それが副作用であれ、体質改善であれ、

今日はホルモン療法の注射リュープリン2回目を打ちに病院に行って来ました。

 

満員の待合室で2時間待たされかなり消耗・・・

 

したと思ったけど、帰ってきてバナナ食べたら治った。腹減ってただけ?(笑)

 

最近自分の単純さが愉快すぎて笑う(笑)

 

副作用らしい副作用はないのだけど、汗をかくのも副作用だと言われた。

 

んーでもそれ、どっちでもよくね?(笑)

 

ただ私は万年冷え性だったので、こんなに汗をかくのは小学生以来なので、新鮮でちょっと嬉しい。

 

それが副作用であろうと、体質改善であろうと、

 

自分が「よし」と思えて、ほんとうに健康だと感じるのなら、どっちでもいい。

 

自分の体調のエクスパートは私だ。先生じゃない。

 

先生は「変わってないよね」と何度も言うけど、実はそれは「良いこと」として言っているらしい、というのを今日感じた。

 

私は「治ってない」って感じで受け取っちゃうんだけど、違うよね。悪くなってない、ってだけでサイコーなんだよね!ガンなんだし!

 

でもそろそろ病気やめたい!卒業したい!と今日本気で思った。

 

よし、やめるぞ。

歯医者の受付の人が天使に見える

今日は歯医者の定期検診に行って来ました。3ヶ月に一度ハガキが来るとちゃんと行く。

 

 

前回は歯垢がたまっていたところも今回はきれいでした!と言われた。

 

ココナッツターメリック歯磨き粉

 

 

ターメリック効果か?!まだ3日しか磨いてないけど・笑

 

オーストラリアではものすごーく歯医者が高くて、毎回会計のときには心臓が止まりそうだった。(冗談ではありませぬ)

 

だから今日みたいに1800円です、とか言われると、受付の人が天使に見える。ありがたいよ〜。

 

日本に帰ってきてからすぐ、奥歯の根っこの治療に6ヶ月以上、毎週毎週通っていた。

 

それをやらないと、インプラントか、抜いちゃうしかなかったと思う。

 

どうしてもその歯を救いたかったの。一本あるのとないのとでは大違い。

 

フルートのため、音楽のため。歯はほんとうに大切。

 

だから今日も私はあの頃の私に感謝しているの。よくぞ通ってくれたね、ありがとう。

 

なにか不具合があってもあきらめずに、時間を掛けてそれを治そうとするのは私のNature(性質)なのだな。がんだってそうだもの。切っちゃえば、取り除けばおしまい、とは思っていない。

 

人間関係もそう。あいつはダメだ、って切り離さない。切り離す、なんて幻想だけど。

治すんじゃなくて、治るとひとつだということ。

乳がんが分かってから今年の9月で2年。

 

あと4ヶ月で治したいなー。消えないかなー。

 

病気と闘う、とかって言うけど、それって自分の外側にあるイメージ。

 

自分ではコントロールできないものと必死に闘うイメージ。

 

でもそれって違うよな−。

 

私は病気で、病気は私なのに。

 

それは分離してない。

 

治るってことは私そのもので、私そのものは治るってこと。

 

治す、んじゃなくて、治るとひとつだということ。

 

ひとつって素敵。(正確にはいつだってひとつでそれに気づく、ということだけど)

 

以前は食べたいものを我慢したり、なるべくなるべくヘルシーなものを食べなくちゃいけない、とか思ってたけど、もう最近はなーんにもコントロールしてないのに野菜や果物とか自然なものが好きで、人工的なものには手が伸びなくなった。

 

以前は一生懸命飛ぼう飛ぼうとしてバタバタしてたけど、気がついたら羽ばたかなくても浮いてたよ?って感じ。

 

いつのまにか、I(私)がIt(それ)になってきてる。安心な感じ。

副作用、来るなら来いっ!

