洗練されていて美しいもの

昨日は日本ダブルリード協会の50周年記念パーティーで、リッツカールトンに行って来ました。

 

 

初めて行ったけど、すべてがゴージャスだった。トイレなんて素晴らしすぎて住みたいと思うくらいだった(笑)

 

主催者の配慮が行き届いた素晴らしいパーティー。フルーティストの私が何故参加しているかというと、通訳をさせてもらっているから。(今日もこれから行ってきます)私まで呼んでくださるなんて、光栄。

 

お着物で出席されている方もいらっしゃって、じろじろ見たりして堪能。リッツカールトン級のお着物って、ただただもう、素敵♥️

 

イルミネーションも綺麗だったー。

 

ピンクのツリーかわいい。

 

やっぱり「場」の持つチカラってある。隅々までピカピカに磨き上げられていて、スタッフも全員とても感じが良く、置いてあるものひとつひとつがしっかりと手のかかった高級品。そういったものに触れると、いろんなものが自分の中で活性化するのが分かる。

 

今まで眠っていたものが目覚める感じ。

 

やっぱり私はこんなふうな洗練された美しいものが好きだなと思う。

 

そして私たちは誰でも、好きだと思うものをもっともっと求めていいのです。

 

近いうちまた行こうっと。

桃サクラ
桃サクラ

作曲家、フルート奏者。射手座B型。 9歳からピアノ、作曲、10歳からフルートを始め、埼玉県蕨市立北小学校、蕨市立東中学校、川口北高校を経て、東京音楽大学器楽科フルート科卒業。その後15年間オーストラリアパースで演奏活動、フルート非常勤講師をつとめ、2009年帰国。創作・演奏活動の日々。