愛のカタチ

台風接近中。こんなに蒸し暑くていいのだろうか。

 

いいのだな。ここはアジア。ふむ。

 

暑いけどスープを作って食べた。

 

暑いときこそ、暖かいものを。

 

ずっとそう心がけてきたんだけど、今年は体質改善の恩恵で汗がトマラナイ。

 

 

新鮮な夏。

 

 

小学生に戻ったみたいな感じ(笑)

 

 

コーヒーもデカフェアーモンドミルクラテにシナモントッピング。これで私の毛細血管はいつだって健康。

 

 

これは私の愛のカタチなの。

 

日々愛してるよ、って愛をそそぐのです。

 

これもね。

 

 

チョコレートLOVE♥

コンブチャ+

コンブチャ(紅茶キノコ)を家で作って飲むようになって2年くらい経ったと思う。

 

最初はいくら飲んでも「・・・それで?」的な感じだったんだけど、腸内環境もよくなったし、発酵食品は欠かせません!

 

作り方もただ継ぎ足し継ぎ足しで甘い濃い紅茶を作って入れるだけだからカンタンだし。

 

これから暖かくなるから発酵も早いし、嬉しいー♡

 

最近コンブチャにいろいろ入れて2次発酵させるのがマイブーム。

 

コンブチャ+甘酒!

さわやかになるし、ものすごい健康に良さそうな!

 

コンブチャ+レモン。

 

これもすっきりちょっとすっぱくてサイコー!!

 

ベリー系も美味しいんだって。試そっと。

膀胱のツボ

最近の私の足もみのテーマは「膀胱のツボ」なのです。

 

http://www.tsubomaster.com/膀胱_つぼ

排泄のツボなので、腎臓のツボと合わせて最初と最後に必ず刺激。

 

今まで膀胱炎とかになったこともないし、特に弱いとも思ったことがなかったのですが、最近特に気を付けてやり始めたらツボのあたりが腫れてきて痛いのなんのって。

 

それはつまり、老廃物が詰まってたってことなのだ。

 

Louise Hayのチャートによると、膀胱が意味するものは、

 

Anxiety. Holding on to old ideas. Fear of letting go. Being “pissed off”.

 

不安。古い考え方にとらわれている。手放すことへの怖れ。怒ってイライラしている。

 

そう、英語で「怒る・イライラする」って、「おしっこ」っていう意味のPissを使うんです。

 

深いぞ!

 

みんな年を取ると膀胱が弱くなるっていうのも、長年の不安や怒りが膀胱にたまるからなんだね。

 

どうやら私の膀胱はあともう少しな感じ。ぱぁ〜っと手放したい!と思いながら日夜膀胱のツボを押しまくっています。

 

そしたら夜必ず2回行っていたトイレが1回になったり、トイレに行く感覚とかも変わってきた。毎回しっかり排泄出来てる感じ。

 

結局のところ断捨離、排泄につきる。もっともっと、もっともっと手放したい。

スーパー黒酢セカンドラウンド

スーパー黒酢、セカンドラウンド。ちょっと良い黒酢を買ってみた。どうせならね。

 

つまりファーストのを飲みきったということね。

 

具はちゃんと取っておいて、唐辛子以外は食べたりしてます。漬け物のようで美味しい。

 

スーパー黒酢、コンブチャに混ぜて飲んだり、お湯で割ったり。

 

なんだか、慣れてきました。酢の味にも。

 

最初はちょっときつめだったけど、受け付けるようになったというか。

 

お腹周りがすっきりしてきたような!

枇杷の種

今朝からスペシャルドリンクにまた1つ入れることにしました!それは・・・

枇杷の種の粉末!!

