腫瘍は小さくなってるってことで

今日は3ヶ月に一度の検診日。

 

分かってるんだけど、緊張する日。

 

先生はエコーの画像を見て、

 

「うーん、小さくなってるって言えないこともないんだけど、うーんって感じかな」

 

と。画像を見せていただくと、腫瘍本体があって、それをぐるっと水が囲んでいて、たしかに三ヶ月前に比べて本体の大きさは確かに小さくなっているように見える。

 

「エコーって結局音の振動だから、細かいところまではわからないっていうか、どんぶり勘定なんだよね」

 

そ、そそ、そうなんですか?!

 

「じゃ、先生としては、良くなっているとは言えないと」

 

「言えないね」

 

がんの進行はほんとうに読めないってことなんだろう。

 

「じゃあ、私が自分で「腫瘍は小さくなってる!」って思ってるっていうのはどうです?」

 

「それは別に良いんじゃない」

 

「じゃ、それで行きます!」

 

ということで、腫瘍は小さくなってましたよー!(やった!)

 

「でも先生、たしかなことは、決して悪くはなってないですよね!」

 

「それはそう、悪くはなってないよ」

 

「じゃ、それで十分です」(withビックスマイル)

 

それで十分です。

 

だって、体調はかつてないほど最高で、毎日ハッピーだし、これ以上なにを望むというのでしょう。

 

ありがたいの。ひたすらありがたいの。

 

「じゃ、また3ヶ月後ね」

 

ということでお薬をいただきました。めでたし、めでたし。

 

それにしても乳腺外科の待合室は激混み。

 

すぐそばには30代なかばくらいの女性が、旦那さんのような男性と、ひたすら検査結果について呼ばれるのを無言で待っていたり。

 

別の病院で検査して、再検査に来てる、というお母さんと娘さんとか。

 

「わかるよーーーーーー、気持ちはわかるよーーーーーーー」

 

と思った。あの白とも黒ともわからないグレイの日々。つらいっすよねーーーーー。

 

私も、いつまでもその気持ちを忘れずに日々自分ケアに励もうと思いました。

 

今日は昨日買ったまっ赤なコートで通院してみた。

 

まーこれ着てると、いろんな人とめちゃくちゃ目が合うこと合うこと(笑)

 

こんな派手な患者はそういないよね、わかってるわかってる(笑)

 

 

 

1日1クリックよろしくね。

 

受け取ったらリリースする

忘れもしない2016年の9月8日、乳がん検診に行ってあれこれ調べられて、限りなくクロに近い!っていう確信を得た帰り道。

 

立ち寄ったフードホールで、「乳がん」とか「Breast cancer」とか「手術」とか検索しまくってた。

 

そのとき、海外のサイトで、

 

「乳がんになる人はInputとOutputのバランスが悪い」

 

という記事があったの。その瞬間「コレ、私じゃん!」って思って衝撃を受けたけど、それ以降いろいろ大変すぎて忘れてた。

 

でも最近、14ヶ月経って、それがどーゆー意味か分かったんです!!!

 

作品をため込んでたのー。

 

私は2000年の9月から作曲を始めて、まーオソロシイ速度で曲を書いてきました。

 

自分でも何曲あるか分からないの(笑)

 

楽譜に書いたまま起こしてない曲もあるんだけど、自分で吹いて打ち込みで作った音源が自分のコンピューターにたまっていて、自分でも忘れてる曲とかあるくらいためにためてたことが判明。

 

そのファイルの羅列を見てたら、

 

「とぐろ巻いてるんじゃ?」

 

って思った。どこにも行けないエネルギーがそこでぐるぐるうずまいてて、ううう、と気分が悪くなりました(笑)。

 

滞ってる。

 

これは、いかーーーーーん!!!!!

