ガンでなくてもどっちでもよかった

昨日のブログの続きがアップされています。まずは読んでみてください。

 

https://ameblo.jp/la-foglia/entry-12324727597.html

 

そして、(私をよくご存じの方は想像できるかと思いますが)

 

なんにも覚えてないの(笑)そんなこと言ったかしら、わたくし?

 

よく「サクラさんに言われた言葉が忘れられなくて」とか言っていただくのですが、

 

本人ほぼ100%覚えてないの。

 

うふふ、そーゆー言葉は「自分」から出てないからね。

 

私はただのパイプのようなもの。

 

通過したらそれっきり。

 

でも、いい言葉だ。「ガンでなくてもどっちでもいい」

 

とっても自由でオープンで明るい感じがするし、ほんとうにどっちでもいい。

 

どっちでもいいのです。

 

 

1日1クリックよろしくね。

今は点ばかり、線になるのは後のこと

小林麻央さんのブログに、こんな記事があった。

https://ameblo.jp/maokobayashi0721/day-20161108.html

 

結果が出てからしか、自分を認められないというのは、悲しい。

と彼女は書いている。

 

でも私たちってそれをしがち。

 

ようやく結果が出ると嬉しくなって、しばしほっとするけど(たぶん15分くらい)また次の結果を求めている。

 

そのくりかえし。エンドレス。

 

自分を認めてあげるのはほーんの短い間で、あとは果てしない「自分がちゃんとできるかを確かめる旅」「自分への疑いを晴らす旅」ばかりしているんだよね。

 

しんどー。

 

思うように出来ないことばかり、これで大丈夫なんだろうか。

 

結果が出ないってことは、間違っているんじゃないか。

 

そう思って不安になる。

 

でもね、

 

今はいつだって「点」でしかない。

 

いくら見つめても、いくら考えても、「点」は「線」ではない。

 

「線」になるのはずっと後のこと。

 

すべてのしくみがわかるのはずっとずっと後のこと。

 

今は「点」をただひたすらに見つめる。深く深く、くっきりと刻む。

 

「線」のことは、お・ま・か・せ。

 

でもちゃんとつながっていくから、大丈夫。

 

私も最近になってようやく分かったこと多数。

 

でも「今」は相変わらず「点」でしかない。いつだって「点」でしかない。

 

すべてがその途中。そして結果さえも「点」でしかない。

 

 

1日1クリックよろしくね。

成功とは

成功とは、あなた自身を好きになること。

 

やっていることを好きになって、

 

どんなふうにやるかも好きになること。

 

マヤ・アンジェロウ

 

自分自身を好きになるって、言うほどカンタンじゃない。

 

知れば知るほど気に入らないところばかり。

 

「もう少しこうなったら最高だと思う」とか「ここさえ治れば」とか条件を一切つけずに、

 

私ってサイコー!!

 

って足らない自分を、不完全で、未完成な自分を好きになっちゃうってこと。

 

自分がやっていること、そしてやっている過程も好きになる、というのも、

 

「これさえ軌道に乗ればもっと」とか「今よりちょっとでも向上していければね」とか四の五の言わずに、

 

今目の前にある、今日やらなくてはいけないこと(それがどんなに単純なつまらない仕事であったとしても)をそのまんま「これってサイコー!すごいっ!私しかできないっ!」って有頂天になっちゃう、ってこと。

 

そんなことが成功?!

 

ちょっとアホっぽい?!

 

そうなの、成功する人はばっちりアホになり切れる人。

 

カシコイ人(またはカシコイフリをしたい人)はなれないの。

 

素通りしちゃって気づかずに、もっともっと遠くを目指すばかりなの。

 

今ここにある幸せが見えてくると、

 

カシコクいることになんて、未練もなくなって、キョーミもなくなってしまうのです。

 

今ここ。今ここだよ。通り過ぎちゃもったいない。

 

ここ、ここだよ。

 

1日1クリックよろしくね。

 

Do not underestimate who you are あなたという人を甘く見てはいけない

今先日のレコーディングの仕上げ、マスタリングだとかラベルを付けたりだとかそういう作業をしているのですが、

 

いやーもうびっくり。

 

こんなにすてきな曲がたくさんありながら、

 

なにをいじけてたんだろうか、私は(笑)

 

私はあまりそう見えないはずですが、

 

ものすごい、いじけ体質です(笑)

 

しかも、すねるタイプ。イヤですねー(笑)

 

その上頑固なので、自分が納得するまでそれをやめようとしない。

 

だから自分という人をものすごく低く見積もりがち。

 

「私なんて」は謙遜なんて美しいものではない。

 

もう金輪際やっちゃだめ。あと1回でもだめ。今すぐ止めて。

 

そんなことをする権利はあなたにはないのです。

 

そしてそんなことを言う誰かを絶対に許しちゃダメだからね。

 

許さねぇ!でピリオド。以上!

