明治神宮とつながる

今日は大好きな表参道へ。

 

おしゃれランチを食べたり、

 

 

 

 

 

 

 

 

表参道ヒルズのツリーを見たりして、都会を満喫。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表参道のあたりって、「気」が良い感じで、好きなんです。通りが良いというか。

 

で、ちょっと気が向いたので、明治神宮へ。人生2回目。

 

なんてすがすがしい清らかさ!

 

 

 

 

 

 

 

実は私、明治神宮苦手だったんです。7,8年前に一度行ったとき「違う・・・」と感じて。

 

でも今思う。

 

一体なにが違ったんだ?!

 

ってね。こんな素晴らしい場所が合わないなんて、やっぱり私側のせいでしかない。

 

最近、ちょうど7,8年ぶりに会った人がいたんだけど、後日その人のお母さんから、

 

「桃さんってとっても素敵!って娘が感激してました。でも、前回会ったときは正直苦手だったんですって」

 

って聞いて、うむむ〜って。私も苦手だったから(笑)

 

お互いが変わったんでしょうね〜。私もとっても違った印象でびっくりしたから。

 

7.8年前の私・・・今とは違い過ぎて、もうあまり思い出せない。

 

なにかが合わない、っていうのはそういうこと。

 

オープンになれば、開けば、行くところはどこでも、会う人とは誰でも、ぴったり来る。

 

そして合わないところ(合わなくてもいいところ)には足が向かない。

 

だから、足が向いてるのに「合わない」と感じるというのは、自分の中の「合わない」と向き合ってる、ってことで、そこは開通できるってこと。

 

明治神宮、本日ばっちり開通!

 

7,8年前はつながれなかった、閉じてた自分がもうなにも邪魔しないのが嬉しい。

 

そして、こんな素晴らしいエネルギーとつながれる今の自分が好きだわぁ。これはまったく、至福としか言いようがない素敵なこと!

 

そしておみくじには「こころざしは高く持ちなさい」と書かれていた。了解っ!!!

タグ:
桃サクラ
桃サクラ

作曲家、フルート奏者。射手座B型。 9歳からピアノ、作曲、10歳からフルートを始め、埼玉県蕨市立北小学校、蕨市立東中学校、川口北高校を経て、東京音楽大学器楽科フルート科卒業。その後15年間オーストラリアパースで演奏活動、フルート非常勤講師をつとめ、2009年帰国。創作・演奏活動の日々。