 

エネルギーがあるものはすべて閉じ込めておくと弊害が起きます。

 

作品もそうですが、人間も。

 

そしていろいろな感情も。創作意欲なんか人間の根管に関わるとにかくパワフルなものだから閉じ込めておくと危険なの

 

文字通り、危険

 

だって、この世にあるものは(目に見えるものも見えないものも)すべて誰かが所有しているものでもないし、できるものでもない。

 

すべて解き放たないと。それがどんなものであれ、自由にしてあげないと。

 

私の場合は、釣りに出かけて魚を釣るだけ釣って、ボートが沈みそうになってた(笑)

 

リリースすることに決めた。ぜーんぶ。今年中に。

 

Inputしたら(受け取ったら)Outputする。(リリースする)

 

カンタンに聞こえるけど、カンタンじゃない。

 

シンプルに聞こえるけど、シンプルじゃない。

 

ためてる人は、リリースしていこうね。私は、この2ヶ月全力でやりますよー!

 

 

1日1クリックよろしくね。

ガンでなくてもどっちでもよかった

昨日のブログの続きがアップされています。まずは読んでみてください。

 

https://ameblo.jp/la-foglia/entry-12324727597.html

 

そして、(私をよくご存じの方は想像できるかと思いますが)

 

なんにも覚えてないの(笑)そんなこと言ったかしら、わたくし?

 

よく「サクラさんに言われた言葉が忘れられなくて」とか言っていただくのですが、

 

本人ほぼ100%覚えてないの。

 

うふふ、そーゆー言葉は「自分」から出てないからね。

 

私はただのパイプのようなもの。

 

通過したらそれっきり。

 

でも、いい言葉だ。「ガンでなくてもどっちでもいい」

 

とっても自由でオープンで明るい感じがするし、ほんとうにどっちでもいい。

 

どっちでもいいのです。

 

 

1日1クリックよろしくね。

シミもキズもありながら、それと仲良く暮らす。

日曜日のコンサートで、

 

「私も精密検査で引っかかって」

 

とか

 

「半年に一度はチェックをしている」

 

という女性達にお会いしました。

 

乳がんは女性なら誰でも(実は男性もまれにあるらしい)かかる可能性のある病気なんですよねー。

 

私はかかりません!っていう人はいない。

 

乳がんに限らず、みんななにかしら、病気だったり、病気の種を抱えているよねー。

 

生まれつきの体質とか、遺伝とかもある。

 

きれいさっぱりフリーです!っていう人はいない。

 

でもいろいろ持っていたとしても、

 

発病しなければいい。

 

たとえ細胞が変異して、腫瘍や血栓なんか出来ていたとしても、

 

それがちゃんと大人しくして、成長しなければ大丈夫。

 

元気に見えるあの人もあの人も、きっと、なにかしら抱えてる。

 

生きているっていうのはそういうことだ。真っ白じゃない。

 

シミもキズもありながら、それと仲良く暮らす。

 

シミもキズも仲間にして、身内にして、大切な毎日を大切に過ごす。

 

いろいろあっても、いろいろ持ってても、それでいい。You are perfect。

乳がん検査だけが大事なんじゃない

今からちょうど1年前の2016年、9月8日、私は突然思い立って乳がん検査を受けた。

 

エコー検査からのマンモグラフィー、その日のうちに細胞診(しこりに針を刺す)までされて、MRIの予約も取らされた。

 

ほとんど有罪確定、だな、と思いながらどーしよーと途方に暮れていた。

 

そしてきっかり1年後、こんなに健康になった私がいる。しゃきーん!!!

 

がんはまだ私から完全に消えていないけれど、もはやがんは私につかまっていられなくなってきているのを感じる。

 

でね、私が1周年に思うのは、

 

乳がん検査だけが大事なんじゃない

 

ってこと。

 

乳がんを経験した人はみな口をそろえて「早く検診に行って」とか言うけれど。私は人に「私もしたから、あなたも我慢しようよ」と言いたくないタイプ。

 

だって、どう考えても、あれって最悪の時間だし、マンモグラフィーとMRIに関しては二度と受けたくないし、受けるつもりもない。

 