 

あなたという人を決して甘く見てはいけない。Do not underestimate who you are.

 

あなたが死ぬほど持っている才能や可能性を殺す権利なんて誰にもない。たとえあなた自身であっても。

 

というわけで、私のスバラシイ曲たちも近日中に配信開始♥ 世界中の人たちに届けるの♥

 

うわーすごいな、これだよなぁー。この感覚が味わいたくて、今まで自分にバカみたいに厳しくしてきたのかも知れないなー。

 

とも思うよ。すべては完璧なんだ。

 

 

1日1クリックよろしくね。

スイーツで頭痛?!マジ?!

この前のコンサートの後の打ち上げは千疋屋でした。コースターが桃っ!

 

ハヤシライス+サンドイッチ+パフェ+お茶!っていう豪華なセットを注文。

 

ハヤシライスもサンドイッチも1年ぶりに食べたよ・・・まるっきり炭水化物セット!

 

でもさすがは千疋屋!具がとっても充実してて美味しかった。

 

 

そしてデザートの季節のパフェに行く!マスカットだった♥

 

 

これももちろん1年ぶりのパフェ。

 

気持ちは嬉しいし、テンションも高いんだけど、食べてるうちに頭痛が・・・マジ?!

 

カラダが「白砂糖だーっ!」ってありとあらゆる血管でアラームを鳴らしてる感じ。うううう。

 

結局、半分も食べられずに終了。

 

自分がちょっと信じられなかった。

 

もともとチョーがつくほどの甘党で、息抜きは甘いもの!甘いもののためによくいろんなことをがんばったりしてきたのにー!

 

スイーツを食べないなんて、人生なにが楽しいのかね?とか言ってたのに。

 

 

昔はやせ我慢して、「フルーツにしとこ」ってしぶしぶ選んでたのに、今は心底、ダンゼン、絶対!即決でスイーツよりフルーツを選ぶ。100%。ひゃー。

 

「白砂糖はがんのえさになる」って聞いて、こりゃいかん!と砂糖断ちをして1年。最初の三ヶ月は禁断症状でとーっても苦しかった。

 

うー、白砂糖ってやっぱりドラッグと同じだ。

 

それにしても・・・

 

 

もはや私って、私じゃない?!

 

 

過去の私はどこにもいない!!!

 

 

ちょっとついてってない(笑)

 

 

1日1クリックよろしくね。

敏感で疲れてしまう人へ

いろんなことに気づいてしまう、いろんなことを感じてしまう、っていうのはすごーく疲れること。

 

入ってくる情報量がとにかく多いということは、休まる暇がないということ。

 

そうやってくたくたになっている人、多いんじゃないかな。

 

私もそんな一人でした。

 

別にそうなりたい!と希望したわけでもないのに、そういう性分。誰に文句を言うわけにもいかない。なかなかその疲労感を分かってもらえない。

 

でもね、そんなふうにいろんなことに気づくことができる、ということはすごく素敵なこと。

 

何も知らない、気がつかないよりずっといい、と私は思う。

 

でも、なにに気づいたとしても、なにを感じ取ったとしても、胸にしまってはいけないよ。

 

 

手放す。

 

 

持ち帰らない。

 

 

それには、気づいたこと、感じ取ったことを分析しないこと。

 

 

それがなんであるか、知ろうとしないこと。

 

 

受け取ったら、そのまんま、ありのまんまで、放置。

 

 

自分のものにしないこと。

 

 

どんなことも自分のものになんてできないのだから、あきらめてね。

 

 

だからどんなことに気づいても、どんなことを感じてもいい。

 

 

どんなことに気づいても、どんなことを感じても安全。

 

 

なにも抱えずに、気楽にそこにいよう。

 

 

責任を手放せば、気づいたことはあなたのパワーになる。気づいたことがあなたをサポートしてくれる。ひとりじゃなくなる。

 

 

ひとりじゃない、と気づいたあなたは「敏感だってことは、強くなれるってことなんだ!」と知る。

 

 

そう、気づいて、感じてきたからこそ、強くなれる。

 

 

コレホント。

今が広くなる、ってこと

ふと気づいた。

 

一昨日の検査ですごく疲れてばったり、という感じだったんだけど、

 

昨日起きたらあまりなにも残っていなくて、

 

誰かにその話をするときも、感情が通り過ぎているので、淡々としゃべってる。

 

昨日のコンサートをしてすごーく疲れてばったり、と眠ったら、

 

今朝起きたらほとんどなにも残っていなくて、

 

ふーむさてさて、今日も始まりましたな、という感じになってる。

 

「持ち越す」感情って以前はすごくあった気がする。

 

