そこはどこまでも静かで、平和。

「うわ、もう一週間経ったの?早いね」

 

とか

 

「もう5月も後半だね!早いね!」

 

とか言われるんですが、うーん、早い?早いってなに?と思う。

 

そういう感覚は私の中にはなくなってしまったみたい。

 

そういう感覚がなくなってから、毎日瞑想するとか、EFTするとか、足もみするとか、筋トレするとかが自然に無理なくできるようになった気がする。

 

そういうのをやってるうちに、時系列の横の列が消えていったのかもしれない。どっちが先かはわからない。

 

こういうコツコツ型のことって、今日も、明日も、明後日も、とか横の列で考えたら圧倒されてしまいそう。

 

今日しかないから、今しかないから。私の担当は今だけだから。

 

今をただただ。

 

そこはどこまでも静かで、平和。

タッピングしながら考える、のススメ

今実はひとり密かにEFT(Emotional Freedom Technique)ブートキャンプを開催中。(開催期間7日間)

 

テーマを決めて、朝昼晩、とひたすらツボをタッピングする、というもの。

 

実は今日は5日目なんだけど、絶好調になったり、好転反応なのかすべてがだるくなって投げ出したくなったり、ヒジョーにめまぐるしかったけど、今日の朝くらいからかなり安定してきた。

 

その安定の仕方が、かつてない感覚なんだよねー。浮かんでる感じなんだけど、地に足が着いてるような。

 

ほんとうに「自分」って(正確にはこれが自分だと思っている自分って)記憶の層が分厚い。剥いても剥いてもそこには次の層がある。

 

私はかなり「自分がいない」って感覚で生きていると思ってたけど・・いやいやまだまだいるいる出てくる自分!

 

でもこうやってボロボロと自分の固まった、もう機能していない古い角質層が取れてくるのって快感です。

 

EFTって深い。

 

今回気分だけじゃなくて、具体的な、現実的な変化が来るかどうか実験したかったの。

 

気分が変わると現実がきっちり変わるのは間違いない。

 

布団にくるまってとか、ソファに寝転んで考えごとをすると、思考で身体も脳も固まったりしません?

 

考えてるときって身体は固まってるし、考えすぎる人の身体は固い。

 

そんなときにタッピングしながら考えると、脳の思考回路が動いてくれるので、通常どこにも行けない考え事の出口が見つかったりする。

 

もうこれ以上考えなくていいや、手放そ、って感覚になる。布団の中で試してみて。

 

私の7日間EFTブートキャンプ一体どんな変化をもたらすか・・・乞うご期待。

 

EFTオーディオが50個以上入った「心の平和と奇跡のレッスン」リニューアルオープンはブートキャンプ終了後にいたします!

 

 

ずっと風邪が治らないときの理由

ずっと風邪が治らない、と友達が言った。

 

彼女は人間関係に悩んでいて、忙しい日々を送っている。

 

今までたくさんの「ずっと風邪が治らなくて」っていう人に出会ってきたけれど、すべては

 

☆人間関係に悩んでいる

 

☆言いたいことが言えていない

 

☆自分の価値がチャレンジされている

 

っていう共通項がある。

 

風邪がずっと治らない、っていうのは「異常事態」だ。普通なら身体の免疫機能が風邪のウィルスをやっつけてくれるから、しばらく安静にしていれば自然に治る。

 

でも治らない、っていうのは、免疫が負けちゃってるってこと。

 

えー、免疫が負けてしまって、がんにまでなってしまった経験者としてはですねー(笑)

 

さっさと言いたいこと言ってください。以上!

 

え?そうもいかないって?

 

え?そんなこと言ってられる場合ですかね?「異常事態」Emergencyですよ?機内の荷物のことはあきらめて一目散に逃げないと!!