しかも結果を待ってる時間がとにかく地獄。なにも手に着かなくて、検索しまくっては最悪の事態を想像し、カラダがどんどん冷えていって、免疫は急降下。

 

良いコトなんてひとつもないぜよベイビー。

 

乳がんが見つかる2016年の9月8日以前の私は「健康」だということになっていたけれど、実際はそうじゃなかった。

 

ばっちり悪性腫瘍を抱えておそらく10年以上暮らしていた。

 

でも(なぜか)2013年頃からものすごく熱心にコールドプレスジュースを飲んだり、ホットヨガを始めたりして、

 

少なくともその三年間、私はずっと(知らないうちに)治療をしてきたのだと思う。

 

もしも「がん」がカラダの中にあったとしても、それを増やしたりしなければ、元気で、健康でいられる。Look at me!

 

みんなひとつやふたつ、きっと抱えてるよねー?

 

そして、食生活や生活習慣を改めるのは、がんが見つかってからじゃなくても良くない?

 

今すぐ健康になっちゃえば良くない?

 

検診でがんを見つけられるんじゃないか、ってひやひやするんじゃなくて、

 

あっても大丈夫なんで!なんとかできるんで!くらいの自信があれば、怖いものなんてない。

 

その自信は毎日の食生活が支えてくれる。(私の場合足もみとヨガも!)

 

がんを見つける乳がん検査も大事かもしれないけど、

 

あったら一環のおしまいなんかじゃない。

 

たとえあったとしても、増えなければ大丈夫。

 

どんながんも最初はひとつの細胞分裂から始まる。

 

健康になってがんを追い越せば、消えちゃうよ?私みたいに。

 

怖い思いはなるべくしたくない。する必要ない。怖いのやだ。

 

それに、食事や生活習慣に気を付けるっていうことは、自分をケアする、自分を好きになるということ。

 

それもがんが教えてくれた大切なこと。検査だけがすべてじゃない。

ガンが視界から消えるくらい、もっともっと今日を、今を、満タンにする。

昨日の検査の結果をドクターのお友達に報告した。いつも支えになってくれるありがたくて、素敵な存在。

 

彼には画像とかを見せているわけではなくて、私が状況をつたなく説明するだけ。

 

彼の返信。

 

いずれにしても腫瘍そのものが大きくはなっていないということは事実なので、3ヶ月に一度のフォローアップでいいと思います。体調が良くて日常生活が幸せに送れているのなら、これ以上なにが必要と言うのでしょう。

 

ほんとに、ほんとに、ほんとに!!!

 

気づいた。ガンと分かってから1年、ガンが消えることを目指して、ありとあらゆることをやってきた。それ中心の生活だった。

 

でもガンを消すことは私の目的ではない。

 

体調が良くて、日常生活を幸せに送ること。

 

まさにそれが叶っている。

 

まだカラダの中にガンはあるけれど、それがどうしたと言うんだ!私は元気だし、健康なのよー!

 

それを言えるのは私だ。検査結果とかお医者さんは関係ない。

 

もっともっとエネルギーは高まっていく。そしてガンを追い越す。ガンが視界から消えるくらい、もっともっと今日を、今を、満タンにする。

 

それで行きましょー。今日は3時から第一回目の「認知症予防コンサート」。楽しみ。だってそんな企画、私たちしかできないもーん!

カワッテル患者

3ヶ月に一度のエコー検査の日でした。

 

先生は「変わってない」と言ってましたが、エコー画像を見ると、あきらかに腫瘍本体は小さくなってる。腫瘍のカタチが違う。

 

先生「でも腫瘍本体の大きさは変わってない。それにこの腫瘍の周りは水で、日によって、体調によって変わってるはずなんだよ」

 

なるほど。でも、カクジツに小さくなってますよね、と言いたい気持ちをおさえた。毎日毎日来る日も来る日も首まわりのリンパマッサージをして、チェックしているのは私だし、先生はおっぱいの専門医かもしれないけど、私のおっぱいを一番知ってるのは私なの。

 

