アーティストにマネージャーがつくわけ

昨日はリハーサルで新宿の方に行っていたのだけど、打ち込みすぎたのか、帰りの電車で

 

立ってたのに、

 

起きてたのに、

 

携帯も本も見てなかったのに、

 

フツーに乗り越してしまったよ!(笑)

 

ほんとうにビックリしたよ!

 

時空がゆがんでるの。

 

演奏しててもずっとそうだったの。

 

どこか知らないところに行って、帰ってくる。そのたびに。

 

行きっぱなしになりそうで怖いっす。

 

小さな私が把握していることなんて、ほんのちっぽけなんだろうなー。

 

演奏はそれでいいし、そうあるのが本来の姿かなとは思うけど、

 

社会で暮らすのはかなりむつかしくなる模様(笑)

 

電車は・・・なかなか帰れないし(笑)

 

これからリハーサルを含む演奏のときは誰かに連れて帰ってもらうことを検討しようと思った。

 

アーティストにマネージャーがついているのはこういうわけです。

 

今まで「ちゃんとしなくちゃ!」と思って、両立しようとがんばってきたけど、もうあらゆる意味でがんばるのをやめたくなった。

 

がんばるのツカレル。最近はそんな感じ。

桃サクラ
桃サクラ

48歳の射手座B型。作曲家、フルート奏者、スピリチュアル/ノンデュアリティスピーカー、デザイナー、通訳者、がんサバイバー。 2015年7月にいわゆる一瞥体験をする。すべての底が抜けて天地がひっくりかえるような、それでいてなにも変わらないような体験だった。 そして2016年9月にステージ1乳がんの診断を受ける。さまざまな自然療法、食事療法にトライし、セルフケアにひたすら励み、以前より健康になる。世界を舞台に様々な活動を展開中!