ふたたびの明治神宮 富士山おみくじ

今日は表参道でおしゃれランチを食べてから明治神宮に行って来ました。

そう、去年12月に行ってすごく良くって、また呼ばれた感じです。

一緒に行ったみやたちゃんが境内に入るやいなや「日本にいないほうがいいと思う。外国が合ってる。英語しゃべってるとき全然波長がちがう」とかすごくきっぱりした口調で語り出して「うはーなにかにしゃべらされてるじゃないか!」(笑)と思った。

今回のおみくじは・・

祖先から受け継ぎ子孫へ伝えていく立派な国としてお互いに国民の責任を為し遂げるように努力をお誓いいたしましょう。

と書いてありました。裏には。

去年引いたおみくじは「志は高く持ちましょう」とあったので、今回は富士山・・うむーちゃんと筋が通っている(笑)

富士山といえば!椎名林檎ちゃんの「人生は夢だらけ」じゃないか!

この世にあって欲しいものがあるよ 大きくて勇ましくて動かない永遠

こんな時代じゃそりゃ新しかろう良かろうだろうが古いものは尊い

ずっと自然に年を取りたいです そう貴方のように居たいんです富士山

だよね!

日本に帰ってきてからほんとなーんにもできないので、とにかくやらなくちゃいけないこと「だけ」をやってます。

動かざること山のごとし。

というわけで富士山!それにしてもなんかミョーにきっぱりとしている今日コノゴロ。

以前の自分のクセがまだ抜けないけど、ほんとは私、もうなにも迷っていないのかもしれない。

桃サクラ
桃サクラ

作曲家、フルート奏者。射手座B型。 9歳からピアノ、作曲、10歳からフルートを始め、埼玉県蕨市立北小学校、蕨市立東中学校、川口北高校を経て、東京音楽大学器楽科フルート科卒業。その後15年間オーストラリアパースで演奏活動、フルート非常勤講師をつとめた。1997年に通訳の国家資格を取得、以来多くの来日アーティスト・テレビ番組(アンビリバボーなど)の通訳を担当。2015年からサイキックカウンセラーとしてたくさんの人々の悩みに向き合う。2016年9月に乳がんの診断を受けてあらゆる体質改善を試みる。現在も続行中。世界を舞台にした演奏活動を目指して創作の日々。