ただそれを「奇跡」だと認めるのか、「偶然」だよと片付けてしまうのか。

体調って毎日違います。

だから毎朝聞いてあげるといい。今日はどんな感じ?ってね。

今朝は走るのより歩くのを多くしたら良い感じでした。

桃サクラです。今日もいかがお過ごしでしょうか。

私がホ・オポノポノのハワイ島でのセミナーに参加したのは2010年のこと。

セミナーに行きたいからハワイ島に行こうとしたわけではなくて、ハワイ島に行くんです!って決めてから、本屋で「ハワイの叡智・ホ・オポノポノ」みたいな本を見つけて「おお!ハワイに行くんだから読んでみよ♪」と思って買ってみた。

で気に入ったのでGoogleしたら、宿泊先から行ける場所で、日程もばっちりなセミナーがあって、直前でもまだ募集してて参加できた。

Meant be!だよね。そうなるようになっていた。

そうそう、この前の高野山の慈尊院も同じだった。

その場所に行こう!と決めてから手を伸ばすと、その近くにまさに今自分に必要なものが待っている、という展開。

こういう展開を経験すると、「本能」しかないし、「偶然」なんてないし、すべては直感でうまく行くように出来ている。

私だけじゃないよ、みんな同じなんだよ。

ただ気づくか気づかないか、だけなんだと思う。

ただそれを「奇跡」だと認めるのか、「偶然」だよと片付けてしまうのか。

その人によって違うけど、私は断然「奇跡」派。

「偶然」派の人は「奇跡」のハードルが高すぎるのかも。

私なんてなんだって「奇跡」になるゆるーい設定です(笑)ゆるいほうが・・楽しいよ?(笑)

ホ・オポノポノ歴はもうすぐ10年になるのだけど、いつも離れては戻り、離れてはまた戻って納得する・・・の繰り返し。

最近また戻ってきて本を読み返したりしてる。

そのたびに私はあのハワイの美しい景色と、昼食時の食堂で言葉を交わしたときのDr.ヒューレンのたたずまい、在り方を思い出すのです。

つづきます。

桃サクラ
桃サクラ

作曲家、フルート奏者。射手座B型。 9歳からピアノ、作曲、10歳からフルートを始め、埼玉県蕨市立北小学校、蕨市立東中学校、川口北高校を経て、東京音楽大学器楽科フルート科卒業。その後15年間オーストラリアパースで演奏活動、フルート非常勤講師をつとめ、2009年帰国。創作・演奏活動の日々。