ガンを追い越す!

少し前のこと。

 

右胸に小さな赤いできものを発見。

 

それだけで、震えるほど怖くなった。

 

なにかの症状?

 

悪くなってる?

 

新しいのができた?

 

いやいや私の右胸はすでに有罪確定が出てるんですけど、なにかそれとの関係が?!

 

少し前の天候がちょっと肌寒くて、曇っていて、ちょうど去年の乳がん発覚の頃の気候だったせいもあったと思う。

 

怖くて怖くて、怖いと人は検索するものです。

 

 

検索しまくっていて、ふと気づいた。

 

もうすでに良くなっていて、克服したはず!と思っているのに、なにかちょっとあるだけでこーんなに怖い!!

 

それがガンというものなのね。

 

油断はできないのね。

 

でもそのとき、毎日やってる足もみとか、食事療法とかが、がーっちり私を支えてくれたのを実感した。

 

ああこういうときのためなんだ!と思った。

 

治りたい、だけじゃ足りない。

 

ガンを追い越さなくちゃ!

 

まだガンは私のカラダの中にあるし、消えるかどうかも分からないけれど、

 

ガンはガンで意志があって、命があるのなら、

 

私は私で、もっと元気になろう。

 

ガンを追い越して、引き離して、二度と追いつけないくらい元気になろう。

 

今まで見たこともない景色を見よう。見たいじゃないかー。

 

私たちにはそのチカラがある。

 

 

P.S. 右胸のできものは一週間で消えました。たぶんダニ。それにしてもまぁゼツミョーな場所に刺してくれたもんです(笑)

コエンザイムQ10に感動

月1回はお世話になっているiHerbで、突然注文してみたコエンザイムQ10。

 

 

1ヶ月分のお試し購入、という感じだった。なんとなーく買ってみた。Saleだったし。

 

https://jp.iherb.com/tr/cb?pcodes=CGN-00944&rcode=JVK406

 

で、なんとなーく飲み始めてみたんだけど、眠りがより深くなったような?

 

調べてみたら、補酵素、というもので、抗酸化作用があって、身体のさび付きを取ってくれる素敵な栄養素だった。

http://www.orthomolecular.jp/nutrition/coq10/

 

心臓の働きを良くしてくれるし、歯の状態も良くしてくれる。なにより免疫改善効果がすばらしい。

 

ウェブの記事を読んでいたら、なんと乳がん治療にも用いられてることがわかった。

 

http://www.1kampo.com/topics-23.html

 

乳がん患者はコエンザイムQ10の血中濃度が低いんだそうだ。ほーーーー。

 

もうこれは、飲むしかないでしょ。もう飲んでるけど。

 

ビタミンEと一緒に摂るとより良いそう。

 

アンチエイジングにも効果バツグンらしいので、疲れやすい人は飲んでみるといいかも。よく眠れるよー。

 

それにしても自分のアンテナ感度に感動です。

 

いつだって必要なものは、ちゃんと向こうから来てくれる。

奇跡だよね

先週検査を受けて結果が出てからというもの、なーんにも手に着かない。

 

結果が出たらあれもして、これもして、これも終わらせて、とか予定だけはてんこ盛りだったのに、

 

なにも手に着かない。

 

ちょっとぐったりしてるの。

 

それだけ大きいことだったのだな、と改めて自分をいたわってあげたい気持ちになったりしている。

 

「あなたはガンです」

 

っていう告知は、私の人生を変えた。

 

どうしていいか分からなくなって、とにかく治さなくては、治るのだろうか、私はどうなるの?とパニックになった。

 

どんなおそろしい治療が待っているのか怖くて仕方なかった。

 

「手術をしたくない」というのは私の直感だった。

 

告知を受けた直後、最初に思わずした質問が「切らないで治せないんですか?」だったのだ。

 

若い女性のドクターの答えは「それはムリでしょうね」だった。

 

でも私はちゃんと治っている。

 

これって奇跡だよね?

