自尊心チャレンジコンサート

昨日は新月でしたね!皆さまいかがお過ごしですか?

私はだいたいいつもそうなんだけど、新月の次の日の朝起きると違う感覚になっていて、今朝もそうだった。昨日の夜は願い事を書いて寝たんだけど、夢か夢の間みたいな感覚の中で「いつもと同じことをしているのに気流が違って、まったく違う展開になっている」っていう経験をしていました。(寝返り死ぬほど打ってただろうなー!(笑)

昨日は今週末に迫ったコンサートの初リハーサルがありました。12日の土曜日は2本のフルートとチェロ、13日の日曜日は弦も入った大きな編成。曲がめっちゃ多い!

共演するフルーティスト、エミリーとはこっち住んでるときにずっと一緒にやってたんだけど、今回はおそらく10年ぶりくらい。

彼女ってすごいの。

なにがすごいって、「self-esteem(自尊心)」が!!!たぶん私が今まで出会った中でも3本の指に入るね。自分のこときっと大好きだし、自分がやっていることに相当な誇りを持っていて自信もある。リサーチをずっとしてきた演奏家というよりは研究者で学者さん(当然博士号も持っている)なんだけど、とにかく強い人なのよ。

で、そういう人がどういう人と結婚しているかというと・・・

「エミリー!君は最高だよ!素晴らしいよ!」

っていう下僕のような(笑)人。しかも彼、お医者さんで、音楽好き、自分でも大学行って音楽西洋史の学位取っちゃってるくらいの専門家。しかもピアノがかなり弾けます!

もちろんコンサートも弾いたり、トークをしたり、裏方をしたり、全面協力!

そんな二人が企画するコンサートはいつでも満員御礼で、今週末のコンサートもほとんどソールドアウトなんだとか!!

みんな!自尊心ってすごいでしょう!(笑)持ったもの勝ちでしょう(笑)

正直、彼女はすごく上手いとかではない。でもとにかく自分のことが好きなので(笑)自分のフルートも大好きなわけだ!ということは、どんなふうに演奏しようとも「君のフルートは最高だよ!」と言う人を引き寄せる。

私のように「いやいやまだまだです〜」「おひまならいらしてください」とかぐちゃぐちゃ言っている人とは全然違った現実を作ることができる。

今日もこれからリハーサル。今回はいかにエミリーの自尊心シャワーを浴びるだけ浴びてそーゆーのが当たり前だと思える自分になりきれるか!!がポイント!にひ、やってみまーす!




桃サクラ
桃サクラ

作曲家、フルート奏者。射手座B型。 9歳からピアノ、作曲、10歳からフルートを始め、埼玉県蕨市立北小学校、蕨市立東中学校、川口北高校を経て、東京音楽大学器楽科フルート科卒業。その後15年間オーストラリアパースで演奏活動、フルート非常勤講師をつとめ、2009年帰国。創作・演奏活動の日々。