 

実際身体の中ですでに「負けている」わけだから、認めて、白旗あげて、「だめだわ、私、降参」って言っちゃってください。

 

そこでやる気出して闘わない!闘うところじゃない、そこ(笑)

 

自分を守るためには、闘うんじゃなくて逃げてください、いさぎよく。

 

私は常に逃げの一手。気づくともういない(笑)

Giving、ってカンタンにできるようでいて、そうではない

今年の母の日は、いろんな人にいろんなプレゼントを贈った。

 

こんなにたくさんのプレゼントを贈ったのは人生初だと思う。

 

なんでか、そんな気分だった。

 

実の母には欲しがっていたリュックを買ってあげたので、2人の女性に花束を贈った。今はクリックひとつで送れちゃうから、ほんとうに便利だね。

 

ゆりの花にしたの。

 

そして数日経った今日久しぶりに思い出した、震災の後、ウィークエンドマーケットでパースでひたすらチャリティ演奏をする私に、「これはあなたに」ってゆりの花束をくれた女性がいたの。

 

 

「あなたはとっても素晴らしいことをしています。だからこれはあなたに」と言ってゆりをくれたのでした。

 

それからいつもゆりを見かけるたびに、神様が、天使が見ていてくれるような気持ちになっていた。いただいたこともあったし、自分で買うこともよくあった。

 

でも誰かにあげたことはなかったんだよね。

 

なにかが満ちたんだと思う。

 

やっとこんなふうにゆりをあげられる私になった。

 

Giving、ってカンタンにできるようでいて、そうではない、ってことを知る。

 

満ちていないと、シェアできない仕組み。

今日は何が好き?と聞かれたい。

自分なんてどこにもいない!

 

と私が言うのは、自分を解放する、っていう意味もある。

 

でもね、

 

知らないと解放できない、っていうのも真実。

 

自分のことって分からない。

 

分かってるって思っても、それはたいてい「誤解」で「記憶」なの。

 

だからいつも、

 

知らないから教えてね、

 

っていうつもりでいたらいい。

 

私はいつも紅茶派で、コーヒーは飲まないの!じゃなくて、

 

今日は何飲みたい気分?

 

と自分に聞いてあげる。

 

好みって日によって変わるよねー。私は変わるけど。

 

一度「この人はこれが好きだ」とインプットされちゃってて、それがずっと更新されないでそれをごり押しされるのは私はとっても苦手。

 

今日は毎日、毎日、何が好き?と聞かれたいし、

 

聞いてあげたい。

 

はい、アンタはこれが好きだったでしょ、これでいいんでしょ、と言われたくない。

歯医者の受付の人が天使に見える

今日は歯医者の定期検診に行って来ました。3ヶ月に一度ハガキが来るとちゃんと行く。

 

 

前回は歯垢がたまっていたところも今回はきれいでした!と言われた。

 

ココナッツターメリック歯磨き粉

 

 

ターメリック効果か?!まだ3日しか磨いてないけど・笑

 

オーストラリアではものすごーく歯医者が高くて、毎回会計のときには心臓が止まりそうだった。(冗談ではありませぬ)

 

だから今日みたいに1800円です、とか言われると、受付の人が天使に見える。ありがたいよ〜。

 

日本に帰ってきてからすぐ、奥歯の根っこの治療に6ヶ月以上、毎週毎週通っていた。

 

それをやらないと、インプラントか、抜いちゃうしかなかったと思う。

 

どうしてもその歯を救いたかったの。一本あるのとないのとでは大違い。

 

フルートのため、音楽のため。歯はほんとうに大切。

 

だから今日も私はあの頃の私に感謝しているの。よくぞ通ってくれたね、ありがとう。

 

なにか不具合があってもあきらめずに、時間を掛けてそれを治そうとするのは私のNature(性質)なのだな。がんだってそうだもの。切っちゃえば、取り除けばおしまい、とは思っていない。

 

人間関係もそう。あいつはダメだ、って切り離さない。切り離す、なんて幻想だけど。

治すんじゃなくて、治るとひとつだということ。

乳がんが分かってから今年の9月で2年。

 

あと4ヶ月で治したいなー。消えないかなー。

 

病気と闘う、とかって言うけど、それって自分の外側にあるイメージ。

 

自分ではコントロールできないものと必死に闘うイメージ。

 

でもそれって違うよな−。

 

私は病気で、病気は私なのに。

 

それは分離してない。

 

治るってことは私そのもので、私そのものは治るってこと。

 

治す、んじゃなくて、治るとひとつだということ。

 