「新しい強い薬を投入して、腫瘍に働きかけるってこともできるけど」

 

「いえいえ、結構です」きっぱりと断る私。「先生、私、乳がんになってからあれこれやって、すごく元気になったんですよ。体調もすごく良いんです。だからなにも変えたくないんです」

 

「そう、それだったらいいんじゃない、また3ヶ月後に来てください」

 

無事終了。

 

私はものすごくカワッテル患者だろうなー。頼らないし、カラダの中にガンがあっても良いとか言ってるし。

 

先生は外科医だから、悪性腫瘍発見→手術!取り除く!っていうのが専門だし、得意なはずなのに、放置して観察するなんて、実力が発揮できないよね。

 

それでも私のやりたいようにやらせてくれる先生に感謝。さすがは私の先生だ。

 

それにしてもくたくた。なぜならエコー検査の技師さんがピカピカの新人さんで、時間がいつもの倍以上かかった上に、先輩技師から「違う、もうちょっと上よ」とか「これは、脂肪なのよ」とかものすごく指導されてて、ハートが強いはずの私でも相当きつかった。

 

だって「ちょっと替わります」とか言われたら、なにかあるんじゃないかと思うじゃない!!

 

文字通り胸を貸したのねー。一日も早く立派な検査技師になるんだよー。

 

さて、また今日からコツコツやっていきます。

 

自分のカラダを大事にして、かわいがってあげるのは今までとまったく同じ。

 

私のカラダにガンがあるなら、それごとかわいがってあげなくちゃね。愛おしい私の一部。

 

コラーゲンが守ってくれる

おはようございます。今日もハッピーで能天気な桃サクラです。

 

昨日の結果をお医者さんをしている友達に報告したところ、とってもすばらしいコメントをいただいたんです。

 

あのエコーに映っていた水はどうやらコラーゲン。

 

タンパク質、鉄分、ビタミンCを十分摂っていれば、身体がコラーゲンを作ってくれて、良質のコラーゲンは腫瘍を取り囲んで転移を防いでくれる。

 

そうしている間に免疫機能が腫瘍を分解していく。

 

そういうメカニズムなんだそうです。

 

ほーーー。

 

カラダすごい!!!!

 

コラーゲンってなにかというとつまりは皮膚などを構成するタンパク質の一種で、「細胞同士を結び付ける」「支える」「外との境界線をつくる」という役割を果たしている。

 

関節とかお肌にとかいいとか言ってるけど、つまりはそういうことなんだ。知らなかった。

 

ちょっと調べてみたら、コラーゲンを体内でちゃんと合成するために、

 

ビタミンCと一緒に摂る

 

継続して摂る

 

油っぽい食事、糖質の多い食事は避ける

 

のが大切とか。なるほどねー。

 

http://hadalove.jp/collagen-effect-5470

 

以前その友達に

 

「とにかくタンパク質が大切だから」

 

と言われて、糖質を摂らない分、タンパク質は意識してちゃんと摂ってきた。

 

カラダはちゃんと反応してるんだ。すごい。

 

でもそんなふうに応援してあげれば、カラダはちゃんと応えてくれるんだ、すごい!愛おしい。

 

ますますパワフルなう。

ガン小さくなってました!

エコー検査のために病院行ってきました!

 

やっぱり小っちゃくなってましたよ!

 

やったねの顔。

 

 

ドクターのさがなのか、「ガンが小さくなっていると言えないことはない」とか慎重な発言をしてたけど、なんかちょっと嬉しそうな感じだった先生。バレるわね(笑)

 

そしてやっぱり彼は外科医なので、

 

「いや僕は切った方がいいと思うけどね」

 

と言っていた。なので即、

 

「いやいや私はとことん粘ります」

 

と即答しておきました。あったりまえー。(先生の言うことを聞かない患者とは私のことです)

 

私の感覚はやっぱり正しかった。腫瘍全体の大きさは変わってないんだけど、内部が水と腫瘍に分かれるみたいになっていて、前回よりあきらかに水が増えて腫瘍が小さくなってました。だから触ったときの感覚が変わってたんだね。

 

水があっても特に悪いことはない、と言っていたのでよかった。

 

以前ムラキテルミさんの本を読んだときに、彼女の肝臓ガンが消えるときにやっぱりそんなふうになったと書いてあったので、治癒のプロセスなのかもしれない。

 

次回のスキャンは8月30日。ガン発覚から約1年だから、きっちりその頃には消えているでしょう!

