともと好きで、街行く人々のTシャツに書いてある文字を見ては、「ふむーそう来たか!」とかよくメッセージを受け取っています。

 

英語だからなのか、みんな無防備に大胆なメッセージを胸に歩いているのがいいんだなこれが!

 

年配のおじいさんっぽい男性が「頂点を目指す!」とかマッチョなの着てたりする!そういうのを見るのが大好きです。

 

今オリジナルTシャツでいくつかサイトを試していて、サンプルのように1つずつ作ってる。息抜きにそのデザインするのがとっても楽しい!

 

ノンデュアリティ系のメッセージバージョンをいろいろ作りたいな。Tシャツのカジュアルさとメッセージの深みと広がりが良い感じ。

筋トレとヨガ、男性性と女性性

ケトルベル、今朝から5つめ、Kettlebell Overheadに突入。

我ながら筋肉がついてきたのを実感していることもあって、5つめはベルを上にあげるのも、そんなにきつくなかった。すげー自分!

 

4つめでたくさん出てきた腕立て伏せもかなりできるようになったし。最初の筋肉痛ときたら、えらいことだったけど、毎日やってると筋肉ってちゃんと育つのね〜。愛しいわぁ。

 

終わると腕の血管を見て悦に入ってます♡今ならいつでも点滴、採血OKかも!うふ。

 

筋トレって外に向かっていく感じ。陽であり男性性だよね。男子でも男性性の強い人は筋トレ好きだったりする。

 

一方ヨガは内に向かう女性性、陰なの。私の通ってるスタジオも、女性専用だもんなー。

 

男子でも女子でも人によって男性性と女性性のバランスって違う。それを個性って呼ぶんだと思うけど、大切なのはバランス。

 

自分の中で心地良くバランスが取れていればそれでいい。

 

そういえばEFTと瞑想も陽と陰だ!

 

男性性と女性性、いろんなツールでうまくバランスを取ると体調とかも変わってきます。

 

今私が欲しいのはダンゼン男性性パワー!外へ!動きたい!って感じ。(ま、ようやく、って感じだな!)

無理をしているということは、無理をしていることに気づかないこと

あなたが大切にしている価値観はなんですか?という質問。

 

ベスト3をあげてみてください。

 

例としては、

 

経済的豊かさ、正しさ、一体感、成果、協調、真実、創造性、勇気、チャレンジ、安定、好奇心、オリジナリティ、貢献・・などなど。なんでもいいです。

 

価値観って何が大切か、ってことなので、なにかを決めるときとか、これが優先順位になっているはず。

 

私も直感でぱっと挙げてみたら・・

 

1.無理がないこと

 

2.満足すること

 

3.自由

 

デシタ。

 

1位が、「無理がないこと」っていうのが自分でもビックリよ。

 

もっとぎらぎらした野望を持っているかと(笑)

 

でもね、ゆっくり考えてもやっぱり「無理がない」のが一番。

 

無理をしていなくて自然で、ありのままであることが一番大切!

 

自分が無理をし続けていた時はまったく気がつかなかったことなんだけど、無理をしている人って、

 

息苦しい。

 

呼吸が浅い。声が出てない。実際苦しいはずなんだよね。

 

そして本人はまったくそれに気づいていない。そもそも、

 

無理って気づいてないから無理なんだよ。

マジで溺れそうなときって、溺れてる?!って気づかないってこと。怖。

 

自然とかありのままであるってことは、なにもしない、ってことじゃない。

 

自分にとってなにが無理で、何が大丈夫なのか知ること。

 

人は関係ない。自分だけ、自分のわがままでいい。自分の基準。

 

わかったら無理をとっととやめて、自分を解放してあげること。

 

全ては勝手にうまく行く。流れていく。ひとりでに。それが自然の姿。

感受性を磨くためには

村上春樹さんが、読者から送られてくるメールに受け答えをする「村上さんのところ」Kindleで毎日ちょっとずつ読んでいる。たくさん入ってるからずーっと楽しめる。

 

 

なんだか癒されるんだよねー。ユーモアも素敵。

 

一昨日こんなやりとりを見つけた。

———————-

こんにちは、私は演劇に関わっていきたい女子大生です。村上さんの作品は語感や言葉選びが素晴らしいものばかりだと思います。そこで今まで表現するための感受性をどのように磨かれましたか?

(女性 18歳、大学生)

そして村上さんの答え。

感受性を身につけるためには、努力が必要です。何かが欲しいと思ったら、こちらも何かを差し出さなくてはなりません。大事なものがほしければ、大事なものを差し出す必要があります。ただほしいと思って身につくものではありません。僕はそれを「身銭を切る」と表現しています。もっと簡単に言えば、「痛い思いをして体で覚えていくしかない」ということです。ある程度痛い思いをしないと身につかないことってあるんです。

どんな痛い思いか?それは人によってそれぞれ違います。ひとつだけ言えるのは、気持ちよく生きて、美しいものだけを見ていても、感受性は身につかないということです。世界は痛みで満ちていますし、矛盾で満ちています。にもかかわらずきみはそこに、何か美しいもの、正しいものを見出したいと思う。そのためには、きみは痛みに満ちた現実の世界をくぐり抜けなくてはなりません。その痛みを我が身にひりひりと引き受けなくてはなりません。そこから感受性が生まれます。

少なくとも僕はそのように考えています。No pain, no gain.ということです。僕がきみくらいの歳のとき、何かを書こうと思っても、何も出てきませんでした。でも29歳になったときに、何かを書きたいと強く思いました。たぶんいろんな苦痛が、僕を成長させてくれたのだと思います。

村上春樹拝


私も痛みを我が身にひりひりと引き受けてきたよ!という自負がある。

 

でもそれを私は結局のところ求めていたんだと思う。

 

誰かのことを深く理解できるのも、曲が書けるのも、感受性のおかげ。

 

だから「若い頃の自分に戻る?ジョーダンじゃないっすよ!」といつも思ってる。

 

昨日だっていやだ、今日がいい。今の私サイコー♡