登録してくれた人だけが読める限定記事

このブログで、登録してくれた人だけが読める限定記事を書くシステムを!と思ったんだけど、なんだかよく分からなくてうまく出来なかったので、いったん削除しました!

 

登録してくれた方達、ごめんなさい。

 

ちゃんと出来たら、またお知らせしますね。

 

また、直感と熱意だけでなんとかしようとしている!(笑)

 

なんとかなるような・・・気もしている(笑)

ポイントカードやめました

お気に入りのバッグを買ったら

 

 

小さいので今までの分厚いお財布が入らない。

 

薄い財布に換えたら入らないので、

 

ポイントカードやめました。

 

そしたらほんとうに自由で!!

 

もともとあんまり持っていなかったんだけど、でも数枚は持っていて、

 

「ポイントカードお持ちですか?」

 

とにこやかに言われるとどうしても応えたくなってしまう自分がいて、

 

せっせと出してました。

 

でも今はにこやかに

 

「持ってません!」

 

あー楽だわ。

 

ポイントをためる、とか言うけど、ためるためには使わなくちゃいけないわけで(笑)

 

得をしたからなんなのさ、損をしたからなんなのさ、ってわけだ。

 

きっちり得をしようとする自分をあきらめられた。

 

懸命に稼がなくてももういいや。どうせ入ってくるから。No effort.

 

 

そして一番は、ポイントカードを作ってるお店で買おうとするマジメな自分がうっとおしくて我慢できなくなったということ(笑)

 

またひとつ。

 

一生懸命得をしようとする自分はもういない。はーあっさり。

それが副作用であれ、体質改善であれ、

今日はホルモン療法の注射リュープリン2回目を打ちに病院に行って来ました。

 

満員の待合室で2時間待たされかなり消耗・・・

 

したと思ったけど、帰ってきてバナナ食べたら治った。腹減ってただけ?(笑)

 

最近自分の単純さが愉快すぎて笑う(笑)

 

副作用らしい副作用はないのだけど、汗をかくのも副作用だと言われた。

 

んーでもそれ、どっちでもよくね?(笑)

 

ただ私は万年冷え性だったので、こんなに汗をかくのは小学生以来なので、新鮮でちょっと嬉しい。

 

それが副作用であろうと、体質改善であろうと、

 

自分が「よし」と思えて、ほんとうに健康だと感じるのなら、どっちでもいい。

 

自分の体調のエクスパートは私だ。先生じゃない。

 

先生は「変わってないよね」と何度も言うけど、実はそれは「良いこと」として言っているらしい、というのを今日感じた。

 

私は「治ってない」って感じで受け取っちゃうんだけど、違うよね。悪くなってない、ってだけでサイコーなんだよね!ガンなんだし!

 

でもそろそろ病気やめたい!卒業したい!と今日本気で思った。

 

よし、やめるぞ。

計りたくないし、計られたくない

「だって、普通はそうじゃない?」

 

と、今日ある人との会話の中で同意を求められたんだけど、

 

「いや、それはあなたの普通ですよね?」

 

と思った。

 

人は誰でも自分の尺度というものを持っている。

 

その「ものさし」をことあるごとに持ち出してきて、うん、これはいける!とかこれはだめだよ!とか、普通だよね、とか異常だよ!とか言って闘ったり逃げたりする。

 

私の学校生活の大部分がこれだった気がする。

 

もうちょっといわゆる「普通」だったらよかったんだろうけど、いろいろ独特すぎて(笑)

 

自分にとって大切だと思っているものを「普通じゃない」って否定されて傷ついたりとか。

 

テレビ番組でも「うん、これは普通」「これはおかしいでしょ」とかをずーっと計りまくってて大変そうなのが多い(笑)

 

でも人間がいればその数だけものさしはあって、誰かと全く同じものさしは誰も持っていないから、求めても求めても違いばかり目につく。

 

それにだんだん息苦しくなった私は、少しでも長い「ものさし」を持ってきて、大きなものでも対応できるようになりたい、と思ってがんばってみた。

 

でもそれがどんなに長くても結局は計ってるわけで、そして計っているということは、計られているということ。

 

そのうち

 

「もう計りたくないし、計られたくないよなー」

 

と思うようになった。

 

 

今はもう「ものさし」どこに行ったかわからない。

 

普通なんて、どーでもいい。

そこはどこまでも静かで、平和。

「うわ、もう一週間経ったの?早いね」

 

とか

 

「もう5月も後半だね!早いね!」

 

とか言われるんですが、うーん、早い?早いってなに?と思う。

 

そういう感覚は私の中にはなくなってしまったみたい。

 

そういう感覚がなくなってから、毎日瞑想するとか、EFTするとか、足もみするとか、筋トレするとかが自然に無理なくできるようになった気がする。

 

そういうのをやってるうちに、時系列の横の列が消えていったのかもしれない。どっちが先かはわからない。

 

こういうコツコツ型のことって、今日も、明日も、明後日も、とか横の列で考えたら圧倒されてしまいそう。

 

今日しかないから、今しかないから。私の担当は今だけだから。

 

今をただただ。

 

そこはどこまでも静かで、平和。

タッピングしながら考える、のススメ

今実はひとり密かにEFT(Emotional Freedom Technique)ブートキャンプを開催中。(開催期間7日間)

 

テーマを決めて、朝昼晩、とひたすらツボをタッピングする、というもの。

 

実は今日は5日目なんだけど、絶好調になったり、好転反応なのかすべてがだるくなって投げ出したくなったり、ヒジョーにめまぐるしかったけど、今日の朝くらいからかなり安定してきた。

 

その安定の仕方が、かつてない感覚なんだよねー。浮かんでる感じなんだけど、地に足が着いてるような。

 

ほんとうに「自分」って(正確にはこれが自分だと思っている自分って)記憶の層が分厚い。剥いても剥いてもそこには次の層がある。

 

私はかなり「自分がいない」って感覚で生きていると思ってたけど・・いやいやまだまだいるいる出てくる自分!

