霊能者が筋トレをあまりしないイメージなわけ。

今朝は起きたら雨が降っていたので、「朝ジム行こうかな?!」と思いつき、行って来ました。私のジムは24時間営業。出勤前のサラリーマン風な人とか、結構人がいてびっくり。

身体をねじって脇腹を鍛えるマシンがあるのですが、これがいい!

実はね、フルート吹いている時って、ずーっと右にねじってるんです。

それを左にねじる喜びったらないです(笑)

今まで使ってなかった筋肉を使う、って自分の中の知らなかった可能性を使う、ってこと!!

と、今朝思った。

私たちってついついアタマで考えすぎて、身体を置き去りにしがち。

数日前、明治神宮にお参りに行ったとき気づいた。

「最近神社に全然来ていない!」

これって私にとってはものすごいことなの!なぜなら神社に行って浄めないと、除霊しないと重たくなって死にそうになるから(笑・でもマジ・笑)定期的に行かないと自分が支えきれないほどいろんなことを抱えていっちゃうというやっかいな性質。

なのになのになのに!ど、ど、どうしたんだ私?!

気づけば、やっぱり去年10月から走り始めてからそうなってるかも!

それ以前もずっと運動はしていたけど、ヨガとかストレッチとか陰・女性性からのアプローチばかり。

でも筋トレって思いっきり陽・男性性なところが私にはいいみたいです。

霊媒体質のしんどさには、筋トレの陽性がめっちゃ効く!だって、霊能者って筋トレするイメージないでしょ(笑)

やっぱり見えなくなるのが怖いってところもあると思う。大変がりながらもそれで人の役に立ったりしてたら余計に怖いはず。

でもそんなカンタンに見えなくなったりはしないところがミソ。私の場合は、なんていうか、すごく健全な明るいお付き合いに変わった感じ。

世界は内側からしか見られないんだよ。

だからね、何を見るか、どう見るか、ということはいつだって選んでる。自分じゃなくて選んでるのは身体だったりする。だから身体はどこまでも大切。

桃サクラ
桃サクラ

作曲家、フルート奏者。射手座B型。 9歳からピアノ、作曲、10歳からフルートを始め、埼玉県蕨市立北小学校、蕨市立東中学校、川口北高校を経て、東京音楽大学器楽科フルート科卒業。その後15年間オーストラリアパースで演奏活動、フルート非常勤講師をつとめた。1997年に通訳の国家資格を取得、以来多くの来日アーティスト・テレビ番組(アンビリバボーなど)の通訳を担当。2015年からサイキックカウンセラーとしてたくさんの人々の悩みに向き合う。2016年9月に乳がんの診断を受けてあらゆる体質改善を試みる。現在も続行中。世界を舞台にした演奏活動を目指して創作の日々。