とにかくノートに書き出してみる

9月から毎日考えたりすることを書くようになった。ただいま三冊目。

 

 

たいていどこにでも持ち歩いていて、なにか出てきたら書く、という感じ。

 

とってもパワフルです。書くとね、やっぱり違う。

 

思ったことなんでも書いちゃうけど、特にパワフルなのは、

 

「今確かに起こっていること「だけ」を書く」

 

という方法。

 

感情的になっていて自分の自爆パターンが現れそうなときとか、落ち込んだときに特に効果的。

 

書いてみるとね、実はなにも起こってなくて、すべてはものすごく単純なことなんだ!ということがわかる。

 

ただ心の中がいろいろな解釈とか、予測とか、記憶とか、トラウマとかでいっぱいで、ごちゃごちゃで、複雑に見えるだけ。

 

書き出してみると、「あれ?」って(笑)なんだ、こんなことだったんだ、パニックって怖いね?って思う。別に特に大丈夫じゃん、と気づける。

 

ノートを書くようになって、自分がそこはかとない自爆パターンを持っていることがわかった。これはほんとに大きいこと。なんどノートで乗り越えられたか分からない。立派なセラピーだ。

 

あとは漢字が書けるようになったのがいい感じ♥️文字ってパワフルです。

桃サクラ
桃サクラ

作曲家、フルート奏者。射手座B型。 9歳からピアノ、作曲、10歳からフルートを始め、埼玉県蕨市立北小学校、蕨市立東中学校、川口北高校を経て、東京音楽大学器楽科フルート科卒業。その後15年間オーストラリアパースで演奏活動、フルート非常勤講師をつとめ、2009年帰国。創作・演奏活動の日々。