昨日の夜は壮大なアドベンチャームービーのような夢を見ていて、

 

3つのタスクが達成されたらガンが消える!

 

とかいう展開で、奮闘していた(ような記憶)。私の今の状態。変化がすさまじくて常に奮闘中。

 

腫瘍のチェックは日課なんだけど、日々小さくなっていっている気がする。

 

2月の終わりに注射を打って、毎朝2錠のホルモン療法のお薬を飲んでいるのだけど、これはつまり、エストロゲンを出さないように、

 

つまりは、更年期になるようにしている状態。

 

先生によると、ガンのえさを断ち切るため。

 

でも人によってはこの注射や薬、副作用がものすごいみたいで、私も

 

「来るなら来いっ!」

 

と受けて立つ気満々なんだけど、

 

なーーんにも出てない。ピース。

 

以前と比べてダンゼン暑がりになってるけど、これは冷え性が改善したからで、ホットフラッシュとかとは違ってる。

 

足もみでごりごりデトックスされちゃってるのかもねー。

 

そもそも更年期、って名前付けちゃうとちょっとなんでも許される感じがしないでもないけど、薬を使って更年期にしてるのに出ない場合もあるわけで、ほんとうに人の身体はそれぞれなんだなーと思う。

 

今日は青山に行ったので、「うむ、せっかくだ!青山らしいものをなにか!」と思って探して、フランス人が経営している「Citron」っていうおしゃれカフェで、グラタンセットを食べてきました。

 

シェファーズパイみたいな感じで、野菜がごろごろ入ってて本当に美味しかった。スープはグリーンピースでした。

 

最近ヨーロッパのガイドブックをずっと読んでるので「うむ、フランス!いいじゃないか!」と単純に思いました(笑)行ってみたい。

 

いよいよ乳がんが消える

昨日は病院に行って来ました。

 

一ヶ月前に撮ったばかりだけど、再びエコー。

 

それでね、初めて先生がはっきり認めてくださいましたよ!

 

「小さくなってると言えばなってるのかな」

 

ですよね!!

 

素人目に見ても腫瘍の形がかなりはっきり変わってます!

 

でも幅は変わってなくて、おそらく立体的な高さが変わっているんだけど、エコーにはそれがうまく映らないらしい。

 

「毎朝触ってチェックしているんですけど」と言ったら、「フラットになってきてる感じはするんだね」とちゃんと私の感触の話にも耳を傾けてくれる。名医だ。

 

先生「でも時間も経ってるのに、全然広がったり大きくなったりしていないよね、がんなのに!」

 

たしかに!毎日乳がんと向き合い続ける先生の言葉は、重い。

 

今飲んでいるタモキシフェンという薬を変えるんですか?と聞いたら、

 

「うーん、新しく変えるとしたらその薬は指がちょっとカクカクするかもしれない」

 

と言った後で、

 

「音楽やってるんだよね?困るでしょう」

 

か、感動!!!大感動!!!ご存じでしたか!!

 

「ま、今の薬でまた様子見ようか。手術受けたくなったらいつでも連絡して」

 

といつものようにお決まりの手術押しをしたあとで、私が「いいえたぶん連絡しません」(笑)で終了。

 

先生はいつでも私の言うことをとても尊重してくれる。医師として「これがベストだ」と思っていることは提案してくれるけど、最後は患者が決めることだという信念がある。さすがは私の先生、名医だ。

 

カルテに書いてあるだろう「音楽家」という文字だけで、こんなふうに尊重してくれて、向き合ってくれる。それは私への敬意。音楽への敬意。

 

「でも、そろそろもう少し小さくなってきてもいいよね」

 

と言った先生の言葉で、「それはそうだ!」と言う気になった私。乳がんが分かってから1年半。ずっとがんと共に生きてきたけど、もうそろそろお別れするときが来たのかもしれない。

 

やっぱり人を動かすのは説得でもなければ脅しでもない。敬意だし、愛だと思う。

 