ひとつって素敵。(正確にはいつだってひとつでそれに気づく、ということだけど)

 

以前は食べたいものを我慢したり、なるべくなるべくヘルシーなものを食べなくちゃいけない、とか思ってたけど、もう最近はなーんにもコントロールしてないのに野菜や果物とか自然なものが好きで、人工的なものには手が伸びなくなった。

 

以前は一生懸命飛ぼう飛ぼうとしてバタバタしてたけど、気がついたら羽ばたかなくても浮いてたよ?って感じ。

 

いつのまにか、I(私)がIt(それ)になってきてる。安心な感じ。

手放すコツ

いやー昨日は寝たよー。寝た寝た。

 

朝寝て、昼寝て、夜9時に寝ちゃった。

 

そしたらまー今日の冴えてることと言ったら!!しゃきーん!!

 

やっぱり下手に起きてごちゃごちゃ考えても、どこにも行けない。

 

行き詰まったら(行き詰まらなくても)全部投げ出してしっかりばっちり寝るとブレイクスルーがやってくる。確信。

 

投げ出し具合がキモ。

 

「もうやだ!」とかヤケになるのはちょっと違うの。

 

全部「認めた」上で、OKを出した上で、投げ出すのがポイント。

 

まずは「良い」「悪い」を抜くこと。ジャッジしないってことね。

 

「私は今こんな状態だ!」「ばっちり行き詰まってる!」「どうしていいかまったくわからない!」

 

ってきっぱりはっきり認めちゃう。

 

そしてばっちり認めたその上で、

 

「知らんがな!」

 

って投げ出して、ひたすら寝る。

 

これ、毎晩やってもいい。寝る前に宣言(笑)。バツグンに効果ありです。

 

コツは「ジャッジしない」ってとこ。

 

「この状態は良くない、悪い」ってジャッジすると「かわいそうな私」「どうにもできない自分」とかめんどうくさい「私」とか「自分」がうようよ登場してくる。すると投げ出せなくなって、いつまでもとらわれてしまう。

 

というわけで今日もデスクの横には昼寝枕がスタンバイ☆いつでも投げ出すよ!

 

 

内向的と外交的

Amazonで面白い本を見つけた。

 

 

まだ読んでいる途中なんだけど、なるほどねーとなかなか面白い。

 

言うまでもなく、私は内向的な人間。

 

ずーっと外にいたり、大勢の人といたりすると文字通り疲弊してくる。

 

内にこもってチャージしたくなる。

 

ものごとをいつも狭く、深く、見ようとする。

 

最近見たネットのインタビューで、アメリカのトークショーホストであるOprahも内向的だと話していた。よく「えーーそんなことないでしょ?!」と言われるらしい。

 

私はそうだろうなーと納得だった。だって、彼女のものの見方って、とっても内に入って、深い。

 

あなたは内向的?外交的?

 

どちらにしても、自分がどんなときに疲れて、どんなときにリラックスするのかを知っていることが大切。

 

そして疲れたときは、リラックスして、疲れを癒してね。おねがい。

 

最近ひたすらEFTをやっているせいか、ものすごい変化の時。ほんとうになにも考えられないし、混沌とした感じ。

 

私は変化のときになると内向型が加速する。誰にも会いたくないし、ひたすら寝ていたくなる。

 

 

それがつまり今日という日でした。外はゴールデンウィークで、良い天気だったけどそんなことはナニモ関係ない。ひたすら寝てたよ。いくらでも寝ていられるこの不思議。癒される〜♡

 

みんなそれぞれの、ゴールデンウィークでよーし。

ケトルベル再開!

ケトルベル、2つめの動画に行って3日やったところで、

 

左手に打撲してたよ。どうやら知らぬ間にぶつけていたらしい。8キロの威力、恐るべし。

 

腫れていたので、大事を取ってやめていました。

 

が、腫れも引いたので昨日から再開。昨日は1つめで、今日は2つめ。

 

 

15分ほどの動画でチョー汗だく!重たい!

 

なにしろすっきりするのがいいんです。ヨガとはまた違う爽快感なんだなー。

 

打撲しないように、そーっと続けたいと思います。

 

フルートをホールドするのも楽になるかもしれない♡