リアルな現状

FLUTE OBOEで、動画プロジェクトをずーっとやってるの。

 

試行錯誤、試行錯誤、試行錯誤。

 

オリジナルだし、自分たちでやっているので、手探りしかしてない。一歩進んで二歩下がる感覚。

 

演奏だけじゃなく、プレゼンテーションが大切。魅力をふりまく筋肉。深刻に仏頂面で吹いてても面白くも何ともない。

 

そして試行錯誤して、画質も良くなればなるほど、自分たちの「リアルな現状」が浮き彫りに(笑)

 

着物のシワ、着付け、顔のしわ、シミ、肌の荒れ・・・前回の動画で突然「このままではいかーん!」と二人で気づき、

 

私は伊勢丹のMACへ走って行き、ストロボクリームをゲット。

 

 

これはほんのりピンクなので、下地に使うと血色が良く見える。

 

チークも使うけど、やっぱり自然な感じが好き。

 

昔美輪明宏さんが、

 

「泥だらけの大根をばーんと出して、私を食べて!って言ったってだめ。ちゃんと洗って、ちゃんと刻んで調理して、食べられるようにしてお出ししないと」

 

って言ってて、「ほんとだよ、ほんとだよ」と思った。

 

年を取れば取るほど、そのまま出せなくなる(笑)

 

ケアが必要になってくる。

 

それをわずらわしいと感じるか、楽しいと感じるかはその人次第。

 

私なんて若い頃よりずーっとおしゃれが楽しくなってる。

 

髪の毛を明るくするのも大好き♡

 

デパートの化粧品売り場もマメに顔を出すことにしよう。なにかが刺激されて良い感じ。きっと免疫もあがってる。

 

さて、動画はいつアップできるでしょうか。

質問:自分の演奏に満足したらおしまいなのか?

私が音大にいた四年間で学んだことはたくさんあって、その中で今でもものすごく自分に影響していること、それは、

 

「自分の演奏に満足したらおしまいだ」

 

という空気。

 

日々鍛錬。精進。練習。どんなときも向上心でもっともっと上を上を目指し続けること。演奏したら「悪いところを」即反省。

 

それを私、ずーっとマジメに自分に言い聞かせてきたみたい!

 

でも、もーやーめた!っていうか、もうできない!!

 

だって、私のフルート、すごく良いから。

 

この前録音した自分のフォーレのシシリエンヌ聴いて「おおこれが、私がずっと聴きたいと思っていたフルートだ」と思っちゃったんだもん。

 

思っちゃったものは仕方ないっす。

 

中学生から吹いているこの大好きな曲をほんとうに自分好みに吹いてくれるフルーティストにようやく出会えたってわけ。

 

音だってすごく好みだし、フレーズもいいし、なんてったってすべてが自分の趣味なんだよねー(←ま、当たり前か・笑)

 

もー、精進も鍛錬もいらない。

 

したいときにするだけ。

 

私は、自分の演奏が最高だと思っている演奏家で、自分の演奏と、自分の音楽をとことん愛していて、それが人にバレても全然恥ずかしくないし、なんだったら「うふふ、実はね」と触れ回りたいくらい自分を愛しちゃってる。

 

そうなって気づくのは、人のことなんてまーるで気にならないってこと。

 

人の存在なんて(自分も含め)全部消えちゃうってこと。

 

そう、そこには誰もいないのだ。

 

さてクエスチョン。

 

自分の演奏に満足したらおしまいなのか?

 

いえいえ、それが始まりなのであーる。

 

さぁ始まるよ。

 

 

 

1日1クリックよろしくね。

動画 私のために扉は開く

9月24日のコンサートで、一番最初と一番最後に2回演奏したのがこの曲です。

 

「私のために扉は開く」

 

 

作曲した2011年から6年間、ずっと「トビラ」と呼んでいた曲を、今改めて「私のために扉は開く」と変えた(変えられた)私の心意気をちょっと感じてみてね。

 

作ってる気になってるけど、タイトルも含めて、やっぱりすべては「やって来る」のであーる。

 

 

1日1クリックよろしくね。

動画 孤独な鳥はくちばしを空に向ける

運命的に好きな詩です。

 

カルロス・カスタネダが本に紹介したことで特に有名になったこの詩。

 

私は吉本ばななさんのエッセイで初めて知りました。

 

この曲を作って17年め。

 

ずっと「ウィンターバード」というタイトルで演奏してきたのですが、

 

やっと「私」や「言葉」が音楽に追いついてきた感じです。

 

今年の2月にこのブログを書いたときは、(孤独な鳥の条件)まだ追いつく瞬間が来てなかったのねー。

 

2月から今日までの間にビッグモーメントが訪れたのねー。例によって覚えてないけど(笑)

 

 

孤独な鳥の条件は五つ (桃サクラ訳)

一つ  孤独な鳥はもっとも高いところを飛ぶ

二つ  孤独な鳥は仲間を求めない 同類にさえわずらわされない

三つ  孤独な鳥はくちばしを空に向ける

四つ  孤独な鳥ははっきりとした色を持たない

五つ  孤独な鳥はとても優しく歌う

 

 

 

1日1クリックよろしくね。