すべてに感謝しかない。

 

さて、いよいよ乳がんが消えるのね。行くわよー。

不安なときは検索しないこと

乳がんが発覚した直後、私は死ぬほど検索をしていた。

 

キーワードはもちろん、「乳がん」「治療」「ステージ」などなど。

 

不安がつのって、しないではいられなかったんだよね。

 

でもあるとき、狂ったように検索してて、ふと気づいたらものすごーく身体が冷えていたのに気づいた。

 

9月だったのに。暑い日だったのに。

 

それではっと気づいた。

 

「これは・・・良くない。免疫が下がってる。病気が悪くなる」

 

その瞬間からもう、検索は一切やめたのでした。

 

入ってくる情報だけ信頼して受け取る。自分から探しに行かない。

 

そしたらびっくりするくらい平和になって、身体も冷たくならないし、体温も上がるし。

 

検索って、誰かがしていることを調べることで、

 

それは自分が正しいかどうかを確かめたいのだし、つまりは人と自分を比べる、ってこと。

 

誰とも比べなくていい。

 

結局は私しかいない。

 

乳がんも他の病気も、罹った人の数だけあって、ひとつも同じではない。

 

オリジナルで唯一無二なもの。

 

今日の午後、今始めようとしているプロジェクトに似たものを検索してたら、どん底級に憂うつになって、ふと気づいたの。

 

うっ、検索してるじゃないか!不安なのね、私?

 

即刻ストップした。もうしません。

 

大切なのは身体の免疫が高いこと。

 

準備が出来ているということ。

 

そうすればたいていどんなことだって出来ます。

 

検索は電車の時間くらいにしておこうね。必要最低限のことだけ知っとけば良い。

 

不安になったら、検索より、深呼吸。免疫上がるよ。

 

明日は三ヶ月に一度の検査だ。良くなってるってわかってるけど、ちょっとナーバス。

 

ガンを追い越す!

少し前のこと。

 

右胸に小さな赤いできものを発見。

 

それだけで、震えるほど怖くなった。

 

なにかの症状?

 

悪くなってる?

 

新しいのができた?

 

いやいや私の右胸はすでに有罪確定が出てるんですけど、なにかそれとの関係が?!

 

少し前の天候がちょっと肌寒くて、曇っていて、ちょうど去年の乳がん発覚の頃の気候だったせいもあったと思う。

 

怖くて怖くて、怖いと人は検索するものです。

 

 

検索しまくっていて、ふと気づいた。

 

もうすでに良くなっていて、克服したはず!と思っているのに、なにかちょっとあるだけでこーんなに怖い!!

 

それがガンというものなのね。

 

油断はできないのね。

 

でもそのとき、毎日やってる足もみとか、食事療法とかが、がーっちり私を支えてくれたのを実感した。

 

ああこういうときのためなんだ!と思った。

 

治りたい、だけじゃ足りない。

 

ガンを追い越さなくちゃ!

 

まだガンは私のカラダの中にあるし、消えるかどうかも分からないけれど、

 

ガンはガンで意志があって、命があるのなら、

 

私は私で、もっと元気になろう。

 

ガンを追い越して、引き離して、二度と追いつけないくらい元気になろう。

 

今まで見たこともない景色を見よう。見たいじゃないかー。

 

私たちにはそのチカラがある。

 

 

P.S. 右胸のできものは一週間で消えました。たぶんダニ。それにしてもまぁゼツミョーな場所に刺してくれたもんです(笑)

コエンザイムQ10に感動

月1回はお世話になっているiHerbで、突然注文してみたコエンザイムQ10。

 

 

1ヶ月分のお試し購入、という感じだった。なんとなーく買ってみた。Saleだったし。

 

https://jp.iherb.com/tr/cb?pcodes=CGN-00944&rcode=JVK406

 

で、なんとなーく飲み始めてみたんだけど、眠りがより深くなったような?