 

私は毎日、奇跡を目の当たりにして、圧倒されている。

 

奇跡は、すごい。すべてを吹っ飛ばすエネルギーがそこにはある。

 

目の当たりにすると、言葉なんてなーんにも出てきやしない。

 

ただただそこにいるしかできない。

コラーゲンが守ってくれる

おはようございます。今日もハッピーで能天気な桃サクラです。

 

昨日の結果をお医者さんをしている友達に報告したところ、とってもすばらしいコメントをいただいたんです。

 

あのエコーに映っていた水はどうやらコラーゲン。

 

タンパク質、鉄分、ビタミンCを十分摂っていれば、身体がコラーゲンを作ってくれて、良質のコラーゲンは腫瘍を取り囲んで転移を防いでくれる。

 

そうしている間に免疫機能が腫瘍を分解していく。

 

そういうメカニズムなんだそうです。

 

ほーーー。

 

カラダすごい!!!!

 

コラーゲンってなにかというとつまりは皮膚などを構成するタンパク質の一種で、「細胞同士を結び付ける」「支える」「外との境界線をつくる」という役割を果たしている。

 

関節とかお肌にとかいいとか言ってるけど、つまりはそういうことなんだ。知らなかった。

 

ちょっと調べてみたら、コラーゲンを体内でちゃんと合成するために、

 

ビタミンCと一緒に摂る

 

継続して摂る

 

油っぽい食事、糖質の多い食事は避ける

 

のが大切とか。なるほどねー。

 

http://hadalove.jp/collagen-effect-5470

 

以前その友達に

 

「とにかくタンパク質が大切だから」

 

と言われて、糖質を摂らない分、タンパク質は意識してちゃんと摂ってきた。

 

カラダはちゃんと反応してるんだ。すごい。

 

でもそんなふうに応援してあげれば、カラダはちゃんと応えてくれるんだ、すごい!愛おしい。

 

ますますパワフルなう。

ガン小さくなってました!

エコー検査のために病院行ってきました!

 

やっぱり小っちゃくなってましたよ!

 

やったねの顔。

 

 

ドクターのさがなのか、「ガンが小さくなっていると言えないことはない」とか慎重な発言をしてたけど、なんかちょっと嬉しそうな感じだった先生。バレるわね(笑)

 

そしてやっぱり彼は外科医なので、

 

「いや僕は切った方がいいと思うけどね」

 

と言っていた。なので即、

 

「いやいや私はとことん粘ります」

 

と即答しておきました。あったりまえー。(先生の言うことを聞かない患者とは私のことです)

 

私の感覚はやっぱり正しかった。腫瘍全体の大きさは変わってないんだけど、内部が水と腫瘍に分かれるみたいになっていて、前回よりあきらかに水が増えて腫瘍が小さくなってました。だから触ったときの感覚が変わってたんだね。

 

水があっても特に悪いことはない、と言っていたのでよかった。

 

以前ムラキテルミさんの本を読んだときに、彼女の肝臓ガンが消えるときにやっぱりそんなふうになったと書いてあったので、治癒のプロセスなのかもしれない。

 

次回のスキャンは8月30日。ガン発覚から約1年だから、きっちりその頃には消えているでしょう!

 

先生や薬剤師さんは「薬が効いたんでしょう」と言うけれど、それならそれで良し!

 

だってもはや何が効いたのか本人が一番分からない(笑)

 

ランチはフルーツサラダ。

 

これ、去年9月に「あなたのは悪性です。ガンです」って告知された後に食べたのと同じフルーツサラダなのです。(最初に検査に行ったクリニックと今行っている大病院が同じ駅!)

 

あのときは「ガンだったらもうその瞬間から21日のフルーツ断食突入だ」と思っていたので、「やっぱりか・・・」ってかなりショックを受けながら食べたなぁ。

 

あれから8ヶ月。今、こんな気持ちで、あの頃よりずっと健康なココロとカラダでもう一回これを食べてる私。

 

幸せだ・・・・。

 

というわけで私のヘルシーライフは続く、続くのだ!

