なんだって気づかないほうがいいことなんてない

戻ってきました。桃サクラです。こんにちは。

なんか、感覚がおかしい。

そして体調もおかしい。

なにかキョーレツなものを受け取ったときって、私大抵こんな感じですいつも(笑)

以前は「いやいや気のせいだから」とか「そんなことはないよねー」とかごまかしてましたが、やっぱりあるものはあるし、

こういう「自分だけの感覚」を無視することの怖さをもう私はじゅうぶんに知っていて、「二度としない」と自分に約束している。

これって言ってみれば、知恵熱状態!(笑)

「ち、知恵熱って小学生みたいだね!」

って言われますが、年は関係ありません(笑)

ものごとを感じ取りやすい、ってなにかと大変。

サイキックって大変。

でも、なんだって気づかないほうがいいことなんてない、と私は思っていて、

受け取るもの、感じ取るものはすべて宝なのです。

いやーなんてったって大阪で出会ったこの方です。すごかったー。詳細は明日以降!

桃サクラ
桃サクラ

作曲家、フルート奏者。射手座B型。 9歳からピアノ、作曲、10歳からフルートを始め、埼玉県蕨市立北小学校、蕨市立東中学校、川口北高校を経て、東京音楽大学器楽科フルート科卒業。その後15年間オーストラリアパースで演奏活動、フルート非常勤講師をつとめた。1997年に通訳の国家資格を取得、以来多くの来日アーティスト・テレビ番組(アンビリバボーなど)の通訳を担当。2015年からサイキックカウンセラーとしてたくさんの人々の悩みに向き合う。2016年9月に乳がんの診断を受けてあらゆる体質改善を試みる。現在も続行中。世界を舞台にした演奏活動を目指して創作の日々。