自分から目をそらさないということ

今日ふと、思った。

 

一歩も引かない強さが欲しい。

 

って。

 

10才からずーっとパフォーマンスをやってきて、舞台の怖さは身にしみている。

 

どんなに練習しても、どんなにがんばっても、本番で緊張しちゃうとなにも出来なくなるこの無情。

 

それで失敗もいくつもしてきたから、そのたびに「あーメンタル強くなりたい!」って思ってきた。

 

本番に慣れることと、メンタルが強くなることは違う。

 

本番に慣れるというのは、ごまかすことがうまくなるということ。(こんだけ長くやってるとねー)

 

今日姿見を見ながら練習していて気づいた。

 

「自分から目をそらさない、ってすごく怖いな!」って。

 

つい自分から目を背けて、とりあえず人に文句を言って落ち着きたい(笑)みたいな。

 

つい自分を見ないようにして、今ここ以外のどこかにいる理想の自分を探したりだとか。

 

いくらでも出来るけど、今ここ、目の前にいる自分から目をそらさない、って相当キツイ。

 

情けないところも、ことあるごとにネガティブに走る傾向も、あっけなくガクガクブルブルになるところも全部わかってるのが自分だから。

 

でも今私が欲しいのはその強さ。

 

 

どんな私でも、まずは見つめる。認める。そこでがっかりするかもしれない。時には絶望するかもしれない。

 

でもその上で、私は私から決して目をそらさない。

 

そらさないまま、私のままで、そのまんまで、大胆にも進んでいく。

 

それが今日の誓い。

桃サクラ
桃サクラ

48歳の射手座B型。作曲家、フルート奏者、スピリチュアル/ノンデュアリティスピーカー、デザイナー、通訳者、がんサバイバー。 2015年7月にいわゆる一瞥体験をする。すべての底が抜けて天地がひっくりかえるような、それでいてなにも変わらないような体験だった。 そして2016年9月にステージ1乳がんの診断を受ける。さまざまな自然療法、食事療法にトライし、セルフケアにひたすら励み、以前より健康になる。世界を舞台に様々な活動を展開中!