謎の胃痛の原因!

一週間前から謎の胃痛。ずっと胃が重いから食欲もなかった。

 

タオパッチを貼ったらその日は止まって良くなったけど、また次の日の夜フツーに食べたらまた重い。

 

どうしたものか・・と思いつつ、本屋に行ったら、この本が違う波長を出していた。パキーン!

 

 

なんかね、すぐわかった。でも、まさか、腕なの?!と思って、すぐその場で少しもんで、家帰ってきてもしっかりほぐしてたら・・・

 

痛みが本当にどっか行って消えた!

 

ははーん!

ケトルベルで腕をかつてないほど鍛えた→腕が固くなった→胃が痛くなった

に違いない!!マジ?!

 

 

ちょっと信じられないけど、10日間くらいずーっとあった胃の不快感がほんとうにどっか行って、胃がフツーに戻ってるし、丸一日経ってるけど快調!

 

実は私は中学生で十二指腸潰瘍と胃潰瘍になったので、胃が悪いときの症状はよく知ってる。でも今回はどちらでもなくて、空腹時に痛いわけでもないし、カフェインがダメな感じでもない。足もみの胃のツボを押しても効果ゼロ。

 

胃痛が、腕から、筋トレから来ていたなんて!!人間の身体ってすげーー!!!!

 

今日は珍しく頭痛になったけど、タオパッチ貼って足もみしたら本当に消えてびっくり。薬は飲んでない。

 

自分の身体の持つポテンシャルやエネルギーをまじまじと感じる。すげーな、身体って!!

 

ここへ来て今までまったく経験してなかった「痛み」がわらわらと起こっているのも偶然ではもちろんない。痛みがあると実感できるもんねー。

シンガポールランチ、謎の胃痛

昨日撮影後ランチに行った品川のシンガポールレストランよかったなー。

私は胃腸が弱っていたので薬膳コースにした。

 

前菜の春雨サラダ。

青菜もさっぱりしてて美味でした。

実は3,4日前から胃がおかしくなって、あまり食べないようにしていたの。

 

謎の胃痛。特にストレスとかもないけど、なにかをキャッチしているらしい。

 

最近食べ過ぎると負担だと感じるようになってきて、普段も朝はジュースと果物少し、昼はバナナ、夜は普通だけどサラダがメイン、っていう食生活。一日1.5食くらいかな。

 

食べないと、いろんな時間が必要なくなってヒマになることも発見。

 

確かに、いつでも食にものすごく時間と労力を使ってる。

 

今はなんだか軽くいたい感覚。

 

 

いただいた桃。今年の初物!甘くてヘヴン〜なお味。なんで桃ってこんなに幸せなの?

甘いものから自由になるということ

甘いものをほとんどまったく食べなくなってからもうすぐ2年だぜベイビー。

 

以前はこういうノボリを見てしまったら最後・・

 

 

「うーん、どうしよう」

 

「買おうかな」

 

「でもやめよう」

 

「でもやっぱり食べたい・・・買う?」

 

とかモヤモヤするする!!

 

それまでは日常の一環だったから、特にそれがストレスだともモヤモヤだとも感じていませんでした。

 

でもね、それを一切しなくなってはじめてわかった。

 

それは消耗だ!

 

間違いない!!

 

テレビの健康番組で、ロック歌手の人が、食事はサラダチキンとか食べてるんだけど、あとはプリンとかあんぱんとかものすごくいっぱい食べてて、

 

「甘いものがなければ楽しいことがないから」

 

と言い切っていた。わっかるわーーー!!(←以前の私)

 

そうそう「楽しいこと」がないともう、やってられないんだよね!!!

 

だから駅とかコンビニで見かけたスイーツとか(モヤモヤしつつ)買わずにはいられないの!

 

そこで思った。

 

「じゃ、今、いったい何が楽しくて生きているのだ?」

 

甘いものも食べずに?!酒も飲まずに?!

 

面白みのない人生?

 

でも別に甘いものや酒が人生をダイレクトに面白くしてくれるわけではない。

 

そもそも面白くしなくちゃいけないわけでもない。

 

ただ今ここで事実としてあるのは、超甘党で(ほぼ)アル中だった私はもうどこにもいないということ。

 

なんだか改めてこう書くと、私じゃないみたいだけど、とっくにそんな私なんてどこにもいない。

 

気づくといろんな私がいなくなっていて衝撃を受ける毎日。面白すぎる。

 

新しい自分とか、代わりとか、受け皿とかを用意するわけでもなく、そのままの空っぽを楽しめるって自由!

