ずっと風邪が治らないときの理由

ずっと風邪が治らない、と友達が言った。

 

彼女は人間関係に悩んでいて、忙しい日々を送っている。

 

今までたくさんの「ずっと風邪が治らなくて」っていう人に出会ってきたけれど、すべては

 

☆人間関係に悩んでいる

 

☆言いたいことが言えていない

 

☆自分の価値がチャレンジされている

 

っていう共通項がある。

 

風邪がずっと治らない、っていうのは「異常事態」だ。普通なら身体の免疫機能が風邪のウィルスをやっつけてくれるから、しばらく安静にしていれば自然に治る。

 

でも治らない、っていうのは、免疫が負けちゃってるってこと。

 

えー、免疫が負けてしまって、がんにまでなってしまった経験者としてはですねー(笑)

 

さっさと言いたいこと言ってください。以上!

 

え?そうもいかないって?

 

え?そんなこと言ってられる場合ですかね?「異常事態」Emergencyですよ?機内の荷物のことはあきらめて一目散に逃げないと!!

 

実際身体の中ですでに「負けている」わけだから、認めて、白旗あげて、「だめだわ、私、降参」って言っちゃってください。

 

そこでやる気出して闘わない!闘うところじゃない、そこ(笑)

 

自分を守るためには、闘うんじゃなくて逃げてください、いさぎよく。

 

私は常に逃げの一手。気づくともういない(笑)

コメントを残す