 

調べてみたら、補酵素、というもので、抗酸化作用があって、身体のさび付きを取ってくれる素敵な栄養素だった。

http://www.orthomolecular.jp/nutrition/coq10/

 

心臓の働きを良くしてくれるし、歯の状態も良くしてくれる。なにより免疫改善効果がすばらしい。

 

ウェブの記事を読んでいたら、なんと乳がん治療にも用いられてることがわかった。

 

http://www.1kampo.com/topics-23.html

 

乳がん患者はコエンザイムQ10の血中濃度が低いんだそうだ。ほーーーー。

 

もうこれは、飲むしかないでしょ。もう飲んでるけど。

 

ビタミンEと一緒に摂るとより良いそう。

 

アンチエイジングにも効果バツグンらしいので、疲れやすい人は飲んでみるといいかも。よく眠れるよー。

 

それにしても自分のアンテナ感度に感動です。

 

いつだって必要なものは、ちゃんと向こうから来てくれる。

奇跡だよね

先週検査を受けて結果が出てからというもの、なーんにも手に着かない。

 

結果が出たらあれもして、これもして、これも終わらせて、とか予定だけはてんこ盛りだったのに、

 

なにも手に着かない。

 

ちょっとぐったりしてるの。

 

それだけ大きいことだったのだな、と改めて自分をいたわってあげたい気持ちになったりしている。

 

「あなたはガンです」

 

っていう告知は、私の人生を変えた。

 

どうしていいか分からなくなって、とにかく治さなくては、治るのだろうか、私はどうなるの?とパニックになった。

 

どんなおそろしい治療が待っているのか怖くて仕方なかった。

 

「手術をしたくない」というのは私の直感だった。

 

告知を受けた直後、最初に思わずした質問が「切らないで治せないんですか?」だったのだ。

 

若い女性のドクターの答えは「それはムリでしょうね」だった。

 

でも私はちゃんと治っている。

 

これって奇跡だよね?

 

私は毎日、奇跡を目の当たりにして、圧倒されている。

 

奇跡は、すごい。すべてを吹っ飛ばすエネルギーがそこにはある。

 

目の当たりにすると、言葉なんてなーんにも出てきやしない。

 

ただただそこにいるしかできない。

コラーゲンが守ってくれる

おはようございます。今日もハッピーで能天気な桃サクラです。

 

昨日の結果をお医者さんをしている友達に報告したところ、とってもすばらしいコメントをいただいたんです。

 

あのエコーに映っていた水はどうやらコラーゲン。

 

タンパク質、鉄分、ビタミンCを十分摂っていれば、身体がコラーゲンを作ってくれて、良質のコラーゲンは腫瘍を取り囲んで転移を防いでくれる。

 

そうしている間に免疫機能が腫瘍を分解していく。

 

そういうメカニズムなんだそうです。

 

ほーーー。

 

カラダすごい!!!!

 

コラーゲンってなにかというとつまりは皮膚などを構成するタンパク質の一種で、「細胞同士を結び付ける」「支える」「外との境界線をつくる」という役割を果たしている。

 

関節とかお肌にとかいいとか言ってるけど、つまりはそういうことなんだ。知らなかった。

 

ちょっと調べてみたら、コラーゲンを体内でちゃんと合成するために、

 

ビタミンCと一緒に摂る

 

継続して摂る

 

油っぽい食事、糖質の多い食事は避ける

 

のが大切とか。なるほどねー。

 

http://hadalove.jp/collagen-effect-5470

 

以前その友達に

 

「とにかくタンパク質が大切だから」

 

と言われて、糖質を摂らない分、タンパク質は意識してちゃんと摂ってきた。

 

カラダはちゃんと反応してるんだ。すごい。

 

でもそんなふうに応援してあげれば、カラダはちゃんと応えてくれるんだ、すごい!愛おしい。

 

ますますパワフルなう。