 

そんな毎日は、すごくフラットなようだけど、しーんとしてるわけじゃなくて、以前よりずっとダイナミックでカラフルで新鮮で新しい。

 

さて、どんな私がいなくなるのかしらん?きゃードキドキ。

 

今日は肉の日だったのね

コンサートの日のランチはいつも向かいのモスバーガーと決めている。

 

グルテンフリーのレタスバーガーを頼むのだけど、今日は29(肉)の日だったので、にくにくにくバーガーがあったのです!

 

 

これ、ほんとうに肉ばっかり!レタス以外は肉!

 

ボリュームばっちりで、食べ応えがありました。私はハラペーニョ入りスパイシー!

 

コンサートは楽しく終了。店内改装してちょっとスペースが広くなったので、響きがちょっと変わってて吹きやすかったです。

 

今日のプログラム。

 

モーツァルト ディベルティメントK137

 

夏メドレー 浜千鳥 庭の千草 ふじの山

 

ま、いっか

 

私のために扉は開く

 

サウンドオブミュージックメドレー

 

サウンドオブミュージックのときに、音楽の中に入り込みすぎたのか、一瞬聴く人になってて、自分のパートを吹き忘れるという前代未聞の事態に!(笑)

 

自分でアレンジして楽譜も書いたのに!

 

これには、自分でもびっくりしました。

 

最近自分にびっくりすること多し。

 

私はまだまだおもしろい。

 

無理をしているということは、無理をしていることに気づかないこと

あなたが大切にしている価値観はなんですか?という質問。

 

ベスト3をあげてみてください。

 

例としては、

 

経済的豊かさ、正しさ、一体感、成果、協調、真実、創造性、勇気、チャレンジ、安定、好奇心、オリジナリティ、貢献・・などなど。なんでもいいです。

 

価値観って何が大切か、ってことなので、なにかを決めるときとか、これが優先順位になっているはず。

 

私も直感でぱっと挙げてみたら・・

 

1.無理がないこと

 

2.満足すること

 

3.自由

 

デシタ。

 

1位が、「無理がないこと」っていうのが自分でもビックリよ。

 

もっとぎらぎらした野望を持っているかと(笑)

 

でもね、ゆっくり考えてもやっぱり「無理がない」のが一番。

 

無理をしていなくて自然で、ありのままであることが一番大切!

 

自分が無理をし続けていた時はまったく気がつかなかったことなんだけど、無理をしている人って、

 

息苦しい。

 

呼吸が浅い。声が出てない。実際苦しいはずなんだよね。

 

そして本人はまったくそれに気づいていない。そもそも、

 

無理って気づいてないから無理なんだよ。

マジで溺れそうなときって、溺れてる?!って気づかないってこと。怖。

 

自然とかありのままであるってことは、なにもしない、ってことじゃない。

 

自分にとってなにが無理で、何が大丈夫なのか知ること。

 

人は関係ない。自分だけ、自分のわがままでいい。自分の基準。

 

わかったら無理をとっととやめて、自分を解放してあげること。

 

全ては勝手にうまく行く。流れていく。ひとりでに。それが自然の姿。

感受性を磨くためには

村上春樹さんが、読者から送られてくるメールに受け答えをする「村上さんのところ」Kindleで毎日ちょっとずつ読んでいる。たくさん入ってるからずーっと楽しめる。

 

 

なんだか癒されるんだよねー。ユーモアも素敵。

 

一昨日こんなやりとりを見つけた。

———————-

こんにちは、私は演劇に関わっていきたい女子大生です。村上さんの作品は語感や言葉選びが素晴らしいものばかりだと思います。そこで今まで表現するための感受性をどのように磨かれましたか?

(女性 18歳、大学生)

そして村上さんの答え。

感受性を身につけるためには、努力が必要です。何かが欲しいと思ったら、こちらも何かを差し出さなくてはなりません。大事なものがほしければ、大事なものを差し出す必要があります。ただほしいと思って身につくものではありません。僕はそれを「身銭を切る」と表現しています。もっと簡単に言えば、「痛い思いをして体で覚えていくしかない」ということです。ある程度痛い思いをしないと身につかないことってあるんです。

どんな痛い思いか?それは人によってそれぞれ違います。ひとつだけ言えるのは、気持ちよく生きて、美しいものだけを見ていても、感受性は身につかないということです。世界は痛みで満ちていますし、矛盾で満ちています。にもかかわらずきみはそこに、何か美しいもの、正しいものを見出したいと思う。そのためには、きみは痛みに満ちた現実の世界をくぐり抜けなくてはなりません。その痛みを我が身にひりひりと引き受けなくてはなりません。そこから感受性が生まれます。

