ボヘミアン・ラプソディを見てきた

ついについに「ボヘミアン・ラプソディ」を見てきました!飛行機の中ではあえて見ないでとっておいたの♥️

いやーよかったです。

フレディを、クイーンを心から愛してる人が作ったんだなぁ。すべてが愛だった。愛しかなかった。

フレディが抱えていた孤独や夢がとてもまっすぐに描かれていて心が震えた。

メアリーさんとフレディの関係がとっても素敵だったなぁ。まさにソウルメイト。

ポスターにもあるけど、最後の21分がライブシーンっていうのがとてもよかった。

愛があるってことは、シンプルに語れるってことなんだ、と思った。

なにを入れて、何を削るかがきっぱりとしている。

いろいろとってつけたくなる、っていうのはまだまだね。

ああ劇場で見られて良かった!

生きているって素敵なことね。ただただ自分で在るということに全力を注ごう。

桃サクラ
桃サクラ

作曲家、フルート奏者。射手座B型。 9歳からピアノ、作曲、10歳からフルートを始め、埼玉県蕨市立北小学校、蕨市立東中学校、川口北高校を経て、東京音楽大学器楽科フルート科卒業。その後15年間オーストラリアパースで演奏活動、フルート非常勤講師をつとめ、2009年帰国。創作・演奏活動の日々。