ホルモン療法二ヶ月目

昨日は病院の日でした。

年末年始の間に移転していて、ホテルみたいに綺麗な病院になっていてすごかった〜。

12月14日から毎朝2錠、ホルモン療法のお薬を飲んでいて、今日はその副作用が出ていないかのチェック。

「めまいしたり、吐き気があったりしないですか?」

「まったくありません」

「他になんか変化や不快な症状は?」

「ないんですそれが!それどころか前より元気なんです、寒いのに!」

とか言ったら、

「そう、それはよかった」

とドクターは言っていた。たしかにそう言うしかないよなー。

「じゃ、今日二ヶ月分出しておきますからそれを飲んで、全部で三ヶ月になったらエコーを撮ります。小っちゃくなってたら続行。小っちゃくなってなかったら他の方法を考えましょう」

「はい」

先生はとってもフェアなドクター。患者さんの意志を尊重してくれるし、脅しのようなことは一切言わない。リスペクト。

二ヶ月分のお薬を出してもらう。

「副作用はありませんか?」

とまた聞かれたので「ありません!」と笑顔で答える。ありがたいことだよねー。

さぁ、エコー検査は3月8日に決まった。それまでとにかくガンを消す。目標はセットされたからあとはやるだけだね。

もちろん、なにも変えずに今まで通り、ただコツコツひたむきに瞬間瞬間を重ねていくだけ。それだけ。

時間をかけていい。ガンは広がったりしない

ネットでこんなサイトを偶然発見。

http://www.chrisbeatcancer.com

このクリスさんは、26歳のときステージ3の結腸ガンになって、すぐに手術を受け、抗がん剤治療を勧められたけど断って、食事療法でガンを治した人。このサイトには彼のように、標準治療以外で完治した人のインタビューがいっぱい掲載されている。

彼のメッセージで一番すごいな!と思ったのが、

「時間をかけていい。ガンは広がったりしないよ」

と言い切っているところ。

ガン患者にとってそれが一番怖いことなんだよね。

私も父に言われたもの。「はやく処置してもらえ」ってね。

でもなんかそれって違和感あるんだよ。

自分で作り出したものなんだから、自分で消せるはずなんだよ、間違いなく。

クリス、ありがとう。なんかパワー出てきた。

なんてひどい病気

今日はとあるピンクリボン関連団体のチャリティーディナーで演奏してきました。

この話、今年の最初にある日突然メールが来て依頼された。

そのとき「ああやっぱり今年中に乳がん検診受けなくちゃな」と直感で思った。

そして本番の日には乳がん患者になってるという・・・はーLife is interesting.ですな。

セッティングも豪華だったし、体裁も良かったけど、中身はなにもない、ぺらぺらなイベントだった。参加しててほんとむなしかった。

来ている人はみんな金持ちそうで、「あ、オレ!400万のブレスレット引き出しの上に置いてきちゃったんだけどさー」とかでかい声で電話しているものすごい派手な上下のスーツの男がいた。

げ、マジかよ

と思った。あんな人ホントにいるんだぜ?限りなく漫画っぽかった。

一番のハイライトは、私たちの出番の直前、ディナーの前にあったスピーチだった。

どこかのpresidentだか、チャリティーのトップだとか、エライ感じの女の人がこう言ったのだ。

「Breast cancer, such a terrible disease」(乳がん、なんてひどい病気なのでしょう)

かっちーん!!

来ちゃったもんね。

私、そのひどい病気をまぎれもなく持ってるんですけど?

それをTerribleとか言わないでちょーだいっ!

そのTerribleな乳がん、まぎれもなく、私のカラダの一部です。私の一部なの。

だからTerribleじゃない。悪者じゃない。

ちゃんとケアしてあげて、保護してあげて、大切にしてあげないといけない。それだけのこと。

こんなにたくさんの人が「乳がんの検診をもっと受けてもらうために」というとっても素敵にみえる目的のために集まっているはずなのに、

なんだかとても寂しい夜でした。中身がない。

あ、でもフルートは一生懸命愛をこめて吹いたよ。もちろんですとも。