良いことがあると、次の日に起きてまた味わったり、

 

最低なことがあると、次の日もどよーーーん、と暗かったり。

 

でも今はなにも取っておけない、という感じ。

 

筒みたい。

 

全部通り過ぎてって、なにも残らない。

 

昨日の影響を受けない、今日。

 

それはそれはとっても贅沢なんだと思う。

 

だっていつも真新しい。

 

そしてひろーいお布団を独り占めするような。

 

そこに過去とかこの前、とかあのとき、とかいろいろ載せてると、

 

今が狭くなるよ。

 

全部さらり〜っと水に流す。

 

取っておかない。にぎりしめない。

 

すると今が広くなる。

 

なんでもできる今がどんどん広くなるってこと。

人は変わりたいけど、変わりたくない。

人は変わらない。

 

一度「これが自分だ」と設定してしまうと、なかなか変わらない。変えられない。

 

1回死んで、生まれ変わったところで、相変わらず「自分」をやろうとするくらい、「自分」は根深い。

 

なるべく「自分」を変えずに、満足を得ようともがく。

 

そう、人は変わりたいけど、変わりたくないのだ。

 

怖いもんね。

 

「自分」以外の誰かになっちゃったら、どうしていいか分かんないもんね。

 

でも「自分」を抱え続けるのは間違いなく、苦しいことでもある。

 

私も例外ではなく、これまで後生大事にずっと「自分」を抱え続けて来たんだけど、

 

いろんなことがありすぎてねぇ・・・・

 

いつの間にか床で割れて粉々になっちゃってたー(笑)

 

「自分」を確かめようにも、もう確かめられないという!!

 

以前はなにかあると「どれどれ・・こういうときは・・」みたいなことをしてたんだけど、もはやリファレンスさえも粉々で見つからないので、

 

今は、

 

びっくりするくらいその場限り!の対応・・・

 

しかしてないし、できない。

 

それが「自分」であるかどうかは、もうよくわからないけれど、

 

「自分」は握りしめてなくても、「自分」だというのは確か。

 

だからどんなに変わっても大丈夫だし、

 

逆に「自分」がなくなると、どんどん究極に「自分」になっていく。

 

楽で楽しい、軽い、自由!!

 

小っちゃい、せまい「自分」にしばられないで。

 

変われば変わるほど、はずせばはずすほど、もっと「自分」は「自分」になる。コレホント!!

 

さぁ今日から始めよ?「自分らしくないこと」で、ちょっとワクワクしちゃうこと!

 

ひとりじゃない、ひとりにはなれない。

一昨日のブログ記事を書いたら、(http://mynameismiracle.pw/2017/08/12/すべては「感動する演奏」のためだった。/)それを読んでくれた大学の時の同級生が電話をくれた。

 

「どうしても直接話がしたくて」

 

って。ブログの内容にとても共感してくれたとのこと。

 

私もほんとうにうれしかったー。

 

大学卒業してから、まったく違う人生を歩んできたわけで、今もまったく違う境遇だけど、こんなふうに気持ちを通わせることができる、っていうのはほんとうに奇跡のようなこと。

 

どうしても人は

 

「この気持ちはきっと誰にも分からない。私にしか」

 

と思いがちだけど、そんなことはない。

 

必ず分かってくれる人がいる。いるんだね。

 

個人的な経験をして、それを分かち合う人を探すんじゃなくて、

 

個人的な経験、っていうのは実はないんだよね。

 

常に経験しているのは全体。

 

個人は全体で、全体は個人なんだよ。

 

だからどんなときもひとりじゃない、ってこと。

 

厳密にいうとひとりにはなれない。

 

素敵〜♥

 

You are powerful. You are miracle.

必要なのは勇気じゃない

今日みやたちゃんに、死神の夢の話をしていて、自分でもへーと思ったのでワスレナイうちに書いておきます。

 

私「そのとき、夢の中で死神を振り切って動いたの!」

 

みやた「へーすごいね。勇気が出たんだ」

 

私「違う違う、それは勇気じゃなかった」

 

みやた「勇気じゃない?」

 

私「うん、勇気を出したんじゃなくて、そのときやってきた衝動に身を委ねたってことだと思う。真逆のエネルギーだよね」

 

 

なにかを変えようとするとき、

 

今までのパターンを変えようとするとき、

 

人はよく「勇気がない」とか言う。

 

でも勇気なんてどうやったって出ない。出るわけない。

 

大切なのは、やってくる衝動に気づけるかということ。

 

そしてやってきたときに、その衝動に身を任せて動けるかどうか、ということ。

 

なにも考えない、ということ。

 

勇気は思考にすぎない。だから、そこに勇気は必要ない。

 

あなたに足りないのは勇気じゃない。