コンサートってこんなに楽しくていいんだ!

昨日「小泉八雲の世界」終了しました!

 

出演者の皆様と。ベストチームね!

 

 

夜はこちらの銘仙。

 

 

昼夜二回公演でしたが、昼は昼で、夜は夜でよかった。お客様の反応も全然違っていたし。

 

差し入れで「お花のババロア」をいただいたの!なんて綺麗なの!

 

 

しかも、これ綺麗なだけじゃなくて、美味しかった。

 

先日のゴディバと美味しいおせんべいと。他にも実家の庭の木から今朝取ってきた柿もあって、豪華でした。

 

「小泉八雲の本を読んでみようと思った」と何人もの人に言われて、それがとっても嬉しかった。

 

世界観を感じてくださったのかなと思うから。

 

演奏的なことでは、ほんとうに一切緊張というか、プレッシャーを感じていなくて、音をひとつも間違えなかった。2公演、トータル4時間だったのに!

 

音楽家生活長いけど、初めてのことです。ちょっと自分でも信じられなくて。

 

すごくゆる〜い感じで、テンションがまったくどこにもなくて、ほんわりまるーい中でただ楽しく自由にしてただけ、って感じ。

 

ずーっと「集中」「集中しなさい!」って教育されてきた。でもそれって「緊張」とか「プレッシャー」をどうしても伴ってしまう。

 

こんなゆるくていいんだ〜。楽しくていいんだ〜。

 

ってすごく幸せだったなー。フルート大好き♥️だし、音楽大好き♥️愛してる♥️♥️と思った。

 

終わったとき、お客様達の目がうるうるとうるんでいて、きれいでした。瞳は嘘をつかないのです。

 

ミラクルをずっと感じていた素敵な一日でした。ありがとう。

 

桃サクラ
桃サクラ

作曲家、フルート奏者。射手座B型。 9歳からピアノ、作曲、10歳からフルートを始め、埼玉県蕨市立北小学校、蕨市立東中学校、川口北高校を経て、東京音楽大学器楽科フルート科卒業。その後15年間オーストラリアパースで演奏活動、フルート非常勤講師をつとめ、2009年帰国。創作・演奏活動の日々。