コンサートの感想と、1ミリも謙遜しない私

金曜日のコンサートに来てくださった方からいろいろな感想をいただいた。

 

「生き方が素敵で魅力的だと前から憧れていました」

 

きゃー!初めて言われました!!生き方が素敵だなんて?!

 

どちらかというといつでも髪振り乱して、目の前のことだけ必死!という感じで全く優雅ではないけれど・・・

 

でもすっごく嬉しいなー!!!(素直)

 

「月の見えるところで月と一緒にコンサートしてください」

 

はー、面白い!と思った。初対面の方だったけど、私になにか「月」的なものを感じてくださったのだろう。

 

確かに、私、太陽より月、って感じだし。

 

月が見えるお寺のような場所で、着物でフルートを吹いている自分が見えたので、実現しそうです!

 

「声がいいです。トークの声が」

 

ほ、ほんとですか?!私の声、低いし、特に良い声というわけでもないだろうけど、それはまぎれもなく私の波動。

 

波動を心地良いと感じてくださったのでしょう。

 

地元開催だったので、近所のおばちゃんとかおじちゃんとか、レコード屋のお客さんとかがたくさん来てくださったのだけど、みなさん、あれ?どうしたんですか?っていうくらい遠巻きに見て、遠慮がちに

 

「よくがんばったね」

 

的なことを言ってくださっていた。

 

たぶん、今までの私とはかなり違っていて、ちょっとびっくりしたんだろうと推測される。

 

そうやって周りのリアクションを見ると、自分の中になにがあるか分かる。映ってるから。

 

素敵なことを次々言ってくださる方々を見て、

 

すごいわぁ、私!

 

と素直に感動しております。「いやいや私なんて」とか謙遜は1ミリもしないの。うふふ♥️

 

桃サクラ
桃サクラ

作曲家、フルート奏者。射手座B型。 9歳からピアノ、作曲、10歳からフルートを始め、埼玉県蕨市立北小学校、蕨市立東中学校、川口北高校を経て、東京音楽大学器楽科フルート科卒業。その後15年間オーストラリアパースで演奏活動、フルート非常勤講師をつとめ、2009年帰国。創作・演奏活動の日々。