少なくとも僕はそのように考えています。No pain, no gain.ということです。僕がきみくらいの歳のとき、何かを書こうと思っても、何も出てきませんでした。でも29歳になったときに、何かを書きたいと強く思いました。たぶんいろんな苦痛が、僕を成長させてくれたのだと思います。

村上春樹拝


私も痛みを我が身にひりひりと引き受けてきたよ!という自負がある。

 

でもそれを私は結局のところ求めていたんだと思う。

 

誰かのことを深く理解できるのも、曲が書けるのも、感受性のおかげ。

 

だから「若い頃の自分に戻る?ジョーダンじゃないっすよ!」といつも思ってる。

 

昨日だっていやだ、今日がいい。今の私サイコー♡

自分じゃない方を選ぶ

今日は暑い!

 

私は天気予報を見ないけど、日々の気温の変化はココナッツオイルで感じています!この10日間くらい液体になったり石鹸みたいになったり大変!

 

今朝ケトルベルをやったら大汗ですごい!

 

去年もかなり汗をかくようになってたけど、今年はさらにすごいかも!足もみ1年半はダテじゃないね!

 

2年前まで夏でもハンカチいらないくらいで、いつも長袖だったし、汗かいて着替えたりしたこともなかったし、熱いものとかも平気で食べてました。

 

今年は・・無理かも(笑)

 

アイスラテとか飲んじゃいました!自分じゃないみたいでなんか嬉しい。

 

最近自分じゃないことをやるのがとっても好き。いちいち「違う」方を選ぶの。自分なんてどこにもいない、ってよく分かるよー。

Giving、ってカンタンにできるようでいて、そうではない

今年の母の日は、いろんな人にいろんなプレゼントを贈った。

 

こんなにたくさんのプレゼントを贈ったのは人生初だと思う。

 

なんでか、そんな気分だった。

 

実の母には欲しがっていたリュックを買ってあげたので、2人の女性に花束を贈った。今はクリックひとつで送れちゃうから、ほんとうに便利だね。

 

ゆりの花にしたの。

 

そして数日経った今日久しぶりに思い出した、震災の後、ウィークエンドマーケットでパースでひたすらチャリティ演奏をする私に、「これはあなたに」ってゆりの花束をくれた女性がいたの。

 

 

「あなたはとっても素晴らしいことをしています。だからこれはあなたに」と言ってゆりをくれたのでした。

 

それからいつもゆりを見かけるたびに、神様が、天使が見ていてくれるような気持ちになっていた。いただいたこともあったし、自分で買うこともよくあった。

 

でも誰かにあげたことはなかったんだよね。

 

なにかが満ちたんだと思う。

 

やっとこんなふうにゆりをあげられる私になった。

 

Giving、ってカンタンにできるようでいて、そうではない、ってことを知る。

 

満ちていないと、シェアできない仕組み。

バカは、真実を知っていながら、真実を見ていながら、嘘を信じる。

昨日ネットで見つけてがつーん!とやられたコトバ。

バカは、真実を知っていながら、真実を見ていながら、嘘を信じる。

 

 

知っているのに、見ているのに、嘘を信じてしまう時ってあります。

 

私も、あなたも。

 

嘘はもう要らない、ひとつも要らない、と思った。

 

バカでいるのも、バカのふりをするのも、もうやめだー。

それでも人生にイエスと言う

昨日の夜中目が覚めて、

 

「それでも人生にイエスと言う」

 

っていうフレーズと解説がわんわんアタマの中で響いてた。

 

調べたらそういうタイトルの本が出てた。読んだことないけど。読もうかな。

 

 

調子の良いとき、結果が出ているとき、報われたときイエスと言うのは簡単だけど、

 

調子の悪いとき、結果が出ないとき、報われないときイエスとはなかなか言えなかったりする。

 

でもそんなときこそ、イエスと言うことがダイゴミだ!

 

っていう内容だった。

 

確かに!

 

結果が出ないときに「やっぱり神様はいる」とか「私は強運だ」って言うと、距離を感じる。

 

でも実はその距離自体を感じて、味わうことは苦いしカライけど、味わい深い。

 

今朝目覚めたら、昨日たしかにあった挫折はもうどこかにこぼれてなくなってた。

 

そろそろ成田に行く時間。この旅は「Surrender(無条件降伏)」の旅だね。

 

アタマ空っぽにして(いつもだけど・笑)楽しんで来ます。