 

先生や薬剤師さんは「薬が効いたんでしょう」と言うけれど、それならそれで良し!

 

だってもはや何が効いたのか本人が一番分からない(笑)

 

ランチはフルーツサラダ。

 

これ、去年9月に「あなたのは悪性です。ガンです」って告知された後に食べたのと同じフルーツサラダなのです。(最初に検査に行ったクリニックと今行っている大病院が同じ駅!)

 

あのときは「ガンだったらもうその瞬間から21日のフルーツ断食突入だ」と思っていたので、「やっぱりか・・・」ってかなりショックを受けながら食べたなぁ。

 

あれから8ヶ月。今、こんな気持ちで、あの頃よりずっと健康なココロとカラダでもう一回これを食べてる私。

 

幸せだ・・・・。

 

というわけで私のヘルシーライフは続く、続くのだ!

検査の結果が教えてくれること

病院に行ってエコー検査をする日。

ホルモン治療に切り替えて、それ以来お薬を飲んできて3ヶ月経ったので腫瘍がどうなっているのか、チェックアップというわけ。

 

朝、母に「行ってきます!」と言ったら心配そうにしていた母に、

 

「何も変わらないよ」

 

と言ったのだが、自分で言ったとおり、ほんとになにも変わっていなかった、エコーの検査結果。

 

ガンはまだ私の中にあるのだ。そんな気がしてたよ。

 

先生は私の先生だけあって、私が言う前から「じゃあまた3ヶ月後にもう一度エコーをして、5月の終わりに来てもらって、そのときまた、薬を変えるなりなんなり考えましょう」と提案してくれた。そうそう、That’s what I want.

 

自分でもびっくりするくらいなにも感想が出てこない。ヒジョーにフラットな反応。

 

私は分かってたんだな。

 

ふと「私にはまだガンが必要なのかも」と思った。

 

そんなことって・・・あるんです。

 

まだまだほどけきれない、手放しきれないなにかがある・・・感じがする。

 

そもそも「ガンを撃退する」とか「ガンを消す」とかあんまり思ってないの。

 

だってガンはまぎれもなく私の一部なんだよ。

 

進行しなければ、そこにいるだけならば、いたって別にいいじゃない、と私は思う。

 

私の一部ならば、その意志もちゃんとリスペクトしてあげたい。こっちの都合で「出ていって!」とか言いたくない。きっとガンにはガンの気持ちがあって、タイミングがあるはずだから。私がコントロールできるようなことじゃない。

 

私たちはなんにもコントロールできないんだから。

 

きれいごとじゃなく、そう思う。

 

さぁ私はなにも変わってない。

 

でも今までありとあらゆることをやってきたからこそ思うのは、

 

もうこれ以上はマジメ方向には行かれない。

 

ってこと。

 

だっていろんなことをベストを尽くしてやってきたけど、なにも変わってないわけだから。(まぁでも6ヶ月経って変わっていないというのは進行していないということだからとても良いこと♡)

 

何も変えなくていい。あとは緩むだけ。まだまだ緩もう。手放して、手放して手放しつくそう。

 

また3ヶ月時間をもらった♡

 

やっぱりこの3ヶ月で第一位のハイライトは、CT検査をばっくれたこと、第二位はバンコクに高飛びしたこと!(笑)

 

さぁ次にはなにが来るのかしら?きゃー(笑)

 

楽〜♡な気持ちでまだまだ行けるところまで緩みます♡

 

というわけでお祝いにりんごとバナナのフレンチトースト食べちゃった。

 

こんな自分が好きです♡