 

でもこうやってボロボロと自分の固まった、もう機能していない古い角質層が取れてくるのって快感です。

 

EFTって深い。

 

今回気分だけじゃなくて、具体的な、現実的な変化が来るかどうか実験したかったの。

 

気分が変わると現実がきっちり変わるのは間違いない。

 

布団にくるまってとか、ソファに寝転んで考えごとをすると、思考で身体も脳も固まったりしません?

 

考えてるときって身体は固まってるし、考えすぎる人の身体は固い。

 

そんなときにタッピングしながら考えると、脳の思考回路が動いてくれるので、通常どこにも行けない考え事の出口が見つかったりする。

 

もうこれ以上考えなくていいや、手放そ、って感覚になる。布団の中で試してみて。

 

私の7日間EFTブートキャンプ一体どんな変化をもたらすか・・・乞うご期待。

 

EFTオーディオが50個以上入った「心の平和と奇跡のレッスン」リニューアルオープンはブートキャンプ終了後にいたします!

 

 

ずっと風邪が治らないときの理由

ずっと風邪が治らない、と友達が言った。

 

彼女は人間関係に悩んでいて、忙しい日々を送っている。

 

今までたくさんの「ずっと風邪が治らなくて」っていう人に出会ってきたけれど、すべては

 

☆人間関係に悩んでいる

 

☆言いたいことが言えていない

 

☆自分の価値がチャレンジされている

 

っていう共通項がある。

 

風邪がずっと治らない、っていうのは「異常事態」だ。普通なら身体の免疫機能が風邪のウィルスをやっつけてくれるから、しばらく安静にしていれば自然に治る。

 

でも治らない、っていうのは、免疫が負けちゃってるってこと。

 

えー、免疫が負けてしまって、がんにまでなってしまった経験者としてはですねー(笑)

 

さっさと言いたいこと言ってください。以上!

 

え?そうもいかないって?

 

え?そんなこと言ってられる場合ですかね?「異常事態」Emergencyですよ?機内の荷物のことはあきらめて一目散に逃げないと!!

 

実際身体の中ですでに「負けている」わけだから、認めて、白旗あげて、「だめだわ、私、降参」って言っちゃってください。

 

そこでやる気出して闘わない!闘うところじゃない、そこ(笑)

 

自分を守るためには、闘うんじゃなくて逃げてください、いさぎよく。

 

私は常に逃げの一手。気づくともういない(笑)

Giving、ってカンタンにできるようでいて、そうではない

今年の母の日は、いろんな人にいろんなプレゼントを贈った。

 

こんなにたくさんのプレゼントを贈ったのは人生初だと思う。

 

なんでか、そんな気分だった。

 

実の母には欲しがっていたリュックを買ってあげたので、2人の女性に花束を贈った。今はクリックひとつで送れちゃうから、ほんとうに便利だね。

 

ゆりの花にしたの。

 

そして数日経った今日久しぶりに思い出した、震災の後、ウィークエンドマーケットでパースでひたすらチャリティ演奏をする私に、「これはあなたに」ってゆりの花束をくれた女性がいたの。

 

 

「あなたはとっても素晴らしいことをしています。だからこれはあなたに」と言ってゆりをくれたのでした。

 

それからいつもゆりを見かけるたびに、神様が、天使が見ていてくれるような気持ちになっていた。いただいたこともあったし、自分で買うこともよくあった。

 

でも誰かにあげたことはなかったんだよね。

 

なにかが満ちたんだと思う。

 

やっとこんなふうにゆりをあげられる私になった。

 

Giving、ってカンタンにできるようでいて、そうではない、ってことを知る。

 

満ちていないと、シェアできない仕組み。

今日は何が好き?と聞かれたい。

自分なんてどこにもいない!

 

と私が言うのは、自分を解放する、っていう意味もある。

 

でもね、

 

知らないと解放できない、っていうのも真実。

 

自分のことって分からない。

 

分かってるって思っても、それはたいてい「誤解」で「記憶」なの。

 

だからいつも、

 

知らないから教えてね、

 

っていうつもりでいたらいい。

 

私はいつも紅茶派で、コーヒーは飲まないの!じゃなくて、

 

今日は何飲みたい気分?

 

と自分に聞いてあげる。

 

好みって日によって変わるよねー。私は変わるけど。

 

一度「この人はこれが好きだ」とインプットされちゃってて、それがずっと更新されないでそれをごり押しされるのは私はとっても苦手。

 

今日は毎日、毎日、何が好き?と聞かれたいし、

 

聞いてあげたい。

 

はい、アンタはこれが好きだったでしょ、これでいいんでしょ、と言われたくない。