スピリチュアルな小泉八雲氏。

いよいよ今週にせまってきた「フルート・オーボエ・ピアノ・朗読で楽しむ小泉八雲の世界」コンサート!

 

当日券ございます!是非いらしてくださいね。

 

今プログラムの間のトークで何をしゃべるか考えているのだけど、知れば知るほどスピリチュアルな小泉八雲氏。

 

 

初めて日本に来て「小さな妖精の国のようだ」と感じた彼は、来日初日のうちに長期の滞在を決意したと伝えられていて、親しい友人に、

 

「私が東洋に来ているとは想いもよらぬことでしょうが、ここは、私の霊が一千年もいる所のような気がします」

 

と手紙を書いたそうな。

 

 

初めて行った場所なのに、「ここは!」って感じること、よくあるよね。

 

私にとってはこの前初上陸したヨーロッパがそうだったなー!以前から惹かれる場所だったのに何故か行けなくて、タイミングが来てやっと行けたら全ての謎が解けた気がした。

 

縁のあるところには必ず行くようになっている。

 

それは霊が先に行っているのね。八雲風。

 

オーストラリアで2007年に初演して以来の再演になるのだけど、私もオーストラリアで暮らしてなかったらこの八雲さんの「日本ってすごいね!」っていう視点に同調できなかったかもしれない。着物も着てなかったかも。

 

日本を外から見たからこそわかることっていっぱいあるのです。たしかに日本は妖精の国なのかもしれない!

 

そしてその外からの視点って、内にいるから気づけない私たちに本当にいろんなことを教えてくれるのです。

 

いつもマインドでいっぱいになっちゃってる忙しい心に、ちょっとゾクッとするようなスピリチュアルな風が吹きますよ。

 

11月9日にお会いしましょう。

 

そうそう、桃サクラ特別グッズも作ってみたの!当日販売しますのでお楽しみに!

桃サクラ
桃サクラ

作曲家、フルート奏者。射手座B型。 9歳からピアノ、作曲、10歳からフルートを始め、埼玉県蕨市立北小学校、蕨市立東中学校、川口北高校を経て、東京音楽大学器楽科フルート科卒業。その後15年間オーストラリアパースで演奏活動、フルート非常勤講師をつとめ、2009年帰国。創作・演奏活動の日々。