それが副作用であれ、体質改善であれ、

今日はホルモン療法の注射リュープリン2回目を打ちに病院に行って来ました。

 

満員の待合室で2時間待たされかなり消耗・・・

 

したと思ったけど、帰ってきてバナナ食べたら治った。腹減ってただけ?(笑)

 

最近自分の単純さが愉快すぎて笑う(笑)

 

副作用らしい副作用はないのだけど、汗をかくのも副作用だと言われた。

 

んーでもそれ、どっちでもよくね?(笑)

 

ただ私は万年冷え性だったので、こんなに汗をかくのは小学生以来なので、新鮮でちょっと嬉しい。

 

それが副作用であろうと、体質改善であろうと、

 

自分が「よし」と思えて、ほんとうに健康だと感じるのなら、どっちでもいい。

 

自分の体調のエクスパートは私だ。先生じゃない。

 

先生は「変わってないよね」と何度も言うけど、実はそれは「良いこと」として言っているらしい、というのを今日感じた。

 

私は「治ってない」って感じで受け取っちゃうんだけど、違うよね。悪くなってない、ってだけでサイコーなんだよね!ガンなんだし!

 

でもそろそろ病気やめたい!卒業したい!と今日本気で思った。

 

よし、やめるぞ。

桃サクラ
桃サクラ

作曲家、フルート奏者。射手座B型。 9歳からピアノ、作曲、10歳からフルートを始め、埼玉県蕨市立北小学校、蕨市立東中学校、川口北高校を経て、東京音楽大学器楽科フルート科卒業。その後15年間オーストラリアパースで演奏活動、フルート非常勤講師をつとめ、2009年帰国。創作・演奏活動の日々。