 

アメリカのサイトを見ていて、アプリコットの種に含まれるアミグダリンという成分がガンを死滅させる!というのを発見。

 

でも日本にはあまりアプリコットの種ってない・・・と思っていたら、日本にはあったんです、枇杷が。枇杷の種にもアミグダリンが含まれてます。

 

あまり大量に摂りすぎるとよくないらしいので、朝スプーン1杯ずつ。

 

今までありとあらゆる健康食品を試してきて、今も試し中なのですが、今回枇杷を取り入れて気づくのは、なにかがとても変わってきた感じ。

 

前は「効いて!効いてよね!お願いね!」的なプレッシャー(つまりは怖れ)があった気がするんですが、

 

今は「効くよね〜。きっと効く効く、よろしくね〜♡」というノンキな安心感(つまりは愛)があるんです。

 

そしてそれに伴うミョーな自信もわいてくる。

 

あとはね、ビタミンDも導入予定なのです。愛があれば百人力だぜベイビー♡ いったいなにが効いちゃうの?ワクワク♡

腎臓ありがとう。

私は中学生の頃から目の下にばっちりクマがあって、それが自分の顔だと思ってきた。

 

でも一応コンシーラーで隠してみたり。

 

昨日ふと気づいたんだけど、シワは多少あるけどクマが消えてる!

 

目の下っていろんなカラダの状態が出やすい場所と言われていて、貧血とか腎臓・肝臓の状態とか。

 

足もみ生活も半年を越えて、検査の結果にはまだ反映されていなかったけれど、やっぱりいろんなところがぽこぽこ良くなってきてる。

 

特に感じるのは腎臓という大切な臓器の存在。足もみも腎臓のツボから始めて、腎臓のツボで終わる。

 

今まで特に感想もなく、感謝もなく、当たり前に思ってきたけど、ほんとうに大事。

 

なにもリクエストしなくても、カラダの中の老廃物を濾過してくれるなんて、すごいことです。そうやって私たちは今日も生かされている。宇宙の神秘。

 

 

思うけど、カラダってなんだかとてもゆるやかに変わっていく。

 

それは劇的に!とかきっかけ!とかそういうタイプの変化じゃないの。

 

寒い日が続いていて、だんだん暖かい日が混ざってきて、でもまだ寒い日もあって・・・って繰り返しているといつのまにか春になってコートがいらなくなっているような。

 

ココロもきっと同じだね。

 

あせらなくていい。いつだって今がPERFECT。

排泄力

「とにかく排泄が弱いですね」

最初に足もみサロンに行ったときに言われた言葉。

それまで自分の排泄力についてなんて考えたことすらなかった。

言われてみれば、むくみ体質。便秘。

入れるだけ入れてて、出してない。

カラダのどこかに溜めてる。

そりゃー滞るし、不調にもなるはずだ!!!

そして足をもんで食事を変えること5ヶ月。

見違えるほど排泄力アップしました!!!

トイレがものすごーく近いし、1日3回お通じ。汗かき。生理も増えた。爽快。

逆に、今までどうやって生きてたんだろう。思い出せない。

 

私は日々家族が呆れるほど足をもんでるんだけど、それでも日々溜まってるの!!1日2回もんでも追いついているか分からないくらいどんどん溜まってくの!

それを毎日実感してて思う。

見えないけど、思考はどれくらい溜まってるの?(こわっ!)

自分がどんなことも溜めなくなってはじめて気づいた。

いつだってものすごい溜まってます、溜めてます。つまりはココロの便秘。

重い、重いよ。

そりゃ不調も出るよ。毒素が体内をぐるぐる回っているのと同じだから。

どんな不調も「溜める」「滞る」ことによって起こる。

やっぱりいつだって大切なのは排泄力だー!!

 

入れる、出す。

Check in, Check out.

通過する。通り過ぎていく。なにも留まらない。

スッキリしよう。シンプルになろう。

良いものも悪いものもただただ流れていくだけ。起こっていくだけ。

「今ここ」にはなにも留まっていない。すべては瞬間しかないのだ。

旅に出ると分かる自分の健康

昨晩に無事帰国いたしました。

温度差実に30度です。

昨日の夜納豆食べて暖かいお風呂入ってねたら超熟睡できて、今朝びっくりするくらいさわやかなの〜。

寒いけど元気なの〜。

朝から片付けして洗濯して掃除までしちゃったもん。

以前の私だったら考えられなかった。疲れやすかったし、動けなかったし。

ほんと健康になった、私。今回旅をしてみてヒジョーに実感した。

今まで「そんなもんだ」と思っていたのは全部不調だったとは!

