一番楽しいところはパフォーマンス

11月9日のコンサートの楽譜製本をせっせとしていました。

 

絶望、という名の曲。

 

この青いのは、ドットライナーというもので、テープのり。

 

ほんとうに素晴らしい。

 

簡単にびーっと貼れて、ぴったりつく。

 

 

 

 

コイツのおかげでものすごく早く終わったよ!これからのりはこれにする!

 

今回の小泉八雲は、楽曲はもちろん、文章の翻訳も担当したので、その後ろにはものすごい量のエネルギーがあると、製本していて感じた。

 

やっぱりすべては熱量。

 

とにかくひとつひとつ、単純作業でも楽しんでやろう!と心がけている。

 

ひとつひとつ、丁寧に、慈しむように。

 

ああこれであとは練習するだけだ!全部楽しいけど、一番楽しいところは、やっぱりパフォーマンス♥️

タグ:
桃サクラ
桃サクラ

作曲家、フルート奏者。射手座B型。 9歳からピアノ、作曲、10歳からフルートを始め、埼玉県蕨市立北小学校、蕨市立東中学校、川口北高校を経て、東京音楽大学器楽科フルート科卒業。その後15年間オーストラリアパースで演奏活動、フルート非常勤講師をつとめ、2009年帰国。創作・演奏活動の日々。