誰かに受け入れられる必要などない

最近ネットで見つけて「おお!」と思ってプリントアウトして貼ってある言葉。

 

美しくなる、ということは、あなた自身になることです。

 

誰かに受け入れられる必要などありません。

 

あなたは自分自身のことを受け入れる必要があるのです。

 

ティック ナット ハン

 

誰かに受け入れられる必要などない、とほんとうに気づくと、

 

「うわ、いっつも誰かに受け入れられるようにがんばってたよ?!」とびっくりするはず。

 

でもそのベクトルを「自分自身」に変える。

 

すると、実は自分を拒んでいるのは自分だったということに気づく。

 

他人はただそれを映している鏡だったりする。

 

自分を受け入れると、他人もまた私を受け入れる。

 

シンプルで、すかすかで、そこにはナニモない。

 

火の車 造る大工は無けれども

火の車 造る大工は無けれども

 

おのが造りて おのが乗りゆく

 

I LOVE ZEN♥

 

枠がまったくなくて、「なにもない」自由なところがサイコーです。

 

それにユーモアのセンスがバツグン。

 

火の車だけじゃなく、どんな車(感情)に乗るなよ−。

 

造っちゃったらリリースだぞー。

 

 

 

1日1クリックよろしくね。