たとえば、

機内での乾燥がすさまじくて、顔も鼻もかぴかぴ。戻るのに2,3日かかってた。

今回フライトが短いっていうのもあるかもしれないけど、マスクもせずに乾燥なし!

バンコクは建物ではめちゃめちゃ冷房がきついのだけど、1日カーディガンなしでノースリーブで快適に過ごせた!

あとむずむず脚症候群が治ってた!

これは飛行機とかバスとか電車とかに乗ってるときに、脚がむずむずしてきて持って行き場がない!みたいになる不思議な症状。

ここ2,3年くらいときどきそんなふうになってた。

でも今回一切なし!この原因のひとつは貧血だと言われていて、つまり私、もう貧血じゃないってことだね!感動!

バンコクもマニラも暑い中、ものすごい距離を歩いたし、階段とかもガンガン使ったけど全然息が上がらずタフに動けた。

そして旅の間中、腸内環境絶好調!これはココナッツのおかげだと思う。ココナッツどこに行ってもあるのが素敵だったわ〜♡

旅に出るとほんとうによく分かる。自分の健康状態。

それが実感できたことがとっても力強い。感謝。

ヨガ+足もみ+白湯

朝リンパヨガへ。

ホットヨガを始めて3年が経過した。最初は全然汗がかけなかったけど、2年を過ぎる頃からだいぶ良くなってきて、コンディションもあるけれど、かなり汗をかくようになった。冷え性にもよかったみたい。やっぱり変化っていうのには時間が掛かるのね。

ヨガの前に足もみをきっちりやって、白湯も飲んでから行ってみたらものすごい大汗!

その前にアメリカの健康サイトfmtv.comに出ているGravity yogaもやった。万全。

ヨガに行って準備をしているときに、足の甲が変わってることに気づいた。すごい!もっともっと低くしなくちゃ。

足をもむときに見るDVDを借りにTSUTAYAへ。

シリアスなのを見ながらなんて痛すぎてできないので、とにかくコメディばっかり借りまくる。

今日も足もみ3セッション+白湯500ml3杯完了!

足もみのあとには必ず白湯を500ml飲んで老廃物を流すことが大切なんだそう。

500mlは確かに多いが、命が掛かってると飲めます。

手抜きをせずにとにかく必死にやりぬくしかない。

それにしても痛い!!!悲鳴をあげつつなんとかやり切るしかない。

排泄が弱い、ということ

私はもともとぷよぷよしていて、むくみやすい。

高校生から20代、30代とかなりぽっちゃり体型で、その体質に苦しんできた。

飛行機とか長い時間乗ると靴が入らなくなったりして。

40代に入って痩せてからはそういうこともなくなったけど、やっぱり夕方になるとふくらはぎに靴下の後がきっちりついたりする。

しかも便秘体質。親によると幼稚園の時にはすでに便秘だったらしい。長っ!

足もみの本に「排泄が弱くなっている」という表現があって、ものすごく合点がいった。排泄が弱いということは、つまり、毒素や老廃物が身体にたまりやすいということ。

ガンだってたまるよな。流せないってことだから。滞ってるってことだから。

検査で引っかかったあと、動揺しながら検索しているときに、こういうQuoteにたまたま出会った。Louise hayのアファメーションだ。

I take in and give out nourishment in perfect balance.

私は栄養を取り入れ、栄養と与える。パーフェクトなバランスで。

Take in と Give out、私はTake in (取り入れる)ばっかりで Give out(外に出す、与えること)はしてこなかったな、いてて、と思った。

思ったことを言うのも、表現することも。

排泄するってことは大切なこと。基本でもある。そのバランスがとっても大切なはず。

排泄する。できるようになりたい。

たとえ何が出てきても私は切りたくない。切り離したくなんてない。この手で作ったものはこの手で治したい。

今はただ、ひたすら毎日3回の足もみセッションに集中する。悲鳴をあげながら。だって痛いんだもの!!!

私は治る。